最新ガイドラインに基づく 消化器疾患 診療指針 2023-'24

  • ページ数 : 404頁
  • 書籍発行日 : 2023年3月
  • 電子版発売日 : 2023年3月16日
¥11,000(税込)
ポイント : 600 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

消化器疾患のエキスパートが、国内外ガイドラインの最新知見をコンパクトにまとめ、消化器専門医をはじめ、他科の医師や研修医・開業医向けにも、最新ガイドラインの要点・改定点をわかりやすく解説。専門医の「診療の実際」「処方例」も掲載しています。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

序文

本書の読者対象は,研修医,一般開業医,他科の医師,消化器内科医,消化器外科医です.

まず,消化器以外を専門とする他科の医師や研修医 ・開業医などは,どのような診療ガイドライン(国内,海外,WHO など)が存在するのかも,なかなか把握しきれていないのが現状かと思われます.また多忙のため,調べるのも大変なことが多いと思います.そこで,そのような医師の方々を読者対象とした,「ガイドラインのためのガイド(Guideline’s guide)」というべき本があれば,診療に非常に役に立つのではないかと考えたのが,この「最新ガイドラインに基づく診療指針シリーズ」の主旨です.

また,消化器専門医でも,肝臓,消化管,膵臓胆嚢領域と,広範な領域をカバーできてないこともあるかと思いますので,消化器専門医にとっても,消化器領域で自分の専門外の領域の状況をチェックする意味でも,非常に重要と思います.

旧版が刊行され2 年余りが過ぎました.多くの先生方にご好評をいただきましたが,この間各種ガイドラインで改定等が多く行われましたので,今回大幅な改定を行い『最新ガイドラインに基づく消化器疾患診療指針 2023-‘24』として出版することになりました.

本書では,以下に記載する最近発刊されたガイドラインの改定内容が,各専門家の先生により加筆されており,この結果,最新の状況を一目でわかるようになっております(「ガイドラインの現況」の変更点を   で明示).

・日本消化器病学会 編:胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2021(改訂第3 版) 2021 年

・日本食道学会 編:食道癌診療ガイドライン2022 年版 第5 版 2022 年

・日本胃癌学会 編:胃癌治療ガイドライン医師用2021 年7 月改訂第6 版 2021 年

・米国結腸直腸外科学会:急性結腸拡張症診療ガイドライン 2021 年

・日本医学放射線学会,日本放射線専門医会 編:画像診断ガイドライン2021 年版 2021 年

・大腸癌研究会 編:大腸癌治療ガイドライン医師用2022 年版 2022 年

・日本癌治療学会 編:GIST 診療ガイドライン2022 年4 月改訂(第4 版) 2022 年

・日本肝臓学会 編:B 型肝炎治療ガイドライン(第4 版) 2022 年

・日本肝臓学会 編:C 型肝炎治療ガイドライン(第8.1 版) 2022 年

・日本肝臓学会 編:C 型肝炎治療ガイドライン(第8.2 版) 2023 年

・厚生労働省:自己免疫性肝炎(AIH)の診療ガイドライン(2021 年) 2022 年

・日本動脈硬化学会 編:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022 年版 2022 年

・日本肝臓学会 編:肝癌診療ガイドライン2021 年版 2021 年

・日本肝胆膵外科学会 編:転移性肝がん診療ガイドライン 2021 年

・日本消化器病学会 編:胆石症診療ガイドライン2021(改訂第3 版) 2021 年

・ 急性胆管炎 ・胆嚢炎診療ガイドライン改訂出版委員会:急性胆管炎 ・胆嚢炎診療ガイドライン2021(第3 版) 2021 年

・ 急性膵炎診療ガイドライン2021 改訂出版委員会 編:急性膵炎診療ガイドライン2021 第5 版 2021 年

・日本消化器病学会 編:慢性膵炎診療ガイドライン2021(改訂第3 版) 2021 年

・ 日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会 編:膵癌診療ガイドライン2022 年版 第6 版 2022 年

・ 十二指腸癌診療ガイドライン作成委員会 編:十二指腸癌診療ガイドライン2021 年版 2021 年

・ 日本消化器内視鏡学会 編:大腸cold polypectomy ガイドライン(大腸ESD/EMR ガイドライン追補) 2021 年

・ 日本消化器内視鏡学会 編:クローン病小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術ガイドライン(小腸内視鏡診療ガイドライン追補) 2021 年

本書は,内外のさまざまなガイドラインの中から重要な情報を抽出し,非専門家でも理解できるように平易に記載いただき,その診療エッセンスをまとめていただくことが,コンセプトとなっております.多くのガイドラインをお手元に置くことなく,本書を紐解けば最新のエッセンスを即座にチェックすることができます.多忙な臨床現場で治療方針を決める際に,ぜひとも活用していただければ幸いです.


2023 年3 月

横浜市立大学大学院医学研究科 肝胆膵消化器病学教室 主任教授
中 島 淳

目次

1.消化管疾患

胃食道逆流症(GERD)と非びらん性胃食道逆流症(NERD) 川見 典之他

食道アカラシア 塩飽 洋生他

食道癌 松田  諭他

食道・胃静脈瘤 日高  央他

機能性ディスペプシア 中村  拳他

胃・十二指腸潰瘍 鎌田 智有他

胃MALT リンパ腫・胃悪性リンパ腫・胃ポリープ・胃腺腫 小林 幸夫他

胃 癌 瀬戸 泰之

腸閉塞(イレウス),消化管ヘルニア,腹膜炎 真弓 俊彦他

慢性偽性腸閉塞症・巨大結腸症・S 状結腸軸捻転症 大久保秀則

原因不明消化管出血(OGIB)および小腸腫瘍 壷井 章克他

感染性腸炎・偽膜性腸炎(CDI) 小笠原尚高他

(急性)虫垂炎 利野  靖 他

虚血性大腸炎 松橋 信行

薬剤性腸炎 松橋 信行

クローン病,潰瘍性大腸炎 清水 寛路他

過敏性腸症候群 千葉 俊美

大腸憩室出血・大腸憩室炎 永田 尚義

大腸ポリープ・ポリポーシス・大腸腺腫 影本 開三他

痔核・痔瘻・直腸脱 松島  誠他

便失禁 安部 達也他

慢性便秘症 中島  淳

大腸癌 江本 成伸他

消化管間質腫瘍(GIST) 澤木  明

トピックス(1) 胃がん検診のガイドライン

トピックス(2) 十二指腸非乳頭部腫瘍の内視鏡治療

トピックス(3) 内視鏡の画像強調やAI診断

トピックス(4) 好酸球性食道炎・胃腸炎

トピックス(5) 内視鏡鎮静に関するガイドライン

トピックス(6) 大腸コールドポリペクトミーに関するガイドライン

トピックス(7) クローン病小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術ガイドライン

トピックス(8) 大腸内視鏡サーベイランスに関するガイドライン

2.肝疾患

急性肝炎・急性肝不全 持田  智

B 型慢性肝炎 吉丸 洋子他

C 型慢性肝炎 朝比奈靖浩

肝硬変・門脈圧亢進症 辻  裕樹他

原発性胆汁性胆管炎 田中  篤

自己免疫性肝炎 大平 弘正

薬物性肝障害 徳本 良雄他

アルコール関連肝疾患/アルコール性肝障害 堀江 義則

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD) 米田 正人他

肝膿瘍 川田 一仁

肝良性腫瘍 林  秀樹

転移性肝癌・肝細胞癌 宮田 明典他

トピックス(9) エラストグラフィーによる肝硬度測定

トピックス(10) 肝疾患に伴うサルコペニア

3.胆・膵疾患

胆石症 永井 奎毅他

急性胆嚢炎 井上 祐真他

急性胆管炎 伊佐山浩通他

胆嚢ポリープ・胆嚢腺筋腫症 糸永 昌弘他

胆嚢癌・胆管癌 高橋 智昭他

原発性硬化性胆管炎 勝見 智大他

急性膵炎 黒澤 貴志他

慢性膵炎 山宮  知他

膵嚢胞性腫瘍 小林 規俊

膵癌 水間 正道他

膵・消化管神経内分泌腫瘍(NEN) 山重 大樹他

トピックス(11) AIによる超音波内視鏡の膵腫瘍診断

トピックス(12) 超音波内視鏡によるドレナージ

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:166.4MB以上(インストール時:343.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:665.7MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:166.4MB以上(インストール時:343.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:665.7MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784883789375
  • ページ数:404頁
  • 書籍発行日:2023年3月
  • 電子版発売日:2023年3月16日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:2

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。