脳機能 入門

  • ページ数 : 256頁
  • 書籍発行日 : 2023年7月
  • 電子版発売日 : 2023年7月21日
¥9,900(税込)
ポイント : 540 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

医師・リハスタッフが知りたい脳機能ぜんぶ

最新の知見に基づく脳機能、機能局在、機能障害と症状、治療、リハビリの実際から回復過程まで、医師やリハスタッフが知りたいことすべてについて、豊富なイラストや画像を使って丁寧に解説。症状やリハの実際がよくわかる動画付きで臨床で使える1冊。

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

序文

はじめに


「脳は複雑で理解しにくい」と医学部学生からよく聞きます。実際、脳はまだまだ未開拓で、分かっていることのほうがむしろ少なく、単純化して理解することは難しいと私自身、感じています。現在、世界では多くの研究者が脳の仕組みを明らかにしようと研究を続けています。私も、覚醒下脳手術から得られる脳機能局在の知見から脳機能に関心を持ち、脳神経外科の臨床から得られる多くの情報を用いて仲間とともに研究しています。その過程で脳の巧妙な仕掛けに気付き、驚くことが多々あります。

本書は、現在知られている脳機能とそれを担う神経ネットワーク、その障害と機能回復について、できるだけ単純化してまとめました。脳の医療を学ぶ学生、および脳疾患にかかわるすべての医療者に向けて、脳への苦手意識を払拭し、脳の機能を理解してもらうために作った1冊です。具体的な対象は、脳に関心のある医学部学生、脳疾患にかかわる医師、看護師、PT・OT・ST、検査技師と多職種の医療者を想定しています。脳に関する書籍は数多く出版されていますが、これまでの本にはない取り組みとして、症例ビデオの収載が挙げられます。神経学的異常所見は一度診ると忘れないものですが、見たことがないとなかなか理解できない症状があります。本書の構想は2017年に始まり、脳疾患を有する患者さんの同意を得て、典型的な神経学的所見をビデオに収め蓄積していました。分かりにくい神経症候を、実際の症例ビデオから学んでいただきたいと思います。

本書の構成として、最初に総説を設け、脳機能の考え方や機能局在、白質神経線維について概説し、臨床に即してMRI画像と神経症候を符合した図を掲載しました。その後の各論では機能別に、これまでに明らかとなっている機能概要、機能局在、障害からの回復過程、そして症例紹介の順に解説しました。各項では、専門用語や分かりにくい単語をKeywordsとして取り上げ、補足説明しました。また、興味深い最近の話題をTopicsとして取り上げ、読み物として楽しんでいただけるよう、各項の最後に掲載しました。全体で統一感を出すため、ほとんどの各論で脳機能局在と白質神経線維の図は木下雅史講師、症候の回復過程と症例紹介は中嶋理帆助教が担当し、構成は同一となるよう編集しました。

初学者からエキスパートまで、少しでも本書を臨床や研究、教育にお役立ていただけましたら幸甚です。本書の出版にあたり、担当各論の最近の知見をまとめ書き上げた執筆者に感謝いたします。また、本書の試みに理解を示し、自身の病歴や症状の記載と症状ビデオの掲載に快く承諾いただきました多くの患者さんに深謝いたします。最後に、本書を担当していただきましたメディカ出版の岡 哲也氏には大変お世話になりました。この場を借りまして厚くお礼申し上げます。


2023年 6月

金沢大学医薬保健研究域医学系
脳・脊髄機能制御学 教授
中田 光俊

目次


・はじめに

・編集・執筆者一覧

【1章 脳機能総論】

A 脳機能の基本法則

B 大脳皮質機能局在

C 大脳白質神経線維と機能

D 大脳局所障害による神経症状

【2章 脳機能とその障害を理解する】

A 運動機能

B 感覚機能

C 視覚機能

D 高次脳機能:言語

・i 失語症総論

・ii 背側経路

・iii 腹側経路

・iv 駆動経路

・v 失語症の評価とリハビリテーション

E 高次脳機能:失認

F 高次脳機能:行為

G 高次脳機能:記憶

H 高次脳機能:注意

I 高次脳機能:遂行機能

J 高次脳機能:視空間認知

K 高次脳機能:社会的認知

L 高次脳機能:その他の右半球症状

地誌的見当識障害、着衣障害、構成障害

M 高次脳機能:その他の左半球症状

失読、失算、ゲルストマン症候群

N 小脳機能

O 脳幹機能

・WEB動画の視聴方法

・索引

・編著者紹介

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:1.5GB以上(インストール時:3.0GB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:5.9GB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:1.5GB以上(インストール時:3.0GB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:5.9GB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784840481786
  • ページ数:256頁
  • 書籍発行日:2023年7月
  • 電子版発売日:2023年7月21日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

※ファイル容量が大きいため、ご利用環境によっては、データのダウンロードに時間を要します場合がございます。ご了承ください。