ICU頻用薬 使い方のリアル

  • ページ数 : 304頁
  • 書籍発行日 : 2022年10月
  • 電子版発売日 : 2022年10月26日
¥5,500(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 100pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

on the jobでしか伝えられないような臨床家の経験やコツを実践的に解説!

●「シチュエーション別」に「リアル」なICU頻用薬の使い方を解説!
・薬を使いこなすのに必要なエビデンスを解説します。
・臨床家の経験やコツをこっそりお伝えます。
●集中治療医からon the jobトレーニングを受ける機会の少ない若手医師におすすめ。
 中堅以降の医師が読んでも面白いスペシャリストの経験がつめこまれています。
●様々なシチュエーションで,重症患者に「どの薬を選択し,どれくらいの量で使い,どう調整すればいいのか?」というお悩みを解決します!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

序文


ICU頻用薬の使い方をテーマにした書籍はこれまでにいくつも出版されている。そんな中で今回,ICUの薬をテーマとした書籍の企画をいただいたのであるが,さてどうしたものか…。この本の特色をどうやったら出せるだろうか…。一般病棟患者もICU患者も診療しなければならないような状況で, 日々奮闘されている集中治療を専門としない先生や,集中治療医からon the jobトレーニングを受ける機会の少ない若手医師の皆さんが,リアルな臨床の現場での薬の使い方が学べる本を作りたいというのが出版社からいただいた話だった。なるほど…,それなら僕にもできるかもしれない。全国のICUの第一線で陣頭指揮をとり活躍している仲間がたくさんいるからだ。

バリバリ現役の集中治療医の先輩,仲間,循環器内科医(兄含む)にお願いし,シチュエーション別に臨床でのリアルな薬の使い方を執筆していただいた。「教科書にはこう書いているけど,実際にはこんな感じで使うよ。こういう時はここに気をつけてね」といったon the jobでしか伝えられないような臨床家の経験やコツを書いていただいた。普段,本に書くのはエビデンスのある内容に限り,経験やコツといった内容を書き残すのは少々抵抗があるものだろうが,そこを何とかお願いした次第だ。無理なリクエストに応えてくださった執筆者の皆さまに,この場をお借りしてお礼(お詫び?)を申し上げたい。また,どんなシチュエーションのどんな内容を取り上げるべきか,一緒に悩んでくれた,現在オーストラリアでRural Generalist(へき地医療専門医)の修行中の石川大平先生にもお礼を申し上げたい。帰国したらブーメランと本書を交換させていただきたいと思う。

16世紀にパラケルススが「毒のない薬はない。用量が毒かそうでないかを決めるのだ」と言ったように,薬は過量投与となれば害を起こす。一方で,量が少なかったら,狙った薬効が得られない。以前の職場のボスがよく,「酒は酔うまで。薬は効くまで」とおっしゃっていた。よくわからない格言だが, どこか説得力がある。薬には適量というものがある。「匙加減」とはうまく言ったものだ。患者の年齢,性別,体格,臓器障害の程度などにより薬の効き方は異なる。教科書や添付文書には「●~●mg/hrで使用」などと推奨投与量が書いてあっても,その幅がとても広くて,どれくらい使えばいいのかわからないなんてことはしばしばあると思う。本書の通りやれば必ずうまくいくという保証があるものではないが,忙しい診療の中で,本書から薬をうまく使いこなすヒントを得ていただけると幸いである。


2022年9月

飯塚病院集中治療科 医長
川上大裕

目次

第1章 神経・鎮痛・鎮静

1 挿管患者の鎮痛・鎮静  川上大裕

2 静かな夜を過ごしてもらうために(睡眠とせん妄)  田口聡久

3 てんかん重積状態  中川俊

4 脳梗塞急性期治療  田中駿・藤本佳久

5 頭蓋内圧亢進  岡﨑智哉

第2章 循環

1 敗血症性ショック  桑野公輔

2 心不全治療  下薗崇宏

3 大動脈解離(高血圧緊急症)  竪良太

4 心房細動(Af)の治療  中村通孝

5 その他の上室性不整脈  山川礼・川上将司

第3章 呼吸

1 気管挿管  武田親宗

2 呼吸不全とステロイド  宮本将太・瀬尾龍太郎

3 挿管患者での吸入薬(COPD,喘息)  石井潤貴

第4章 腎・電解質

1 体液調整(利尿薬)  小中理大・片岡惇

第5章 消化管・栄養

1 挿管患者の栄養  矢﨑知子

第6章 血液・凝固

1 抗凝固療法  中森裕毅

2 出血(トランサミンと抗凝固薬のリバース)  須賀将文

3 抗血小板薬,抗凝固薬の休薬の考え方  橋本匡彦

第7章 代謝・内分泌

1 重症患者の血糖管理  徳竹雅之・土手尚

第8章 感染症

1 COVID-19  田北無門

第9章 予防

1 ICUルーチン  是永章

索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:7.5MB以上(インストール時:20.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:29.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:7.5MB以上(インストール時:20.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:29.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784784959754
  • ページ数:304頁
  • 書籍発行日:2022年10月
  • 電子版発売日:2022年10月26日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。