• M2PLUS
  • ステロイド治療戦略<新装改訂版>

ステロイド治療戦略<新装改訂版>

  • ISBN : 9784784957231
  • ページ数 : 356頁
  • 書籍発行日 : 2023年1月
  • 電子版発売日 : 2023年1月25日
  • 判 : A5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥5,280 (税込)
ポイント : 96 pt (2%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

好評巻『jmedmook63 ステロイド治療戦略』が書籍化!

◆「最小限の副作用で,最大限の効果を得る」というコンセプトはそのまま,最新のエビデンスや知見を反映し,内容をアップデート。新たに6つの疾患を項目に加え,より充実した1冊となりました。
「エビデンス」の有無を意識しつつ,「医療者の臨床的経験」をもとに各領域のエキスパートがステロイドの使用法について解説しています。
ステロイドの使い方(開始基準や初期用量など)だけでなく,やめ方(減量の指標や減量速度、中止はできるか?)という「出口戦略」に重きを置いている点も特徴です。
ステロイド診療に携わるすべての医療者に必携の1冊。本書の内容をヒントに,目の前の患者さんごとの考察を加えつつ,ベストな治療方針を探っていきましょう。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文


ステロイド治療の課題。それは,如何にステロイドによる臓器障害を回避しながら疾患のコントロールを行うか,これに尽きる。この課題に向き合うべく,本書では「エビデンス」の有無を意識しながら「医療者の臨床的経験」をもとに各専門家にステロイドの使用法について解説して頂いた。

本書は一見すると,各領域におけるステロイドの使い方を集めただけのまとまりのない書籍に思われるかもしれない。しかし,その感想を有する限りステロイド治療の真髄は掴めない。編者が読者に望むのは,総論(1章)とクリニカルクエスチョン(3章)を基礎に,各論(2章)を統合してゲシュタルトを形成することである。臓器という境界線を飛び越え,感染症内科や腫瘍内科という病態で括られた診療科のように,免疫疾患の病態や治療法に精通した「免疫内科」という診療科の一員であると自らを想定することで,ステロイド治療の本質が徐々にわかってくる。

本書は「ステロイド単剤が治療の基本」「ステロイドは止められない」という従来型治療に対するアンチテーゼになることを意識してまとめられている。残念ながら疾患によってはアンチテーゼに至っていないものもある。これはエビデンスの不足やオピニオン・リーダーを中心に形成されるコンセンサスに帰する部分が大きいが,脱ステロイドという大きな潮流の途上にあるだけで最終地点ではない。ステロイド治療では,ほとんどの疾患において質の高いエビデンスは存在しない。しかし,エビデンスは真実に迫るためのアプローチの1つにすぎず,「エビデンスがない=真実ではない」ということではない。EBMとは,「エビデンス」だけではなく「患者の病状と周囲を取り巻く環境」「患者の価値観」「医療者の臨床的経験」を含めて総合的に判断する医療のことである。読者におかれては,各々で本書の内容を咀嚼して,病態生理,薬理作用,疾患背景を統合し,目の前の患者ごとに考察を加え,ステロイド治療を個別化されることを望む。決して従来型の治療法や本書の内容に固執せず,患者ごとにベストな治療方針を探って頂きたい。これこそまさにEBMの実践である。

最後に,隔月刊誌jmedmook 63からの書籍化を提案して下さった日本医事新報社,改訂や執筆を快諾して下さった先生方に深謝申し上げる。


疾患とともに生きる人々の幸福を祈って
2022年12月

東京ベイ・浦安市川医療センター膠原病内科医長 岩波慶一

■ 目次

1章 ステロイド治療の基礎知識

1 免疫学・薬理学から考える免疫疾患の治療戦略

2 ステロイドの副作用と対策

コラム ステロイドの定説を暴く

2章 疾患別のステロイドの使い方

A 膠原病

1 関節リウマチ

2 全身性エリテマトーデス(SLE)

3 炎症性筋疾患

4 強皮症

5 リウマチ性多発筋痛症

6 成人発症Still病

7 巨細胞性動脈炎/高安動脈炎

8 顕微鏡的多発血管炎/多発血管炎性肉芽腫症

9 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

10 IgA血管炎

11 ベーチェット病

12 IgG4関連疾患

B 消化器

13 炎症性腸疾患

14 自己免疫性肝炎

C 呼吸器

15 特発性間質性肺炎

D 腎臓

16 ネフローゼ症候群

17 IgA腎症

18 急性間質性腎炎

E 神経

19 視神経脊髄炎

F 血液

20 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

21 自己免疫性溶血性貧血(AIHA)

G 集中治療

22 ショック

H 耳鼻咽喉科

23 好酸球性副鼻腔炎

I 皮膚科

24 アトピー性皮膚炎

J 眼科

25 アレルギー性結膜炎

3章 クリニカルクエスチョン

1 ステロイド誘発性副腎不全はどのような人に出現するの?

2 ステロイドカバーの方法は?

3 妊婦・授乳婦への投与法は?

4 ステロイド・免疫抑制薬に薬剤相互作用はあるの?

5 ワクチン接種はできるの?

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:8.9MB以上(インストール時:24.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:8.9MB以上(インストール時:24.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません