• m3.com 電子書籍
  • 金原出版
  • 手術 2023年10月号 77巻11号 特集 内視鏡下大腸手術における術中トラブル対応と開腹移行 【電子版】

手術 2023年10月号 77巻11号 特集 内視鏡下大腸手術における術中トラブル対応と開腹移行 【電子版】

  • ページ数 : 128頁
  • 書籍発行日 : 2023年10月
  • 電子版発売日 : 2023年11月15日
¥3,080(税込)
ポイント : 56 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

手術がうまくなりたい消化器・一般外科医のための専門誌。マニアックなほど深堀りした特集内容やビジュアルでわかりやすい手術手技の解説を特長とする。腹腔鏡/ロボットによる内視鏡外科手術が広く普及した大腸手術だが,内視鏡下の術中トラブル対応には特有のノウハウが必要で,開腹移行の見極めもポイントとなる。また,初めから開腹手術とすべき症例もあり,外科医の悩みどころであるが,その1つの解を示すのが本号といえる。

目次

特集 内視鏡下大腸手術における術中トラブル対応と開腹移行

腹腔鏡下虫垂切除術:術中トラブル対応と開腹移行

今泉 佑太

開腹手術を要する虫垂炎

山田 岳史

腹腔鏡下結腸右半切除術:術中トラブル対応と開腹移行

大木 悠輔

腹腔鏡下S状結腸切除術:術中トラブル対応と開腹移行

大塚 幸喜

開腹手術を選択すべき結腸癌症例と手技のポイント

高雄 美里

腹腔鏡下低位前方切除術:術中トラブル対応と開腹移行

山本 聖一郎

ロボット支援下低位前方切除術:術中トラブル対応と開腹移行

野口 竜剛

開腹手術を選択すべき直腸癌症例と手技のポイント

金光 幸秀

手術手技

ロボット支援下噴門側胃切除術における再建法−食道残胃手縫い吻合(背枕法)の手技と利点

齋藤 正樹

挟み撃ち法による腹腔鏡下横行結腸切除術の定型化と有効性について

神田 修平

下部直腸腫瘍に対する肛門温存プルスルー変法

盛 真一郎

同部位でのストーマ再造設の工夫

吉松 和彦

下右肝静脈を温存した右肝静脈切離を伴う肝前区域+S7切除術

志智 俊介

手術症例報告

術前3D-CTにより肺静脈亜型を有する食道癌に対して縦隔鏡下に気管分岐部郭清を安全に完遂した2例

井上 博之

腹腔鏡下噴門側胃切除における食道残胃吻合トラブルを腹腔鏡下に修復した1例

松下 大輔

外腸骨血管浸潤を伴う側方リンパ節転移の直腸NETに対して計画的に二期的な低侵襲手術を行った1例

渡邉 武大

腹腔動脈起始部狭窄を有する膵頭部領域癌に対して膵頭十二指腸切除を行った2例

竹内 琢朗

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:86.5MB以上(インストール時:176.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:346.0MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:86.5MB以上(インストール時:176.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:346.0MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003007711
  • ページ数:128頁
  • 書籍発行日:2023年10月
  • 電子版発売日:2023年11月15日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。