小児科 2023年8月号 64巻8号 特集 不登校 【電子版】

  • ページ数 : 104頁
  • 書籍発行日 : 2023年8月
  • 電子版発売日 : 2023年8月7日
¥3,190(税込)
ポイント : 58 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

不登校の子どもは、その早期の段階で身体症状を理由に小児科を受診するケースが多く、不登校の入り口で子どもと保護者に直接かかわることができるのが小児科医といえます。本特集では「不登校になる前・不登校早期にできること」「見逃してはいけない疾患」「メンタルヘルス」「起立性調節障害に対する日米の対応の違い」など、不登校(かもしれない)子を診るうえで役立つ知識をまとめました。

≫ 「小児科」最新号・バックナンバーはこちら
小児科(2023年度定期購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

目次

特集:不登校

1 .不登校の入り口でできること――小児科医にできる早期対応 村上佳津美

2 .最低限見逃してはいけない疾患・合併疾患の知識 永光信一郎

3 .不登校の子どものメンタルヘルス 市橋佳世子

4 .不登校と起立性調節障害――日米の対応の違い 永井 章

5 .不登校は何科で診るべきか 武井智昭

6 .不登校外来こと始め――不登校外来開設における2年間の取り組み 中川 良ほか

[連載]実例でわかる 臨床研究入門

第3回 From the scratchのススメ

綜説

抗インフルエンザ薬の基礎と使い方 佐藤晶論

未診断疾患イニシアチブ(IRUD)事業の現状と今後の課題 鈴木寿人

社会小児科学

小児科領域の医療訴訟統計 桑原博道ほか

トピックス

出生前診断の現状と問題点 山本俊至

小児専門施設に入院したパラインフルエンザ3型陽性症例の臨床検討 藤垣有里ほか

オピニオン

小児科かつアレルギー専門医の4診療形態より考察した総合アレルギー診療のあり方 岡部貴裕ほか

[連載]最近の外国業績より

呼吸器  日本医科大学小児科学教室

①健康な子どもを対象としたマスク着用下での二酸化炭素の測定

②早産児の肺機能改善のための吸入ステロイド単独による治療と長時間作用型β2刺激薬との併用について

③小児市中肺炎に対する短期抗菌薬療法:The SAFER無作為化臨床試験

④小児の人工呼吸器からの離脱法が呼吸仕事量に及ぼす影響

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:17.8MB以上(インストール時:38.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:71.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:17.8MB以上(インストール時:38.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:71.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003606408
  • ページ数:104頁
  • 書籍発行日:2023年8月
  • 電子版発売日:2023年8月7日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。