最新! 心臓デバイス攻略本

  • ページ数 : 200頁
  • 書籍発行日 : 2023年2月
  • 電子版発売日 : 2023年1月16日
¥4,950(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 135pt ( 3 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

最新の高度なデバイス技術が身につく入門書

ペースメーカ・ICD治療の最前線について、適応、機能・特徴の要点を押さえて、わかりやすく解説する。適応のエビデンス、主要メーカー製のデバイスの機能・特徴比較一覧も付いているから、さっと学べて、ぐっと納得できる。初学者に必携の頼もしい一冊!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

はじめに


心臓デバイスは目覚ましいスピードで進化し続けています。ペースメーカにおいては、徐脈の治療を行うことはもとより、「いかに自然で生理的な心拍を再現するか」、植込み型除細動器(ICD)においては、致死性不整脈を停止させることはもとより、「いかに痛みを伴うショック作動を起こさないように致死性不整脈を停止させるか」ということに重点が置かれるようになりました。また開発当時は「デバイス患者へのMRIは禁忌」ということが常識でしたが、現在では「一定条件を満たせばMRI撮像は可能」という認識が一般的になりつつあります。その他にも、デバイスの小型化、長寿命化、各種モニタリング機能など、以前の心臓デバイスとは比較にならないほど改良が重ねられています。

一方で、進化し続ける心臓デバイスを扱う医療者側にも、高度な知識が求められるようになりました。ペースメーカで言えば、「心拍数の設定」だけでは不十分であり、「ペーシングモード」、「レートレスポンス機能」、「ブランキング設定」、「遠隔モニタリング」など、個々の症例に応じて考慮すべき設定が数多くあります。さらに昨今では、メーカー独自の機能が備えられたデバイスも数多く存在しています。それぞれの機能が各メーカーの強みとなっている一方で、どのような症例でどの機能が有効なのかを判断するためには、あらかじめそれぞれの機能や特徴を十分に理解しておくことが必要です。しかしながら、施設ごとに扱うデバイスメーカーに偏りがあったり、次々に新しい機能が登場するため、他社製品と比較して、どのデバイスが患者さんにとって最適なのかを判断することは容易ではないと思います。

本書では、その道のスペシャリストであられる先生方から、心臓植込み型デバイスについてご解説いただきました。執筆にあたっては、できるだけ平たい言葉でメーカーごとに違う機能・特徴や使い分けにも触れながら、ご説明いただくようお願いしました。本書が心臓植込み型デバイスにかかわるすべての医療者の知識整理、アップデートに役立てられれば幸いです。

最後になりましたが、本書を刊行するにあたり、企画意図を理解しサポートしていただいた共同編著者の永嶋孝一先生、岸原 淳先生、そして執筆を快諾していただいたすべての共著の先生方にこの場を借りて深く御礼申し上げます。


2022年12月

小竹康仁

目次

・はじめに

・監修・編集・執筆者一覧

【第1章】ペースメーカ

1 ペースメーカの適応疾患

2 ペースメーカの基本(ICHDコード)

3 ペースメーカの仕組み①

4 ペースメーカの仕組み②

5 ペースメーカの機能

6 リードレスペースメーカ

【第2章】ICD

1 ICDのエビデンス

2 ICDの仕組み①

3 ICDの仕組み②

4 ICDの機能

5 ICDの設定方法

6 皮下植込み型除細動器(S-ICD)・着用型自動除細動器(WCD)

【第3章】CRT

1 CRTの適応

2 CRTの設定・機能

【第4章】刺激伝導系ペーシング

1 ヒス束ペーシング

2 左脚領域ペーシング

【第5章】植込み型心電計

1 植込み型心電計の適応・機能

2 植込み型心電計の実際

【第6章】トラブルシューティング

1 リード断線・損傷、磁場干渉などのトラブルシューティング

2 ICD、デバイス感染などのトラブルシューティング

【第7章】デバイス植込み術後の管理

1 デバイス植込み術後の基本管理

2 遠隔モニタリングの活用

・索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:16.9MB以上(インストール時:37.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:67.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:16.9MB以上(インストール時:37.5MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:67.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784840481489
  • ページ数:200頁
  • 書籍発行日:2023年2月
  • 電子版発売日:2023年1月16日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。