新たなギモンに日米欧の医師らが総力回答!新型コロナワクチン・治療薬 最新Q&A50

  • ページ数 : 84頁
  • 書籍発行日 : 2021年12月
  • 電子版発売日 : 2022年1月7日
¥880(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 16pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

大好評を得た「日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答!

新型コロナワクチンQ&A100」(2021年4月発行)に待望の続編新刊。「子どもへの新型コロナワクチン接種は本当に大丈夫?」「治療薬が出てくればワクチンは必要ないの?」「ブースター接種って何?」など、新たに出てきた新型コロナワクチン・治療薬の疑問に、日米欧の医師らが国の発表や医学論文などに基づいて中立の立場で丁寧に回答します。子どもにワクチンを受けさせるべきか迷っているご両親必読。本書を読めば新型コロナのフェイク情報に騙されることはありません!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版
PCブラウザ閲覧では動画再生には対応しておりません。

序文

はじめに


新型コロナワクチンについて正しい情報を届けたい、一般の方々が抱く不安な気持ちに寄り添いたい―。私たち日米欧で働く医師の有志チーム「コロワくんサポーターズ」が、そんな思いを込めて第1弾の書籍「日米で診療にあたる医師ら10人が総力回答! 新型コロナワクチンQ&A100」をリリースしたのは2021年4月のことです。

それから8カ月がたちました。通常なら8カ月前に出版した本はまだまだ「準新刊」で通ることでしょう。しかし新型コロナ、新型コロナワクチンをめぐる動きは目まぐるしく、出版時には想定していなかった新たな疑問が次々と出てきました。また、前書籍の情報の中にはすでに古くなった部分もあります。例えば2021年4月の段階では日本の接種対象年齢は18歳以上でしたが、現在は12歳以上となっており、さらに米国では5歳以上への接種が始まっています。

私たち「コロワくんサポーターズ」のメンバーは、4月に書籍を発行した後も毎週欠かさず日米欧をつなぐオンライン・ミーティングを実施して、どうすればより多くの方の不安や疑問を緩和できるかという命題に向き合ってきました。議論を重ねた結果、みなさんが新型コロナのデマやフェイク情報に惑わされないように、新たな疑問にも私たちが根拠に基づいてしっかりと答えるべきだ、より正確で新しい情報を届けるべきだという結論に至り、続編となる本書のリリースを決断した次第です。

本書では、ブースター接種(3回目のワクチン接種)、子どもへの接種対象拡大など新型コロナワクチンについての更新情報はもちろん、自宅で飲める新型コロナ治療薬やワクチンパスポートなど、ワクチン以外の話題も積極的に取り上げています。感染症科の医師だけでは正確に答えられない広い範囲にQ&Aが及んでいますが、感染症科、呼吸器科、小児科、産婦人科など、様々な診療科の医師がチームを組んで総力回答する「コロワくんサポーターズ」の強みが、十分に発揮できたと思います。前回の書籍以上に楽しく読めてしっかり役立つ内容になったと、自信を持ってお勧めします。本書を通して1人でも多くの方に新型コロナウイルス感染症、新型コロナワクチンについての正しい知識が届き、1人ひとりの不安を少しでも和らげることができればと願っています。

なお、今回は、第1弾のメンバーから少し入れ替わった9人で執筆を担当しました。それぞれが臨床医、医学研究者としての本業をこなしつつ、本当にギリギリの時間の中で、正しい情報を伝えたい、デマやフェイク情報の氾濫に負けないぞという使命感に燃えて執筆を分担してくれました。チーム代表として、この場を借りて、「ありがとう!」と伝えたいと思います。


コロワくんサポーターズ代表
山田 悠史

目次

第1章 新型コロナワクチンの有効性についての最新情報

Q1 新型コロナワクチン接種後に新型コロナに感染するリスクはどれくらいですか。

Q2 ブレークスルー感染とはなんですか。

Q3 ファイザーとモデルナの新型コロナワクチンは、効き目に差がありますか。

Q4 抗体の量は数カ月で減ると聞きました。新型コロナワクチンを打っても意味がないのではないですか。

Q5 新型コロナワクチンの効果が1年足らずで切れるのはなぜですか。

Q6 新型コロナワクチンの接種率が高くなったのに、なぜ集団免疫ができなかったのですか。

Q7 新型コロナワクチンの効果は、感染予防効果、発症予防効果、重症化予防効果のどれが一番重要ですか。

Q8 変異ウイルスが次々と出てくるから、新型コロナワクチンを打っても意味がないのではないですか。

Q9 今後、毎年、新型コロナワクチンを打たなければならないのですか。

Q10 新型コロナワクチン接種で後遺症も治りますか。

第2章 新型コロナワクチンの副反応についての最新情報

Q11 新型コロナワクチン接種後の副反応にはどのようなものがありますか。

Q12 新型コロナワクチン接種で、アナフィラキシーが起こる頻度は高いですか。

Q13 新型コロナワクチン接種で心臓の病気のリスクが高まるというのは本当ですか。

Q14 年齢によって、新型コロナワクチンの効果や副反応に差はありますか。

Q15 新型コロナワクチンの種類によって副反応のリスクに差はありますか。

Q16 新型コロナワクチンと相互作用がある薬はありますか。

Q17 新型コロナワクチン接種後に健康被害が起こっても、国が救済してくれない場合があるのですか。

第3章 新型コロナワクチン接種後の生活

Q18 新型コロナワクチン接種で重症化しなくなるなら、元の生活に戻ってもいいのではないですか。

Q19 新型コロナワクチンの接種率が上昇したら、イベントや飲み会に自由に参加しても大丈夫ですか。

Q20 「ワクチンパスポート」とはなんですか。

Q21 海外では「ワクチンパスポート」の活用はどうなっていますか。

Q22 「ワクチンパスポート」を持っていなければ、国内のイベントなどにも参加できないのでしょうか。

Q23 新型コロナ感染を判定する抗原検査とはなんですか。PCR検査とは何が違うのですか。

Q24 海外ではもうマスクをしていなかったり、大規模なイベントを満員で開催している国もあるようです。日本とは何が違うのですか。

Q25 新型コロナワクチン接種がさらに進むと新型コロナの「感染症の分類」が変わると聞きました。どういうことですか。

Q26 新型コロナワクチン接種後に献血はできますか。

第4章 新型コロナワクチンのブースター接種

Q27 ブースター接種とはなんですか。

Q28 ブースター接種は1、2回目の新型コロナワクチン接種を受けた人みんなが受けるのですか。

Q29 ブースター接種は何回打つのですか。1、2回目の新型コロナワクチン接種とは何が違うのですか。

Q30 1、2回目とは違うメーカーの新型コロナワクチンをブースター接種で打っても大丈夫ですか。

Q31 ブースター接種は1、2回目の新型コロナワクチン接種から何カ月後に打つのですか。

Q32 ブースター接種を受けなかったら、1、2回目の新型コロナワクチンの効果は完全になくなるのでしょうか。

Q33 ブースター接種では、1、2回目の新型コロナワクチン接種より副反応が出やすかったり、強く出たりしますか。

第5章 新型コロナウイルス感染症の治療薬

Q34 病院で使われている新型コロナの治療薬にはどんなものがありますか。

Q35 急いで作った新型コロナの治療薬は危険ではないですか。

Q36 近々登場するといわれている自宅で飲める新型コロナの薬について教えてください。

Q37 新型コロナの飲み薬の副作用は出やすいですか。

Q38 自宅で飲める新型コロナの治療薬が出てきたら、ワクチンはもう打たなくてもいいのではないですか。

Q39 自宅で飲める新型コロナの治療薬が登場すれば、以前の生活に戻れますか。

第6章 子どもへの新型コロナワクチン接種

Q40 何歳以上の子どもに新型コロナワクチン接種が可能ですか。

Q41 うちの子どもは小学生です。新型コロナワクチンを接種させるべきですか。

Q42 子どもと大人の新型コロナワクチンの違いはなんですか。

Q43 子どもへの新型コロナワクチン接種は安全なのですか。

Q44 子どもに基礎疾患がある場合、新型コロナワクチンを接種させるべきですか。

Q45 子どもに新型コロナワクチンを接種させない方がよい場合がありますか。

第7章 新型コロナワクチンと妊娠・授乳についての最新情報

Q46 新型コロナワクチンを打つと不妊になりませんか。

Q47 妊娠を希望しているのですが、妊活中に新型コロナワクチンを接種しても大丈夫ですか。

Q48 新型コロナワクチン接種後に妊娠が判明しました。どうすればいいですか。

Q49 現在、妊娠しています。新型コロナワクチンを打つべきでしょうか。

Q50 現在、授乳中です。新型コロナワクチンを打ったら授乳できなくなりますか。

参考文献

著者プロフィール

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:2.1MB以上(インストール時:5.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:8.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:2.1MB以上(インストール時:5.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:8.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、m3.com電子書籍アプリが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784017000001
  • ページ数:84頁
  • 書籍発行日:2021年12月
  • 電子版発売日:2022年1月7日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。