臨牀消化器内科 2023 Vol.38 No.10 ここまで進んだ肝硬変診療

  • ページ数 : 112頁
  • 書籍発行日 : 2023年8月
  • 電子版発売日 : 2023年9月8日
¥3,300(税込)
ポイント : 180 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

特集「ここまで進んだ肝硬変診療」

 肝硬変には肝予備能や予後・QOL の改善が期待できない限界点,すなわち「Point of No Return」も存在します.「これからの肝硬変診療」は「Point of No Return」を明らかにし,乗り越えていくことではないでしょうか.

目次

【特集目次】 「ここまで進んだ肝硬変診療」

巻頭言 /清水 雅仁(ゲストエディタ)

1.肝硬変診療ガイドラインを読み解く-Annual Reviewを踏まえて/赤羽たけみ,吉治 仁志

2.肝硬変の診断

(1)Acute-on-chronic liver failure(ACLF)-その病態,診断基準と課題/持田 智

(2)肝線維化マーカーと画像診断/飯島 尋子 他

3.成因別肝硬変の診断と治療

(1)ウイルス性肝硬変の治療-非代償性も含めた治療成績/田畑 優貴,疋田 隼人

(2)NASH肝硬変の診断と治療-MAFLDの概念も含めて/川口 巧 他

(3)アルコール性肝硬変の診断と治療-診療のコツは?/岩佐 元雄

4.肝硬変合併症の治療

(1)肝性浮腫に対する最新の治療-肝腎相関も含めて/西山夏子,高見 太郎 他

(2)肝性脳症に対する最新の治療-不顕性肝性脳症の病態も含めて/星川 恭子,上野 義之

(3)静脈瘤と門脈血栓症の治療-薬物療法から内視鏡治療,IVRまで/日高 央 他

(4)肝硬変にみられる心肺系の異常-肝肺症候群,PoPH,肝硬変性心筋症/田中 雄紀,黒崎 雅之 他

5.肝硬変の栄養療法と運動療法-サルコペニア対策も含めて/徳本 良雄,日浅 陽一

6.肝硬変症の次世代治療の開発-抗線維化治療と肝再生療法/寺井 崇二 他

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:12.5MB以上(インストール時:28.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:50.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:12.5MB以上(インストール時:28.9MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:50.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784004003810
  • ページ数:112頁
  • 書籍発行日:2023年8月
  • 電子版発売日:2023年9月8日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:2

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。