麻酔2023年1月号【特集】麻酔科の未来につながる工学

  • ページ数 : 110頁
  • 書籍発行日 : 2023年1月
  • 電子版発売日 : 2023年1月11日
¥2,860(税込)
ポイント : 52 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

【特集】麻酔科の未来につながる工学
臨床応用への距離を比較的近く感じることができる、さまざまなイノベーションを解説し、未来の麻酔管理での応用のイメージを膨らませてもらうことを目的とした特集である。

≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら
麻酔(2023年・定期購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

目次

巻頭言

理念の共有と変化 (山内正憲)

特集 麻酔科の未来につながる工学

緒言とまとめ (内田寛治)

AIの麻酔応用:痛みの見える化を目指して (中江 文ほか)

高分子バイオマテリアル:生体に対してinert/activeな材料 (秋元 文)

ウェアラブルデバイス:麻酔,生体看視における可能性 (横田知之)

3DCG画像再構成技術:高速&高画質&裸眼立体視がもたらす医療の未来 (瀬尾拡史ほか)

マルチスケール・マルチフィジックス心臓シミュレータUT-Heartによる先天性心疾患周術期のテーラーメード解析と今後の展開 (假屋太郎ほか)

VRシミュレーションによる医学教育:VRけん玉訓練システムを医療に応用 (川崎仁史ほか)

症例報告

髄液減少症妊婦の硬膜外麻酔で局所麻酔薬の髄液移行が疑われた1症例 (江里朋香ほか)

重症肝障害を来した成人スチル病合併妊婦の帝王切開の麻酔経験 (懸川まどかほか)

緊急帝王切開術の脊髄くも膜下麻酔後に硬膜下血腫を来した1症例 (中村紗理ほか)

抗ミトコンドリア抗体陽性筋炎患者に対する腹腔鏡下S状結腸切除術の麻酔経験 (松井 望ほか)

気管乳頭腫切除時に気管食道瘻を来し気道管理に難渋した小児喉頭気管乳頭腫の1症例 (谷口明子ほか)

食道がん術後の肺切除術において胸腔間交通を介した健側胸水の出現を認めた1症例 (濱地良輔ほか)

パンコースト腫瘍に伴う肩甲骨内側の痛みに脊柱起立筋膜面ブロックを施行した1症例 (上松友希ほか)

紹介

多発肺転移による低酸素血症患者にクアドラライト麻酔用マスクを用いてpressure support ventilationで管理した経験 (前田はるかほか)

外国文献紹介

投稿規定

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.9MB以上(インストール時:23.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:39.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.9MB以上(インストール時:23.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:39.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784014007201
  • ページ数:110頁
  • 書籍発行日:2023年1月
  • 電子版発売日:2023年1月11日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。