究めるエキス漢方大全~「Z to A」 実践から基礎へ

  • ISBN : 9784307102063
  • ページ数 : 884頁
  • 書籍発行日 : 2021年12月
  • 電子版発売日 : 2021年12月15日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥9,900 (税込)
ポイント : 180 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

漢方診療を究める『標準東洋医学』の著者渾身の処方解説。

『標準東洋医学』で展開される独自の臓腑概念や生理観による処方解釈に基づく処方解説書。医療用製剤、匙倶楽部製品を主とする一般用も含めた漢方エキス製剤全処方を取りあげています。構成の特徴や作用が共通する類似処方をまとめて各章を構成し、そこに共通する東洋医学の概念や生理機能の理解を基に、実践と基礎が融合した漢方診療の習得を目指します。
実践から基礎へと遡る流れを「Z to A」として、綿密な症例分析から始め、生理機能と構成方意の理解に基づいた、従来とは異なる切り口から漢方診療を究めるための1冊です。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

はじめに


今、これをお読みの方は、経験の有無にかかわらず、「漢方薬を本格的に使いたい」というお気持ちから本書を手にされたに違いありません。漢方治療の最大の魅力は「個の医療」です。成分や分量を調整する「匙加減」で、個人の特徴や病態に合わせた独自の治療が提供できます。ただ、そのためには原則、生薬を調剤する煎じ薬が必要となります。

一方で、現在、漢方治療と言えば、ほとんどが漢方エキス製剤を用いた治療です。薬としての成分品質の安定や均一さ、何よりも服用の簡便さから当然のことでしょうが、製剤化することで構成や分量が固定化されて匙加減ができず、さらに健康保険や薬事法で適用する効能効果が規定され、あたかも病名で薬が決まる現代薬の一つのように扱われています。

しかし、それを嘆くより、その処方の本来の意味を理解して、背景にある東洋医学の生理観、病理観、治療概念をそこに投入することで、製薬された制約あるエキス剤でも本格的な漢方治療ができる「エキス漢方」の世界に、本書で皆様をお誘いしようともくろんでいます。

さあ、Z to Aのアルファベット26文字をもじった症例と共に、実践から基礎への道をたどってエキス漢方を究める旅に出かけましょう。


仙頭 正四郎

■ 目次

序章

第1章 処方理解のための思考術

第2章 症例Z 営衛調和で巡らせる

第3章 症例Y 巡りの強制

第4章 症例X 茯苓・桂皮で動かす考え

第5章 症例W 腎の意義

第6章 症例V 肝気の鼓舞

コラム「托瘡」の考察

第7章 症例U 血の生成と機能

第8章 症例T 血を巡らせる

第9章 症例S 肺の滋陰

第10章 症例R 柔肝と滋陰

第11章 症例Q 中焦理気薬の発展

第12章 症例P 柴胡の特性

第13章 症例O 気機の調整

第14章 症例N 心の意義

第15章 症例M 清熱三兄弟

第16章 症例L 鬱熱胃熱に対して

第17章 症例K 表層の衛気と感冒

第18章 症例J 全体の利水

第19章 症例I 中焦中心の利水

第20章 症例H 温清飲加減方一貫堂処方を中心に

第21章 症例G 湿熱への対処

第22章 症例F どこを温陽するか

第23章 症例E 大黄の意義

コラム 「涼」か「凉」か?

第24章 症例D 便通の改善

第25章 症例C 狭義の健脾を理解する

第26章 症例B 理気の意義

第27章 症例A 止痛

終章 漢方薬と「なぜ?の道」

さいごに

索引(語句索引・処方索引)

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:39.6MB以上(インストール時:98.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:158.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:39.6MB以上(インストール時:98.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:158.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。
※ 当サイトにて抽出したものです

まだ投稿されていません