治療 CHIRYO 2023年12月 Vol.105 No.12 看取りについて考える

  • ページ数 : 120頁
  • 書籍発行日 : 2023年12月
  • 電子版発売日 : 2023年11月22日
¥2,750(税込)
ポイント : 50 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

看取りという言葉を聞いたとき,苦手意識をもっている方も多いのではないでしょうか.終末期にどんなケアをしたらよいか,家族にどんな説明をするのか,患者や家族の苦しみにどう向き合うか,自分自身の精神的な負担も忘れてはいけません.
本特集では,終末期の医療的な対応をまとめたほか,医療者としての死とのかかわり方について死生学のスペシャリストが解説しています.普段学べない内容盛りだくさんとなっており,あなたの心構えも変わるかもしれません.

序文

死生を見つめる多様な視点


今回の特集は「看取り」がテーマである.医学的な知識だけでなく,筆者がサブスペシャリティとして取り組んできた死生学領域の研究も踏まえ,看取りや死の問題を多角的にとらえてみたい.

日本の死生学(Life and Death Studies)とは学際的な領域で,死や死にゆく過程,あるいは葬儀などを中心に展開された欧米の死学(Death Studies, Thanatology)にとどまらず,東アジアの文化のなかで蓄積された生死にまつわる諸問題を取り扱っている.生命倫理的な領域も含め,死者も含めた他者との関係のなかでケアしケアされるような生のあり方,死や病いに代表されるような危機的状況のなかにある生なども視野に入ってくる.これらはおのずと超越的なものとのかかわりなど,宗教学的な領域とも接続することになる.

まず医学的な議論から出発し,臨床的なスキルを概説する.続いて,臨床でとくに問題になる意思決定について考える.こうした意思決定などの枠組みでは扱いきれないことも多いのが看取りである.実践をとおした思索や,哲学,看護学などの多彩な視点からの議論を紹介し,これらを踏まえて死生学の領域の議論,とくに臨床にかかわり得るいくつかの論点や,実際の取り組みについて紹介する.

医療からは距離がありそうな領域の話も含まれるが,死や看取りの問題を扱う際に,こうした人文社会科学領域の知見も踏まえて考えることの意味は大きい.死生学を専門とする先生方を含めた豪華な執筆陣のお力をお借りして,充実した特集になったように思う.読者のみなさまが死生学や人文社会科学に興味をもつきっかけとなれば幸いである.


〔編集幹事〕医療法人社団 鉄祐会 祐ホームクリニック大崎/上智大学グリーフケア研究所
井口真紀子

目次

特集:看取りについて考える

編集幹事 井口真紀子(医療法人社団 鉄祐会 祐ホームクリニック大崎/上智大学グリーフケア研究所)

看取りのための臨床スキル

終末期の患者にかかわる際の考え方  宇井睦人

終末期の輸液管理,薬物療法のコツ  引野雅子

在宅看取りの際に重視すべきポイント  石川美緒

意思決定について考える

ACPについて  舛森 悠他

「意思決定支援」の手前で  足立大樹

看取りの諸相

看取りを考えた先の考えない看取り  名郷直樹

看取りを現象学から考える  孫 大輔

生き方をつかむ ─関係のなかで変わる生の在り様─  上田仁美

死生学の視点から

死生学とスピリチュアリティ  島薗 進

良い死とは何か ─段階理論からスクリプト理論へ─  堀江宗正

医療面接を超えて ─一人として話を聴く─  葛西賢太

部屋の中の象? ─看取りの場における医療者の悲嘆─  鷹田佳典

死生学の実践

臨床宗教師として看取りにかかわる  井川裕覚

医療機関で行うグリーフケアの実践  細田 亮

「死」と「喪失」を共に受けとめ,助け合うコミュニティをつくる  竹之内裕文

連載

1問1答!在宅報酬必須知識

訪問看護指示と指示日  永井康徳

えびさんぽ

ランドマークスタディで振り返る2023年  青島周一

─ランドマークスタディと路地裏エビデンス

─臨床での使い方

総合診療POEMs ─診療で使える! 旬なオススメ文献─

状態が良好であるうつ病患者に対して抗うつ薬の継続は必要?  山下真稔他

疲れた消化器をサポートする漢方処方プロセス4

胃腸炎  谷川聖明

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:17.4MB以上(インストール時:38.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:69.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:17.4MB以上(インストール時:38.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:69.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784009010512
  • ページ数:120頁
  • 書籍発行日:2023年12月
  • 電子版発売日:2023年11月22日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:2

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。