• m3.com 電子書籍
  • 南山堂
  • Rp.+レシピプラス 2023年夏号 Vol.22 No.3 飲むステロイド 最強の切り札にする「はじめの一歩」

Rp.+レシピプラス 2023年夏号 Vol.22 No.3 飲むステロイド 最強の切り札にする「はじめの一歩」

  • ページ数 : 130頁
  • 書籍発行日 : 2023年7月
  • 電子版発売日 : 2023年6月20日
¥1,320(税込)
ポイント : 24 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

ステロイドホルモンのひとつグルココルチコイドに注目!!生化学的な働きをおさらしいして,臨床現場で役立てよう

ステロイドは,生体内でさまざまなはたらきをもつステロイド骨格をもつホルモンの総称です.とくに臨床上では,ステロイドホルモンのうちのグルココルチコイドの作用が活用され,「ステロイド薬」として,炎症性の疾患などの治療に用いられています.このステロイド薬は,使用目的や患者さんの状態によって用法・用量が異なり,また,必要に応じてかなりの高用量で使用される場合もあります.グルココルチコイドは正しく用いれば有用な効果を発揮する一方,多くの副作用があり,慎重な経過観察や用量調整が求められ,患者さん自身が治療に不安や懸念を抱くことも多々あります.
今回は,前半は,薬学生時代くわしく学ぶ機会がなかったステロイドホルモンの生化学的なはたらきをおさらいし,後半は主に経口グルココルチコイドの臨床での使いどころや,副作用・相互作用などの知識を整理します.

「Rp.+レシピプラス」最新号・バックナンバーはこちら
Rp.+レシピプラス(2023年度定期購読)

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

序文

ステロイドは,生体内でさまざまなはたらきをもつステロイド骨格をもつホルモンの総称です.エストロゲンやアンドロゲンに加え,広くはビタミンDやコレステロールもステロイド骨格を持ちます.とくに臨床上では,ステロイドホルモンのうちのグルココルチコイドの作用が活用され,「ステロイド」として,炎症性疾患,免疫難病,移植拒絶反応などの治療に用いられています.

さまざまな疾患に対して使われる経口グルココルチコイドですが,使用目的や患者さんの状態によって用法・用量は異なり,また,必要に応じてかなりの高用量で使用される場合もあります.グルココルチコイドは正しく用いれば,効果を発揮して最強の切り札になる一方,多くの副作用があり,慎重な経過観察や用量調整が求められるほか,患者さんご自身が治療に不安や懸念を抱くことも多々あります.ですから,適応を十分に考え,必要最小限を最短期間に用いることが原則です.膠原病などの免疫難病の治療でも,免疫抑制薬や分子標的薬を適切に用いて,グルココルチコイドの中止を目指すことが推奨されるようになりました.

そこで,適切なグルココルチコイド治療のサポートができるよう,医師も薬剤師も生体内のステロイドのはたらきからグルココルチコイドの作用を理解し,治療の目的や方針,注意点を把握しておきたいものです.本特集では,前半は,学生時代くわしく学ぶ機会がなかったステロイドホルモンの生化学的なはたらきをおさらいし,後半は臨床上の主に経口グルココルチコイドの使いどころ,副作用管理がわかるよう整理ができる構成に致しました.

各々の分野の第一人者の先生方に多くの最新情報も含めてご執筆いただきました.全身で作用するグルココルチコイドの生理作用や薬物としての作用,副作用や位置づけを整理できる1冊になれば幸いです.


産業医科大学医学部第1内科学講座 教授
田中良哉

目次

ステロイド骨格をもつホルモンいろいろ

1.ステロイド骨格の構造とステロイドホルモンの合成

2.ステロイドホルモンの分類とその種類

副腎皮質ホルモンのはたらきからみる

「経口グルココルチコイド」

1.副腎のはたらきとグルココルチコイド・ミネラルコルチコイドの作用

2.グルココルチコイドが標的とする多彩な遺伝子

グルココルチコイドの作用

3.炎症・アレルギーを鎮める作用

4.免疫を抑える作用

5.栄養素代謝に関する作用

6.水・ミネラル代謝に関する作用

7.骨代謝に関する作用

「経口グルココルチコイド」比べてみました

1.副腎皮質ホルモン vs. 経口グルココルチコイド-作用時間と効力の比較

2.経口 vs. 注射-効果・副作用の比較と剤形変更時の投与量換算

3.全身性 vs. 局所-剤形別にみた副作用の違い

4.短期投与 vs. 長期投与-内服期間による副作用の違い

5.グルココルチコイド投与量と感染症合併率の関係

投与方法イロイロ! 

経口グルココルチコイドの投与設計

1.膠原病・リウマチ科

2.呼吸器科─気管支喘息・COPD─

3.消化器科─炎症性腸疾患─

4.腎臓内科

5.皮膚科

その併用薬どうする? 

経口グルココルチコイド服用時の薬学管理

1.抗菌薬

2.抗真菌薬

3.ワクチン接種

4.経口血糖降下薬

5.インスリン製剤

6.利尿薬

7.抗血栓薬

8.活性型ビタミンD製剤

9.サリチル酸系抗炎症薬

10.NK-1受容体拮抗薬

・最近のコクシ 経口ステロイド

・ハマゾン.co.jp「アメリカは,今日もステロイドを打つ」

・漢方検分録 ケースで学ぶ漢方薬の安全チェック「漢方薬による消化器系の副作用に注意する」

・プレイバック物化生「核酸に含まれる塩基とDNAの基本」

book review

 2ページで理解する 標準薬物治療ファイル 改訂4版(南山堂)

 速解! 調剤報酬2022-23(南山堂)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:25.1MB以上(インストール時:53.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:100.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:25.1MB以上(インストール時:53.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:100.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784525922337
  • ページ数:130頁
  • 書籍発行日:2023年7月
  • 電子版発売日:2023年6月20日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。