• m3.com 電子書籍
  • 南山堂
  • 薬局 2023年11月 Vol.74 No.12 転ばぬ先の漢方薬 脱・介護! フレイル・ロコモ・サルコペニア対策の新たな一手

薬局 2023年11月 Vol.74 No.12 転ばぬ先の漢方薬 脱・介護! フレイル・ロコモ・サルコペニア対策の新たな一手

  • ページ数 : 146頁
  • 書籍発行日 : 2023年11月
  • 電子版発売日 : 2023年10月26日
¥2,200(税込)
ポイント : 40 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

高齢化社会を迎えた現在,身体機能の回復のみならず,心理面などを含めた潜在能力を最大限に高めることが求められ,その役割を担うリハビリテーション医学は欠かせません.さらに,心身一如,すなわち心と身体のはたらきが一体であるという考え方に基づいた漢方医学が,リハビリテーションの過程で応用され,広がることが示唆されます. そこで本特集は,フレイル対策・サルコペニア対策・ロコモ対策と漢方薬をテーマとして構成し,リハビリテーションと漢方薬との高い親和性とともに,漢方薬の長期服用による安全性について解説しました.

序文

特集にあたって

高齢化率が30%に迫ろうとしているわが国においては,要支援・要介護認定者数も700万人に迫っている.コロナ禍における活動自粛や社会的孤立によりフレイル化の進行が懸念されているなか,われわれ医療専門職が複雑な病態を呈する高齢患者に接する機会がますます増加することが予測される.

高齢者は一般的に多くの慢性疾患をもつとともに,フレイル,サルコペニア,ロコモティブシンドローム(ロコモ),認知機能障害などの老年症候群を合併する場合が多く,健康寿命の延伸を考えた場合には疾病の治療のみならず,これらの対策を同時に行うことが理想的である.すなわち,フレイル,サルコペニア,ロコモの合併は高齢者において頻度が高いことを認識し,適切な評価をしたうえで,早期の介入が求められる.また,糖尿病,腎臓病,循環器疾患などはフレイル,サルコペニアの発症リスクと考えられるため,疾病の管理においてフレイル,サルコペニアの進行予防の視点を有することが重要である.すなわち,高齢者においても生活習慣病の重症化予防の観点からは,血圧,脂質,血糖などの管理の重要性はいうまでもないが,そのなかで栄養,運動などの生活習慣の適切な改善を促すとともに,治療の優先順位を考慮した薬物療法を行うことが重要である.

生活習慣の改善に際しては,口腔機能やポリファーマシーへの対策に加えて,社会参加,認知機能訓練なども含めることにより,フレイル,認知機能低下の予防が図られることが期待される.また,薬物療法に関しては漢方薬によるフレイル改善効果も期待されており,そのメカニズムとしては不眠,食思不振,疲労感などに対する効果が考えられる.

本特集においては,漢方薬のこのような可能性について各専門家からの最新知見を網羅するとともに,漢方薬とリハビリテーションの高い親和性についてもさまざまな角度から議論をいただけることを期待している.本特集が日常診療や薬剤業務の一助となれば幸いである.


国立長寿医療研究センター 理事長
荒井秀典

目次

特集 転ばぬ先の漢方薬脱・介護! フレイル・ロコモ・サルコペニア対策の新たな一手

特集にあたって(荒井 秀典)

フレイル対策に漢方の目線をプラスする

・「フレイル」の3つの構成要素と「健康長寿」の3つの柱(小川 純人)

・「健康長寿」の3つの柱をデザインする漢方(森口 三咲 ほか)

「高齢者の低栄養」予防・カイゼン編

・低栄養とは? そのリスクは? 原因は?(遠藤  啓 ほか)

・「たべる」を補完する漢方薬(水野 英彰 ほか)

・「だす(排泄)」を補完する漢方薬(眞部 紀明 ほか)

・「ねる」を補完する漢方薬(平田 和美)

「高齢者のリハビリ」サポート編

・リハビリテーションとは? 目的は? 継続が必要なわけは?(佐浦 隆一)

・運動器リハ×漢方薬 ─フレイル・サルコペニア─(江頭 隆一郎 ほか)

・呼吸リハ×漢方薬 ─COPD─(濱田 泰伸)

・心大血管疾患リハ×漢方薬 ─急性・慢性心不全─(小笹 寧子 ほか)

・脳血管疾患リハ×漢方薬 ─パーキンソン病─(伊豆蔵 英明)

・認知症患者リハ×漢方薬 ─アパシー─(水上 勝義)

・廃用症候群リハ×漢方薬 ─外科手術後─(海道 利実)

・口腔機能リハ×漢方薬 ─口腔機能低下症─(米永 一理)

・コラム:嚥下障害時にエキス製剤を服用できる?(丹村 敏則)

「多剤併用・長期服用」リスク対策編

・地黄含有製剤の処方マネジメント(野上 達也)

・甘草含有製剤の処方マネジメント(吉野 鉄大)

・山梔子含有製剤の処方マネジメント(清水 誠治)

シリーズ

症状・体質からしっかり選べる!フローチャートでわかる 漢方薬虎の巻

 〈第7回〉便秘

 (永田 郁夫)

えびさんぽ

 栄養状態の改善や運動をすることでフレイルは改善できますか?

 (青島 周一)

腫瘍薬学ハイライト

 がんワクチンの開発の現状と展望

 (川西 正祐)

医薬品適正使用・育薬 フラッシュニュース

 ・若年者ではBZ薬で薬物過剰摂取リスクが上昇

 ・下剤の常⽤により認知症リスク上昇の可能性

 (佐藤 宏樹,澤田 康文)

飲み合わせ研究所 子どもの服薬Tips

 〈第11回〉ジスロマック ®細粒小児用10%

 (小嶋  純,米子 真記)

現場で働く薬剤師のための臨床薬学研究のオモテ・ウラ

 〈第23回〉研究開始年齢のオモテ・ウラ

 (大井 一弥)

薬剤師力の型 新たな思考と行動プランを手に入れろ!

 〈弐拾参ノ型〉リストだけ見た安易な回答から脱却せよ!

 (栗原  梢)

Gebaita?! 薬剤師の語ログ

 〈第23回〉やっぱりリアルは楽しい

 (中嶋 亜紀)

くすりのかたち外伝 わかる!使える!まいにち薬会話

 〈第23回〉「どのマスクがよいですか?」

 (浅井 考介,柴田 奈央)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:19.7MB以上(インストール時:43.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:78.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:19.7MB以上(インストール時:43.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:78.6MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784009107412
  • ページ数:146頁
  • 書籍発行日:2023年11月
  • 電子版発売日:2023年10月26日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。