手術 2023年8月号 77巻9号 特集 上部消化管良性疾患に対する低侵襲治療戦略 【電子版】

  • ページ数 : 128頁
  • 書籍発行日 : 2023年8月
  • 電子版発売日 : 2023年8月7日
¥3,080(税込)
ポイント : 56 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

手術がうまくなりたい消化器・一般外科医のための専門誌。マニアックなほど深堀りした特集内容やビジュアルでわかりやすい手術手技の解説を特長とする。本号の特集テーマは上部消化管の良性疾患手術(粘膜下腫瘍も含む)。確実な症状改善とQOL向上が求められるこの種の手術において,低侵襲治療戦略がどこまで可能かの現在地を探る内容とした。希少疾患からcommon disease,救急対応まで,充実の特集である。

≫ 「手術」最新号・バックナンバーはこちら
手術(2023年度定期購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

目次

特集 上部消化管良性疾患に対する低侵襲治療戦略*

食道憩室に対する低侵襲治療 本山 悟 ほか

食道アカラシアに対する腹腔鏡手術の現況 菊池 寛利 ほか

食道アカラシアに対する経口内視鏡的筋層切開術のコツ 川久保博文 ほか

食道粘膜下腫瘍の手術適応と手技 金森 浩平 ほか

胃食道逆流症(GERD)に対する最適な術式 増田 隆洋 ほか

薬剤抵抗性胃食道逆流症(PPI-refractory GERD)に対する

内視鏡治療の最前線 井上 晴洋 ほか

特発性食道破裂のマネジメント ─病態からみた手術と保存的治療の選択 千野 修 ほか

胃粘膜下腫瘍に対するLECS 寺山 仁祥 ほか

胃・十二指腸潰瘍穿孔に対する最適なアプローチ法 岡本 麻美 ほか

十二指腸粘膜下腫瘍に対するD-LECS 鷲尾真理愛 ほか

手術手技

胸腔鏡下食道切除における胸管損傷回避のための工夫 得丸 重夫 ほか

左半側臥位(Hybrid 法)による胸腔鏡下食道切除術 ─臓器鞘を軸とした郭清 藤原 由規 ほか

腹腔鏡下結腸切除術における体腔内デルタ吻合 ─支持糸を用いる手技の定型化 中田 健 ほか

腹腔鏡下結腸切除術における 体腔内吻合時のPfannenstiel 法による小開腹 宮城 良浩 ほか

手術症例報告

膵上縁血管破格を伴った腹腔鏡下胃切除術の2例 伊藤駿一郎 ほか

門脈合併切除を伴う膵頭十二指腸切除術後の難治性挙上空腸静脈瘤出血に対してRex シャントとステント留置が奏効した1例 福家 拓郎 ほか

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:26.1MB以上(インストール時:55.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:104.3MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:26.1MB以上(インストール時:55.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:104.3MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003007709
  • ページ数:128頁
  • 書籍発行日:2023年8月
  • 電子版発売日:2023年8月7日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。