• m3.com 電子書籍
  • 羊土社
  • Dr.平澤の上部消化管内視鏡診断セミナー 下巻~がんを見逃さないための観察と病変拾い上げのコツ

Dr.平澤の上部消化管内視鏡診断セミナー 下巻~がんを見逃さないための観察と病変拾い上げのコツ

  • ページ数 : 252頁
  • 書籍発行日 : 2022年10月
  • 電子版発売日 : 2022年10月14日
¥7,920(税込)
ポイント : 432 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

指導医とレジデントの会話形式で楽しく読めながらも重厚な知識が身につく,上部内視鏡の解説書の決定版.下巻は胃と十二指腸を中心に,解剖学や病理学まで深く掘り下げ,癌を見落としなく拾い上げるコツを伝授!

あわせて読む → Dr.平澤の上部消化管内視鏡診断セミナー 上巻~がんを見逃さないための観察と病変拾い上げのコツ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

目次

第7章 胃:観察と拾い上げのポイント

1) 胃の構造と生理

2) 見逃しのない観察法

3) スクリーニング検査の観察手順

4) ピロリ菌の特徴

5) ピロリ未感染でよくみられる所見

6) ピロリ現感染でよくみられる所見

7) ピロリ既感染でよくみられる所見

8) 服薬による胃粘膜の変化

9) もうひとつの胃炎 − 自己免疫性胃炎(AIG)−

10) 胃の良性疾患

11) 胃癌の肉眼型分類

12) 胃癌の組織分類

13) 早期胃癌発見のコツ① 領域性

14) 早期胃癌発見のコツ② 境界

15) 早期胃癌発見のコツ③ NBI拡大観察

16) 早期胃癌発見のための観察ポイント

第8章 十二指腸:観察と拾い上げのポイント

1) 十二指腸の解剖

2) 十二指腸の挿入法

3) 十二指腸の観察法

4) 十二指腸の非腫瘍性疾患

5) 十二指腸の腫瘍性疾患(SNADET)

6) その他の十二指腸の腫瘍性疾患

あとがき

Column

・ピロリ未感染胃癌

・除菌後胃癌

・一文字の違いが大違い(未分化癌)

・検査後に吐き気とめまいが止まりません…

・十二指腸は胃か小腸か?

・脂肪の消化と吸収 − なぜ脂肪はリンパ管から吸収されるか? −

Coffee break

・分水嶺って何?

・きれいな内視鏡画像

・「伝える力」

・何のための検査? − スクリーニングとサーベイランス −

関西弁レジデント奮闘記

③ 厳しい指導!?

④ 英語論文ってどう書くの?

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:21.8MB以上(インストール時:47.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:87.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:21.8MB以上(インストール時:47.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:87.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784758110754
  • ページ数:252頁
  • 書籍発行日:2022年10月
  • 電子版発売日:2022年10月14日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

※索引リンクは未対応となっております。