• M2PLUS
  • 臨床放射線 2023年1月号 68巻1号 特集 胸部の最新画像情報2023 【電子版】

臨床放射線 2023年1月号 68巻1号 特集 胸部の最新画像情報2023 【電子版】

  • ISBN : 9784003206801
  • ページ数 : 124頁
  • 書籍発行日 : 2023年1月
  • 電子版発売日 : 2023年1月19日
  • 判 : B5判
  • 種別 : eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数 : 3
販売価格 (ダウンロード販売)
¥2,970 (税込)
ポイント : 162 pt (6%)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

商品情報

毎年恒例,胸部領域の最新論文を集めた特集号です!教育的なものから貴重な症例を報告するものまで,全16論文を掲載しています。胸部画像診断に興味のある方はぜひご一読ください!

≫ 「臨床放射線」最新号・バックナンバーはこちら
臨床放射線(2023年度定期購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

■ 目次

特集:胸部の最新画像情報2023

総説

肺がん検診に関わる最近の動き―肺がん検診における胸部 X線読影医要件の設定,肺がん検診ガイドラインの改訂/佐川元保

DRの応用と超低線量 CTによる肺がんスクリーニング検査の可能性/坂井修二ほか

診療

肺癌および良性肺腫瘤のMRI所見と病理所見との関連/薄田勝男ほか

症例

22q11.2欠失症候群を背景とした慢性活動性 Epstein‒Barrウイルス感染症に両肺の多発結節を認めた1例/佐藤千明ほか

多発空洞性結節を契機に診断されたCOVID‒19 associated pulmonary aspergillosisの1例/加藤大翼ほか

CTガイド下肺生検後の出血性ショックを伴う血胸に対して肋間動脈塞栓術を行い救命し得た1例/鈴木崇浩ほか

ニューモシスチス肺炎合併 HIV治療中に肺門部腫瘤影を認めた1例/鈴木淳志ほか

多発肺転移との鑑別が問題となった肺ランゲルハンス組織球症の1例/高田知和ほか

下葉優位で特発性間質性肺炎との鑑別を要したサルコイドーシスの1例/山田 翔ほか

緩徐な増大傾向を認めた肺アミロイドーシスの2例/何澤信礼ほか

内部壊死が疑われ、診断が困難であったIgG4関連呼吸器疾患の1例/森川友郎ほか

長期経過で緩徐に増大した肺静脈瘤の1例/戎 直哉ほか

肺癌術後のFDG‒PET/CTにおいて頸部リンパ節転移と考えられたが神経鞘腫であった1例/山口大輝ほか

胸部 SMARCA4欠損腫瘍の1例/西山 晃ほか

成人後に発見されたcongenital pulmonary venous obstructionに対しperfusion CTを施行した1例/芳賀 暁ほか

心停止をきたした胸腺腫の1例/川上紘平ほか

連載

今月の症例/石村茉莉子ほか

■ 特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:46.2MB以上(インストール時:95.5MB以上)

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:46.2MB以上(インストール時:95.5MB以上)

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

まだ投稿されていません