呼吸器外科 morbidity and mortality conference

  • ページ数 : 282頁
  • 書籍発行日 : 2023年8月
  • 電子版発売日 : 2023年9月15日
¥22,000(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 600pt ( 3 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

手術合併症101事例を動画付きで解説!

ときにリスクを伴う外科手術. 何度かこわい思いをした呼吸器外科医は多いことでしょう.
本書は呼吸器外科手術の合併症に特化した初めての書籍です. 合併症と医療安全に関する総論と, 手術合併症事例を解説した各論から構成されています.
各論では, 多施設から集められた全101事例を動画付きで提示してその原因と対策を解説, また, 事例を客観的に検討するため, 担当医とは別の施設の医師の評価も収載しています.
いわば誌上での Morbidity and Mortality conference を通して今後の呼吸器外科手術をより安全に行うことができるよう, 普段は共有されることのない合併症事例・経験を書籍化!

序文

序文

呼吸器外科手術は最もリスクのある手術かもしれません.肺動脈,肺静脈,無名静脈など心臓に直結する血管を扱い,一度それらの血管を損傷すれば大出血となり患者さんの生命を脅かす可能性があるからです.私も今まで何度か怖い思いをしてきました.最もひどい経験をしたのは胸腔鏡下肺癌手術を始めてまもなくの頃に行った左上葉切除時のA3 損傷です.すぐに開胸したにもかかわらず一時止血ができず,その時はあまりの出血で血圧は30 台となり,開胸心マッサージを行いました.「もう駄目か…」と思ったその時,出血する血液さえもなくなってしまったことにより血管の裂け目が見えたのです.即座に血管サイドクランプ鉗子で裂けた部位を閉鎖し,麻酔科医に急速輸血をお願いしました.すると徐々に血圧も出てきたのです.その患者さんは幸いにも後遺症なく7日後に元気に退院されました.患者さんのコンディションや麻酔科医,看護師の協力により低血圧の時間が短かったこともあっての本当に幸運な事例でした.血管損傷による大出血には,最後の最後にワンチャンスあると学んだ恐ろしい経験です.外科医なら,きっといろいろな経験をしているはずですが,苦い経験についてはあまり発表したくないものです.しかしながら公表しないとそこだけの経験になってしまいます.たとえ学会で発表したとしても会場にいなければ,その貴重な経験を共有することはできません.また,近年,開胸手術や多孔式の胸腔鏡手術だけでなく,ロボット手術や単孔式手術など新しい手技が行われています.新しい手技には新しい合併症の対処法が必要です.それらの対処法を呼吸器外科医が習得することは必須ですが,なかなか経験しないとわからないことも多いものです.

今まで合併症に特化した書籍はありませんでした.そこで多くの呼吸器外科医のご協力のもと,今まで多施設で経験した合併症を共有し,今後の呼吸器外科手術をより安全に行うことを目的とした書籍の発刊を企画しました.総論では呼吸器外科全般の合併症,肺・縦隔手術の合併症対策,アプローチごとの合併症,術後合併症,心臓外科医から見た合併症対策,弁護士から見た医療安全について,その道のエキスパートに執筆していただきました.各論では,今までいろいろな施設が経験した101例の合併症を担当医が動画付きで解説し,その原因と対策を記載していただきました.さらに,事例検討会(morbidity and mortality conference)のように客観的に検討するため,担当医とは別の施設の医師に評価者として意見を追記していただいています.なお,合併症の発生した症例を扱っておりますので個人情報守秘の観点から,どの症例がどの施設から報告され,誰が評価したのかは伏せていることをご理解ください.

大出血の映像を観ると動悸がすることさえありますが,これからの手術を安全に行うために,そして皆さんが今後怖くて辛い思いをしないように本書を「転ばぬ先の杖」としていただければ幸いです.

最後に,この企画に賛同していただいた執筆者の先生方,そして,素晴らしいたくさんのメディカルイラスト,および表紙・カバーデザインを引き受けていただいた森真由美さん,南山堂をはじめ,本書の制作に携わった方々に感謝申し上げます.


2023年6月

藤田医科大学岡崎医療センター呼吸器外科
須田 隆

目次

総 論

1章 呼吸器外科手術の合併症(須田 隆)

 1 術中合併症

 2 術後合併症

 3 呼吸器外科手術における死亡率

 4 合併症発生の予防と対策

2章 肺切除術における術中出血とその対策(渡辺俊一)

 1 出血時の初期対応(一時止血操作)

 2 PA 壁損傷部位の修復(二次止血操作)

3章 縦隔腫瘍手術時における術中出血とその対策(須田 隆)

 1 手術前の準備

 2 前縦隔腫瘍手術アプローチによる違いについて

 3 内視鏡手術時に生じた左腕頭静脈出血の対応

 4 側臥位での上大静脈・腕頭静脈損傷への対応

 5 胸骨正中切開による上大静脈・腕頭静脈損傷への対応

4章 胸腔鏡下手術時のトラブルシューティング(文 敏景)

 1 手術前の準備

 2 胸腔鏡下手術の血管損傷時の対応

 3 開胸移行のタイミングと方法

 4 気管・気管支損傷

5章 単孔式手術における出血とその対策(須田 隆)

 1 緊急時に使用する器具について

 2 安全な単孔式手術のために

 3 出血時の一時止血

 4 一時圧迫止血後の止血法

 5 緊急開胸

6章 ロボット支援下手術時のトラブルシューティング(中村廣繁)

 1 ロボット支援下手術時のトラブルの種類と特徴について

 2 ロボット支援下手術の合併症についての文献的報告

 3 トラブルに対する備えをどうするか?

 4 知っておくべき具体的トラブルシューティング

 5 手術支援ロボットシステムのトラブルとその対処法

7章 肺癌手術術後合併症とその対策(田川 努)

 1 術後出血

 2 肺捻転

 3 疼痛対策

 4 不穏対策

 5 術後の遷延性肺瘻(空気漏)

 6 無気肺,喀痰排出障害,肺炎,誤嚥性肺炎

 7 神経損傷,麻痺

 8 手術後不整脈,虚血性心疾患,心不全

 9 手術後の胸水貯留

 10 乳び胸

 11 深部静脈血栓症,肺動脈血栓症,動脈血栓症

 12 急性膿胸

 13 気管支断端瘻

 14 ARDS,間質性肺炎の急性増悪

 15 肺切除後咳嗽

 16 手術創感染(SSI)

8章 呼吸器外科医に必要な心臓外科手術手技(碓氷章彦/福本紘一)

 1 制御し難い出血に対する対応

 2 術前診断を越える心臓・大血管への腫瘍浸潤

 3 その他の心臓外科医への緊急要請

 4 呼吸器外科手術における人工心肺装着

9章 医療事故対策とその対応(黒岩将史)

 1 医療事故発生に係る対応

 2 医療過誤防止のための対応

各 論

【肺動脈関連合併症】

 1 気管支先行切離時の肺動脈損傷

 2 肺動脈切離部を誤って把持して出血

 3 単孔式肺葉切除時の肺動脈出血

 4 高度分葉不全症例における気管支先行処理時の肺動脈損傷

 5 Vessel sealing device による肺動脈切離部の閉創後出血

 6 気管内挿管チューブ抜管後のsealing による肺動脈切離部の出血

 7 左上下葉間ステープラー挿入時の肺動脈損傷

 8 左上葉切除時の肺動脈A3 損傷

 9 左上区切除時の肺動脈損傷

 10 左下葉葉間切離時の電気メスによる肺動脈損傷

 11 残肺全摘時の心嚢内右主肺動脈の損傷

 12 右上下葉間切離時にA6 を損傷

 13 ロボット支援下手術での剥離操作による右A2 出血

 14 左上葉肺癌に対する左縦隔枝切離の際のステープル操作での肺動脈損傷

 15 助手による肺の牽引過剰により肺動脈を損傷

 16 鉗子でペンローズドレーンを把持した際に肺動脈を掴んで出血

 17 右上葉切除後中葉切除時の中葉肺動脈損傷

 18 ロボット支援下手術における左上葉切除時のA1+2c の損傷

 19 右上葉切除時のA2b の損傷

 20 左下葉切除でのA6a+c の損傷

 21 ロボット支援下手術におけるA2b 損傷

 22 単孔式手術で止血困難であったL 字型フック跳ね上がりによる肺動脈損傷

 23 ロボット支援下手術におけるカーブドシザースの背面での肺動脈損傷

 24 左舌区域切除時のステープラー操作による舌区縦隔枝肺動脈損傷

 25 右上葉切除時のA3 単独枝炎症性LN のよる結紮時の出血

 26 左上葉切除時の左肺動脈A1+2 の起始部の石灰化LN の対応

 27 右上葉S3 +中葉合併部分切除時の肺内肺動脈損傷

 28 肺動脈結紮糸の脱落による出血

 29 超音波凝固切開装置のキャビテーションによる肺動脈損傷

 30 右上幹肺動脈切離時のステープラーミスファイア

 31 血管損傷時のアルゴリズムに沿って開胸移行した肺動脈損傷

 32 ステープラーの挿入時に起こったアンビルによる肺動脈損傷

 33 過度な牽引による肺動脈損傷

 34 フックの慣性力による肺動脈損傷

 35 葉間形成時の不用意な器具操作による肺動脈出血

 36 左肺舌区切除後 completion lobectomy 時の肺動脈損傷

 37 ロボット支援下手術時のステープラーによる区域間切離時の肺動脈損傷

 38 左舌区および底区区域切除後の閉創前に生じた肺動脈出血

 39 気管分岐部切除再建術の際に発生した肺動脈出血

 40 体外循環を使用して止血したロボット支援下手術の右肺動脈本幹損傷

【肺静脈関連合併症】

 41 ステープラー閉鎖時の肺静脈損傷

 42 エネルギーデバイスによる肺静脈損傷

 43 電気メスによる右下肺静脈損傷による出血(全面癒着症例)

 44 ロボット支援下手術での左下肺静脈損傷

 45 ロボット支援下手術での右下肺静脈損傷

 46 上中葉間切離時の上葉肺静脈損傷

 47 肺静脈にステープラーのB 針が知恵の輪のように絡む偶発症

 48 フック型電気メスでの出血による右下肺静脈損傷

 49 左上葉切除時の左肺静脈共通幹誤切離

 50 左肺上葉切除後に発生した急性脳梗塞

【気管・気管支の合併症】

 51 右上中葉切除後の中間気管支幹屈曲に対する気管支管状切除術

 52 ロボット支援下手術左上葉切除時の肺動脈および気管支損傷

 53 エネルギーデバイスによる中間気管支幹損傷

 54 ロボット支援下手術での左上葉気管支膜様部損傷

 55 Vessel sealing device による左主気管支膜様部損傷

 56 右S8,S9 区域切除時のB8 損傷

 57 左下葉切除時に気管支剥離操作で下葉気管支壁に穴を開ける

 58 気管分岐部郭清時のキャビテーションによる対側気管支損傷

 59 気管支周囲剥離時の膜様部損傷

 60 右下葉切除後の気管支断端瘻に対する断端瘻縫合閉鎖と広背筋被覆術

 61 右下葉切除後の気管支断端瘻

 62 気管分岐部に発生した気管食道瘻に対する気管ステントが瘻孔へ逸脱した一例

 63 硬性気管支鏡下気管ステント留置時における硬性気管支鏡の胸腔内への穿孔

 64 RATS lobectomy における気管支壊死

 65 原発不明癌による気道狭窄に対して留置したシリコンステントの縦隔への逸脱

【心大血管の合併症】

 66 癒着剥離時のエネルギーデバイスによる下行大動脈損傷

 67 左下葉切除における気管支切断時の気管支動脈損傷

 68 未診断肺腫瘍に対する術中針生検での下行大動脈誤穿刺

 69 吸引管による気管支動脈クリップの脱落

 70 縦隔鏡検査時の腕頭動脈損傷

 71 剣状突起下アプローチ単孔手術における心臓損傷

 72 肺尖部剥離時の鎖骨下動脈損傷73 右縦隔郭清時の腕頭動脈損傷

 74 ロボット支援下手術時の肋間動静脈損傷による開胸移行

 75 エネルギーデバイスによる胸腺静脈の切離時の左腕頭静脈損傷

 76 胸腺全摘時の胸腺静脈切断後に出血

 77 剣状突起下アプローチ単孔式胸腺摘出時の左腕頭静脈損傷

 78 ステープラーによる上葉気管支切離時の奇静脈弓巻き込みと剥離時の奇静脈弓損傷

 79 上大静脈損傷後の後出血

 80 右上葉切除後上縦隔郭清時の上大静脈損傷

【その他の合併症】

 81 剣状突起下アプローチによるロボット支援下手術胸腺摘出時の右横隔膜損傷

 82 胸膜切除/ 肺剥皮術後の横隔膜ヘルニア

 83 右上葉切除+上縦隔リンパ節郭清後の乳び胸

 84 リンパ節切除後の乳び胸に対して漏出部位を確認できた症例

 85 右上縦隔リンパ節郭清後に発症した乳び胸

 86 右上葉切除,ND2a-1 術後発症乳び胸に対する乳び漏出部直接閉鎖術

 87 上縦隔リンパ節郭清による術後乳び胸

 88 ガーゼによる肺動脈断端ステープルの誤損傷

 89 肺動脈切断時にガイド用ペンローズをかみ込む

 90 電動式ステープラーのボタンが患者の身体に当たりご操作

 91 2 列血管用ステープラーの細径血管への適応

 92 ジョー内の焦げた組織付着によるVessel sealing device と肺動脈との固着

 93 血管断端ステープルと綿棒の引っかかりによる出血

 94 da Vinci インストゥルメントの誤抜去

 95 ステープラー先端でのリンパ節損傷

 96 食道癌術後の肺切除術中に生じたリークテスト時の呼吸不全

 97 ロボット支援下手術でのポート出血

 98 肺移植における右肺動脈切離時のスワンガンツカテーテルのかみ込み

 99 左肺上区域切除後の舌区捻転

 100 右上葉肺癌fissureless lobectomy 後の中葉軸捻転

 101 ロボット右中葉切除術における上葉捻転発症および整復

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:212.4MB以上(インストール時:431.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:849.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:212.4MB以上(インストール時:431.1MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:849.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784525311018
  • ページ数:282頁
  • 書籍発行日:2023年8月
  • 電子版発売日:2023年9月15日
  • 判:A4判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。