• m3.com 電子書籍
  • 金原出版
  • 整形・災害外科 2023年11月号 66巻12号 特集 変形性関節症の病態に迫る―疾患修飾による治療を展望して― 【電子版】

整形・災害外科 2023年11月号 66巻12号 特集 変形性関節症の病態に迫る―疾患修飾による治療を展望して― 【電子版】

  • ページ数 : 128頁
  • 書籍発行日 : 2023年11月
  • 電子版発売日 : 2023年11月6日
¥2,970(税込)
ポイント : 54 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

超高齢社会の日本においてcommon diseaseであり克服が望まれる変形性関節症については,その発症や進展に関する様々な機構が少しずつ明らかになってきている。本特集では変形性関節症の病態の解明と治療に向けた研究の現況と展望を,基礎・臨床研究分野で活躍する先生方が詳細に解説。最新の話題が満載。

目次

特集:変形性関節症の病態に迫る―疾患修飾による治療を展望して

 (企画:内尾祐司)

早期変形性膝関節症の関節軟骨破壊機構と早期診断 塩澤 淳 ほか

層別の関節軟骨細胞のメカノレスポンスからみた関節維持機構 齋藤 琢

変形性関節症の軟骨細胞メカノトランスダクション機構 小川寛恭 ほか

軟骨細胞の力学的ストレス応答機構の解明と軟骨変性の治療法

開発への応用 寺内 昂 ほか

成長因子・遺伝子治療,温熱治療,低酸素ストレス応答を用いた変形性関節症治療 高橋謙治 ほか

新規NF‒κB シグナル促進因子(GRK5 とIKKε)の阻害薬

(アンレキサノクス)を用いたOA 治療薬開発 赤崎幸穂 ほか

細胞内代謝変動の制御を介した軟骨保護作用の検討 寺部健哉 ほか

変形性関節症発症機序の解明に向けた軟骨変性制御機構における糖鎖機能解析 松岡正剛 ほか

滑膜の細胞間ネットワークから紐解く関節の制御システム 宮原潤也 ほか

変形性膝関節症予防を目指した滑膜細胞移植による半月板再生 関矢一郎

変形性膝関節症に対するバイオセラピー 大鶴任彦 ほか

―Personal View―

“守りに入っていないか?” 菅谷啓之

―新しい医療技術―

差が出る整形外科抗菌薬の適正使用 山田浩司 ほか

―臨 床―

骨粗鬆症患者へのアバロパラチド酢酸塩連日自己注射のアド

ヒアランス改善のための工夫 戸田佳孝 ほか

小児上腕骨顆上骨折の特徴 佐々木規博 ほか

―研 究―

携帯型赤外線サーモグラフィカメラによる皮膚血流評価の試み 山田賢治 ほか

整形外科手術 名人の know‒how 「内反肘に対する矯正骨切りガイドを用いた手術」 村瀬 剛

スポーツ医学 つれづれ草(47) 「まことと思ひて」 武藤芳照

机上の想いのままに(66) 「都会の隅に」 西野仁樹

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:13.9MB以上(インストール時:31.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:55.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:13.9MB以上(インストール時:31.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:55.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003306612
  • ページ数:128頁
  • 書籍発行日:2023年11月
  • 電子版発売日:2023年11月6日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。