Rp.+レシピプラス 2023年秋号 Vol.22 No.4 皮膚外用剤のトリセツ

  • ページ数 : 107頁
  • 書籍発行日 : 2023年10月
  • 電子版発売日 : 2023年9月13日
¥1,320(税込)
ポイント : 24 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

皮膚外用剤をテーマとした書籍・雑誌の多くは,臨床での使い方およびその注意点等が示されています.そこで本特集では,押さえておきたい “ 基本中の基本 ” である,皮膚外用剤の基剤や剤形などの製剤学的な専門知識から,基本的な選び方・使い方などの臨床的知識の重要なエッセンスまでをまとめて解説します.

序文

序文

皮膚疾患の薬物療法は,生物学的製剤の登場により患者満足度が飛躍的に向上している.一方,生物学的製剤は,従来の低分子医薬品に比べ高額であり,患者負担が大きいことから導入や継続が困難な場合も少なくない.また,生物学的製剤は国内開発品が少なくバイオシミラーを繁用することで,医療用医薬品の費用は削減されるものの,医薬品の輸入額が増加し,この数年大幅な輸入超過となっている.

生物学的製剤は,臨床において皮膚疾患の代表的な症状である「かゆみ」を早期に改善することから,患者満足度が向上する半面,皮疹などを問題視しなくなることで,保湿剤などの外用剤のアドヒアランスが低下し,皮疹や乾燥が悪化する症例が散見されている.このように生物学的製剤の登場により,皮膚疾患の治療効果は向上しているものの,外用療法が疎かになっており,外用剤の不適切な使用が目立っている.

外用剤の不適切な使用の要因として,剤形に依存したアドヒアランスの低さに加え,患者に対する外用指導の不足が指摘されている.南らの2021年の報告では,「外用指導してくれていると,とても感じる」と回答した患者の割合は8.7%に過ぎない.この背景には,薬剤師をはじめとした医療従事者自身の外用剤の理解不足がある.皮膚科診療おける外用剤の書籍や特集は多いものの,外用剤自体の薬学的な企画は限られていることも,理解不足の一因となっている.また,最近では,感染を考慮して医師も手袋をして患者に外用剤を塗布しており,直接触れて使用感を実感する機会が著しく減っている.

そこで,今回の企画として外用剤の理解を深めるために,「皮膚外用剤のトリセツ」と題して,外用剤の基礎から臨床使用まで幅広く学べることを目的とした.目次をご覧いただければ一目瞭然であるが,日常診療における患者指導や調剤において,それぞれの場面に応じてすぐに役立つ実践的な企画となっている.本企画が,皮膚外用剤の適正使用に役立つことで患者の福音となることを願う.


佐々木研究所 研究事務室長
大谷道輝

目次

トリセツ① 皮膚外用剤を知りたい人へ

1.まずは皮膚外用剤の構成,基剤や剤形を知ろう!

 Point❶ 皮膚外用剤は主薬以外の理解が重要だ

 Point❷ 軟膏剤やクリーム剤以外に知っておくべき剤形がある

 Point❸ 添加物を知ると添付文書はもっと使える

2.よく使う剤形を押さえる!

 Point❶ 軟膏剤:保護作用があり皮膚の状態が悪くても使える

 Point❷ クリーム剤:使用感や透過に優れるが,軟膏より適応は限られる

 Point❸ ゲル剤:水性ゲルと油性ゲルの違いを押さえよう!

 Point❹ ローション剤:頭部などの有毛部以外にも有用

 Point❺ スプレー剤:アドヒアランス改善に第一選択

トリセツ② 皮膚外用剤を選ぶ人へ

皮膚症状にあわせた剤形を選択するために

 Point❶ 皮膚の状態をチェックする

 Point❷ 皮膚の状態に適した剤形を選ぶ

 Point❸ 外用部位に適した剤形を選ぶ

トリセツ③ 皮膚外用剤を説明する人へ

1.塗布と塗擦の違いを理解して正しい指導を

 Point❶ ステロイド外用剤は単純塗布が基本

 Point❷ 保湿剤や消炎鎮痛外用剤は塗擦がおすすめ

 Point❸ 重層療法でステロイド外用剤の効果アップを

 Point❹ 密封療法ができる・できない皮膚外用剤を判別する

2.副作用の接触皮膚炎を避けるために

 Point❶ 接触皮膚炎の原因・分類・症状・治療を知る

 Point❷ 注意すべき皮膚外用剤と症状から推論する

 Point❸ 添加物にまで気を配る

トリセツ④ 皮膚外用剤を混合・希釈する人へ

混合・希釈は主薬の溶解性と基剤で考える

 Point❶ 水と油は混ざらない,外用剤も水と油に分ける

 Point❷ 軟膏とクリームの混合は,透過性が変化する

 Point❸ 液滴分散型軟膏の混合は避ける

 Point❹ 混合後の含量低下に注意

 Point❺ 後発医薬品への切り替えは要注意

 Point❻ 配合変化のデータを正しく利用する

取扱注意事項

・基剤・剤形の判別は透明感と水洗で!

・軟膏壺は遮光ではない 保存には注意を!

・水疱瘡にカチリは禁忌!?

・ハンドクリームは自己血糖測定に影響あり!

・モイゼルト®軟膏は使用後も避妊を!

・ボチシートの活用

・降伏値とチキソトロピーから使用感をイメージする

・ワセリンは日焼けを防ぐ!

Series

・最近のコクシ「皮膚とくすり」

・ハマゾン.co.jp「皮膚は最強の臓器」

・漢方検分録 ケースで学ぶ漢方薬の安全チェック「皮膚に使用する漢方薬の安全性と服薬指導」

・プレイバック物化生「遺伝情報は,どのように発現するの?」

book review

・家で診ていく誤嚥性肺炎(南山堂)

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:23.3MB以上(インストール時:48.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:93.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:23.3MB以上(インストール時:48.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:93.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784525922344
  • ページ数:107頁
  • 書籍発行日:2023年10月
  • 電子版発売日:2023年9月13日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。