臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.6 臨床に必要な消化管アレルギー疾患

  • ページ数 : 112頁
  • 書籍発行日 : 2023年5月
  • 電子版発売日 : 2023年5月18日
¥3,300(税込)
ポイント : 60 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集「臨床に必要な消化管アレルギー疾患」

 本邦において全般的にアレルギー疾患は増加傾向にあり,消化管領域でも好酸球性食道炎の罹患率は増加しつつある.最近,学会などにおいても好酸球性消化管疾患やアレルギー性消化管疾患は主題のテーマとして取り上げられる機会が増加している.(編集後記より抜粋)

≫ 「臨牀消化器内科」最新号・バックナンバーはこちら

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

巻頭言
―本特集を企画するにあたって―


アレルギー疾患は,アトピー性皮膚炎,食物アレルギー,喘息,アレルギー性鼻炎に代表され,アレルギー(アトピック)マーチとして知られる.近年,さまざまな要因(衛生仮説,環境因子,腸内細菌,抗生剤など薬剤多用,Helicobacterpylori 感染率低下など)によりアレルギー疾患は増加してきている.

食物アレルギーにおける抗原感作や免疫寛容の場が消化管であり,消化器内科医として食物アレルギーの最新の診断法や治療法などを理解すべきである.また近年注目されている消化管アレルギー疾患として,好酸球性食道炎,好酸球性胃腸炎,新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症を含む好酸球性消化管疾患(eosinophilicgastrointestinal disorders;EGIDs)が挙げられる.好酸球性食道炎は本邦ではまれと考えられていたが,近年増加傾向にある.このような増加は疾患認知度向上のみでは説明できない.さらに,胃がん検診の普及している本邦では上部消化管内視鏡検査で偶然見つかる無症候性好酸球性食道炎も存在し,その自然史の解明が待たれている.一方,好酸球性胃腸炎は食道以外の消化管を病変の主座とする疾患群であるが,最近は臓器ごとに好酸球性胃炎,好酸球性十二指腸炎,好酸球性小腸炎,好酸球性大腸炎と定義する傾向にある.罹病消化管が複数存在する症例や好酸球浸潤範囲(粘膜優位型,筋層優位型,全層型,漿膜下優位型)により病状は大きく異なることも疾患の特徴を複雑にしている.

EGIDs の病態に関して,とくに好酸球性食道炎についてさまざまなサイトカインや炎症細胞の役割が詳細に解明されつつある.しかし,本邦ではステロイド以外保険適用がないのが大きな課題である.2022 年FDA(米国食品医薬品局)は好酸球性食道炎に対して初めて生物学的製剤であるデュピルマブを認可した.好酸球性胃腸炎は難治例が多く,ステロイド依存例もみられることから,生物学的製剤の開発が求められる.EGIDs は指定難病であり,厚生労働省研究班より新生児・乳児と幼児・成人の二つのガイドラインが発行された.

その他の消化管アレルギー疾患としてセリアック病が挙げられる.セリアック病はT 細胞が関与する小麦成分グルテンに対するアレルギー疾患であり,病名はよく知られているが本邦ではまれであるため,疾患認知度は低い.現在,日本消化器病学会関連研究会であるアレルギー消化器疾患研究会(代表:穂苅量太教授)を中心に多機関臨床調査研究が進行中である.

このような背景をもとに本特集を組ませていただいた.各項目はその分野のエキスパートの先生方に執筆をいただいており,消化器内科の診療に携わる医師,看護師,メディカルスタッフとして必要な知識が得られると考える.


藤原 靖
大阪公立大学大学院医学研究科消化器内科学

目次

【特集目次】 「臨床に必要な消化管アレルギー疾患」

巻頭言 /藤原 靖弘

1.消化管アレルギー疾患総論/穂苅 量太 他

2.消化管アレルギー疾患の病態と分類/髙橋 壮,飯島 克則

3.食物アレルギー

(1)診断/福冨 友馬

(2)治療/伊藤 悠,佐藤さくら 他

4.好酸球性消化管疾患

(1)診療ガイドライン/山田 佳之

(2)病態と臨床経過/石村 典久,石原 俊治

(3)好酸球性食道炎

a.診断/門馬 絵理,岩切 勝彦 他

b.治療/阿部 靖彦 他

c.無症候性好酸球性食道炎/田中 史生 他

(4)好酸球性胃腸炎

a.診断/今枝 博之 他

b.治療./栗林 志行,浦岡 俊夫 他

5.新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症/新井 勝大

6.セリアック病/松本 主之

【連載】

「胃炎の京都分類」の使い方

第12回 P-CABに伴う胃症の内視鏡像/久保 公利 他

胆膵超音波内視鏡の読み方と描出法

第12回 膵充実性病変1/丸木 雄太,肱岡 範 他

大腸ポリープに挑む

第13回 内視鏡的大腸ポリープ切除後サーベイランス/堀田 欣一 他

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:12.7MB以上(インストール時:28.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:50.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:12.7MB以上(インストール時:28.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:50.6MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784004003806
  • ページ数:112頁
  • 書籍発行日:2023年5月
  • 電子版発売日:2023年5月18日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:2

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。