周産期リハビリテーション

  • ページ数 : 292頁
  • 書籍発行日 : 2023年8月
  • 電子版発売日 : 2023年10月3日
¥4,950(税込)
ポイント : 90 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

妊娠中には姿勢や重心の変化、体重変化、マイナートラブルの出現が複合的に生じ、「明確な産科合併症は起きていないけど不調が続く」という女性が多いです。これらへの対処法として、運動・トレーニング、姿勢や重心の理解と日常生活の工夫、マイナートラブルへの施術などは、薬を使いにくいこの時期に大きな味方となってくれます。周産期領域における理学療法やリハビリテーションは、妊婦自身や赤ちゃんの健康を向上するために大きな役割を担っており、豊富なエビデンスが蓄積されているため必要不可欠です。
本書では、「妊産婦の心身の変化」「妊娠期~産褥期ごとの産科合併症や注意点」「適切な理学療法的評価」「適切な理学・運動療法介入の手法」を、産科医、理学療法士両者の目線で有機的に組み合わせ、エビデンスに沿って解説します。適切な評価・介入手段を知り、理学療法士などリハビリテーション提供者が産婦人科医、助産師と密な連携をとっていくことで、さまざまな面で妊娠を希望する女性や妊産婦に貢献できるようになります。
産婦人科医、理学療法士をはじめ、周産期分野にかかわる、または関心を持っているすべての医療従事者に役立つ1冊です。

序文

序文


妊娠前~妊娠中,そして産後の時期は,女性にとって非常に特殊な状況となります.健康的な妊娠・出産を目指すための「プレコンセプションケア」はとても重要ですがまだ十分に認知されているとは言い難く,ベースとなる身体作りとしてできることはたくさんあります.また,妊娠中には姿勢や重心の変化,体重変化,マイナートラブルの出現が複合的に生じ,「明確な産科合併症は起きていないけど不調が続く」という女性が多いです.これらへの対処法として,運動・トレーニング,姿勢や重心の理解と日常生活の工夫,マイナートラブルへの施術などは,薬を使いにくいこの時期に大きな味方となってくれます.また,わが国では安静を保つ妊婦が多い傾向にあり,切迫早産管理中の場合も含め,適切なケアが求められていると考えます.適切な運動やトレーニングには,難産を回避し帝王切開率を低減させる効果があることもデータで示されています.産後には,育児や授乳によって身体のあちこちに痛みや負担が生じますし,精神的なトラブル(特に産後うつ)をいかに予防・早期発見するかは非常に重要です.

上記のとおり,周産期領域における理学療法やリハビリテーションは,妊婦自身や赤ちゃんの健康を向上するために大きな役割を担っており,豊富なエビデンスが蓄積されているため必要不可欠なものと言ってもよいでしょう.適切な評価・介入手段を選択し,理学療法士などリハビリテーション提供者が産婦人科医,助産師と密な連携をとっていくことで,さまざまな面で妊娠を希望する女性や妊産婦に貢献できます.

しかしながら,わが国の診療体制を眺めてみると,こうした周産期の理学療法・リハビリテーションを十分に提供できているとは言えません.むしろ「ほとんどできていない」というのが現状でしょう.豊富なエビデンスがあり,海外諸国で積極的に活用されており,安全性や実施することのメリットが極めて大きいとわかっているものを提供しないことは,妊婦や赤ちゃんの不利益に繋がります.

周産期の理学療法・リハビリテーションを普及させていくためには,

・関連職種における横断的な知識・エビデンス・ノウハウの共有

・多職種によるチーム作り・連携体制構築

が土台として重要かつ必要不可欠であると私は考えています.

そこで,本分野の知見を豊富に持つ産婦人科医と理学療法士が共同で本書を作成しました.産婦人科医,理学療法士をはじめ,周産期分野にかかわる,または関心を持っているすべての医療従事者に役立つ内容となっているはずです.参考文献・資料も数多く掲載しています.

本書が,周産期の理学療法・リハビリテーションの適切な普及と,社会全体における妊産婦の健康向上への一助になれば幸甚に存じます.


2023年7月

産婦人科専門医 重見大介

目次

周産期リハビリテーションの基礎

1.周産期リハビリテーションの概論

1.1 周産期医療の現状とリハビリテーションの必要性

1.2 周産期リハビリテーションの概要

1.3 周産期理学療法のチームビルディングと実践

2.妊娠前

2.1 正常妊娠

2.2 妊娠前の疾患・病態に対する医学的介入

2.3 妊娠前の女性に対する理学療法の有効性と注意点

2.4 妊娠前の女性に対する理学療法のエビデンス(妊娠率などの変化)

2.5 妊娠前の理学療法介入

2.6 ケーススタディ

周産期リハビリテーションの実際

3.妊娠初期

3.1 妊娠初期の身体の変化

3.2 初期の疾患に対する医学的介入

3.3 妊娠初期の女性に対する理学療法の有効性と注意点

3.4 妊娠初期の理学療法評価

3.5 妊娠初期の理学療法介入

3.6 ケーススタディ

4.妊娠中期

4.1 妊娠中期の身体の変化

4.2 妊娠中期の疾患に対する医学的介入

4.3 妊娠中期の女性に対する理学療法の有効性と注意点

4.4 妊娠中期の理学療法評価

4.5 妊娠中期の理学療法

4.6 ケーススタディ

5.妊娠後期

5.1 妊娠後期の身体の変化

5.2 妊娠後期の疾患に対する医学的介入

5.3 妊娠後期の女性に対する理学療法の有効性と注意点

5.4 妊娠後期の理学療法評価

5.5 妊娠後期の理学療法介入

5.6 ケーススタディ

6.分娩時

6.1 分娩の進行とリスク管理

6.2 分娩時の疾患に対する医学的介入

6.3 分娩時における理学療法の有効性と注意点

6.4 分娩時の理学療法評価

6.5 分娩時の理学療法介入

6.6 分娩時の疾患に対する医学的介入

7.産後

7.1 産後の身体の変化

7.2 産後の疾患に対する医学的介入

7.3 産後の女性に対する理学療法の有効性と注意点

7.4 産後の理学療法評価

7.5 産後理学療法介入

7.6 ケーススタディ

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:21.4MB以上(インストール時:49.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:85.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:21.4MB以上(インストール時:49.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:85.6MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784908083891
  • ページ数:292頁
  • 書籍発行日:2023年8月
  • 電子版発売日:2023年10月3日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。