• M2PLUS
  • リハビリテーション医学 ミニマムペディア

リハビリテーション医学 ミニマムペディア

  • ISBN : 9784880028903
  • ページ数 : 184頁
  • 書籍発行日 : 2023年3月
  • 電子版発売日 : 2023年1月18日
  • 判 : B6変型
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 162 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

全診療科必携!基本の知識を最短でマスター!

リハビリテーション医療の基礎知識から診療科ごとの疾患・評価・訓練までコンパクトに網羅
時間がなくても必要なときに知りたい項目をすぐ引ける
持ち運びやすいポケットサイズで効率よく勉強をしたい医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師の方向け

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 序文

序文


リハビリテーション(以下、リハ)医療・医学は着実に進歩・発展を遂げており、現在ではリハ医療・医学がカバーする分野もしくは関連する領域は、非常に幅広くなっている。しかしながら一般的には、6年間の医学部教育および2年間の初期研修医教育においては、リハ医療・医学を学ぶ時間はかなり限られている。また、“リハ医療・医学を自らの専門とすることを決心した方々”であっても、B4版の大型テキストをいきなり読破することは難しい。そのようなわけで本書は、“限られた時間の中で、リハ医療・医学の要点を要領よく学ぶための必携書” として企画された。

私は本書の主な対象を、①医学部の3 ~ 6年生時にリハ科の講義もしくは臨床実習に挑む医学生、②2年間の初期研修中にリハ科の概略を理解したい初期研修医、③リハ医療・医学をあらためて基本から学び直したいリハ科の後期研修医、④リハ科を専門とはしないがリハ医療・医学の最重要事項を把握しておきたい他診療科の医師の方々と想定している。さらに本書は、⑤キャリアの浅いリハ科療法士(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)、⑥リハ医療に関わる看護師の方々のお役にも立てるはずである。

本書は、“誰もが知っておくべき(最小限必要な)要点を、もれなくすべて網羅した書” との意で、“ミニマムペディア” と題された。リハ医療は、臨床の場に身を置く医療者であれば、誰もが理解しておくべき“必須の医療分野” である。ひとりでも多くの方々が本書を手にすることで、本邦におけるリハ医療のquantity & qualityが高まる(より多くの患者様に、より質の高いリハ医療が提供される)ことを私は切望する。


2023年2月

角田 亘

■ 目次

1. リハビリテーション医療・医学の基礎知識

1 リハビリテーション医療・医学のコンセプト

2 理学療法

3 作業療法

4 言語聴覚療法

5 多職種連携によるチーム医療

6 国際生活機能分類

7 障害者支援のコンセプト

8 筋力と麻痺の評価

9 関節可動域の評価

10 歩行機能の評価

11 日常生活動作・手段的日常生活動作の評価

12 物理療法

13 廃用症候群(不動による合併症)

14 リハビリテーション医療の報酬制度

15 リハビリテーション処方

16 リハビリテーション訓練のリスク管理

17 介護保険制度

18 障害者手帳

19 就労支援

2. 内科疾患(脳神経内科以外)に対するリハビリテーション医療

20 急性心筋梗塞

21 慢性心不全

22 閉塞性動脈硬化症

23 誤嚥性肺炎

24 慢性閉塞性肺疾患

25 新型コロナウイルス感染症

26 慢性腎臓病

27 糖尿病

28 肥満症・メタボリックシンドローム

29 脂肪性肝疾患

30 関節リウマチ

31 多発性筋炎・皮膚筋炎・横紋筋融解症

32 血液腫瘍

3. 外科疾患(脳神経・整形・形成外科以外)に対するリハビリテーション医療

33 狭心症(手術患者)

34 消化器がん・肺がん(手術患者)

35 頭頚部がん

36 乳がん(手術患者)

37 じょく瘡

38 ICU管理(人工呼吸器管理)

4. 脳神経内科・外科疾患に対するリハビリテーション医療

39 脳卒中(急性期)

40 脳卒中(回復期)歩行訓練

41 脳卒中(回復期)日常生活動作訓練

42 脳卒中(回復期)言語訓練

43 脳卒中(生活期)

44 脳卒中後痙縮

45 高次脳機能障害(評価)

46 高次脳機能障害(訓練)

47 社会的行動障害

48 脳損傷後の自動車運転再開

49 認知症

50 Parkinson病

51 脊髄小脳変性症

52 多発性硬化症

53 Guillain-Barré症候群

54 筋萎縮性側索硬化症

55 末梢性顔面神経麻痺

56 精神疾患

5. 整形外科・形成外科疾患に対するリハビリテーション医療

57 大腿骨頚部骨折

58 変形性股関節症(非手術患者)

59 変形性股関節症(手術患者)

60 変形性膝関節症(非手術患者)

61 変形性膝関節症(手術患者)

62 膝前十字靭帯損傷

63 アキレス腱断裂

64 腰部脊柱管狭窄症

65 橈骨遠位端骨折

66 下肢切断

67 脊椎圧迫骨折

68 腰痛症

69 肩関節周囲炎

70 脊髄損傷(機能訓練・日常生活動作訓練)

71 脊髄損傷(合併症の対応)

6. 小児科疾患に対するリハビリテーション医療

72 脳性麻痺

73 発達障害

74 Duchenne型筋ジストロフィー

7. 全診療科の共通事項

75 入院関連機能障害

76 栄養管理

77 サルコペニア

78 フレイル

79 嚥下障害(評価)

80 嚥下障害(訓練)

81 転倒予防

82 よく使用される杖・歩行器・下肢装具

83 Barthel指数

84 機能的自立度評価法

85 主な介護保険サービス

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:4.5MB以上(インストール時:11.9MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:4.5MB以上(インストール時:11.9MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません