新篇眼科プラクティス 10 神経眼科はじめの一歩

木村 亜紀子 (編) / 大鹿 哲郎 (編) / 園田 康平 (シリーズ編集) / 近藤 峰生 (シリーズ編集) / 稲谷 大 (シリーズ編集) / 文光堂

  • ページ数 : 312頁
  • 書籍発行日 : 2023年10月
  • 電子版発売日 : 2023年10月17日
¥13,200(税込)
ポイント : 240 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

眼科診療のスタンダードをビジュアルに解説!実践的シリーズの決定版!!

神経眼科について,フローチャートや図表をふんだんに用いて初学者にもわかりやすく解説.新しい概念や知見も取り入れており,臨床ですぐに役立つ.神経眼科分野に興味をもったらまず読んでいただきたい一冊.

序文

「神経眼科はじめの一歩」序文

今から約30年前の1994年,安達恵美子先生編集の眼科診療プラクティス『やさしい神経眼科』が発刊されています.その後,プラクティスシリーズでは,丸尾敏夫・林 孝雄先生編集の『眼球運動とその異常』(1999年),根木昭先生編集の『これならわかる神経眼科』(2005年)が発刊されていますし,それ以外でも神経眼科の巨匠による著書が刊行されています.神経眼科は今もマイナーな分野かもしれませんが,皆が必要に感じている分野ではないかと思います.

2004年から2005年にかけて,NMO-IgGがAQP4抗体であることが確認され,視神経炎の疾患概念が大きく変わりました.AQP4抗体陽性視神経炎が視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)に属すること,視神経脊髄炎 (NMO) や多発性硬化症 (MS) とは明らかに異なる疾患としてのMOG関連疾患 (MOGAD) の確立など,新たな知見も得られています.しかし,プラクティスシリーズの神経眼科は15年以上改新されていませんでした.

そこで,新篇プラクティスシリーズでは『神経眼科はじめの一歩』として,視神経炎をはじめとする代表的な神経眼科疾患における新しい概念を取り入れ,さらに,これまで記載のなかった眼瞼痙攣や脳脊髄液漏出症,中枢性羞明など,神経眼科分野として眼科医が診療にあたるようになった新しい疾患分野についての項目も設けました.そのページを読めば,初学者でも疾患概念を理解しながら診療にあたれるような手引きにしたいと考えました.

執筆いただいた先生方は,その分野に造詣が深く,長年の経験から得られた知恵やコツなどを内容に盛り込んでいただき,さらに初学者が臨床ですぐに用いることができるようやさしい解説にしていただきました.

この新篇プラクティスシリーズ『神経眼科はじめの一歩』をきっかけに,神経眼科分野を専門分野にしようと考える若い医師が増えることを期待しています.


2023年9月

木村亜紀子
大鹿哲郎

目次

【総説】

神経眼科を始めよう

【解説】

Ⅰ.視神経疾患

1.総論

 1)問診・視診

 2)検査

2.各論

 1)視神経炎の分類

[C]AQP4抗体陽性視神経炎の急性期治療と再発予防

[T]COVID–19と視神経炎

 2)視神経症の分類

[T]内因性光感受性網膜神経節細胞

 3)特発性頭蓋内圧亢進症

 4)視神経腫瘍

[O]視神経疾患と鑑別が難しい網膜疾患

Ⅱ.瞳孔異常

1.総論

2.各論

 1)Adie症候群(瞳孔緊張症)

 2)Horner症候群

 3)中脳背側病変

Ⅲ.視路疾患

1.総論

2.各論

 1)視交叉病変

[O]頭蓋内疾患の視野

 2)視索病変

 3)外側膝状体病変

 4)視放線以降の病変

Ⅳ.眼球運動障害

1.総論

 1)中枢から末梢への指令

 2)水平眼球運動と垂直眼球運動

 3)眼位・眼球運動の診方

 4)複視の診方・考え方

[A]複視に対するボツリヌス毒素療法

2.各論

 1)外眼筋自体の疾患

 2)神経筋接合部障害

 3)末梢性眼球運動障害

[T]上斜筋(滑車神経)麻痺とsagging eye症候群の鑑別

[C]CDDsを知っていますか?

 4)中枢性眼球運動障害

Ⅴ.眼窩疾患

1.総論

2.各論

 1)甲状腺眼症

 2)IgG4関連眼疾患

 3)特発性眼窩炎症

 4)眼窩悪性リンパ腫

 5)眼窩蜂巣炎

 6)眼窩静脈瘤

Ⅵ.眼瞼の異常

1.総論

2.各論

 1)眼瞼痙攣

[O]羞明と眼痛

 2)片側顔面痙攣

[A]眼瞼痙攣に対するボツリヌス毒素療法+α

 3)異常連合運動

 4)眼瞼下垂と眼瞼後退症

 5)眼球使用困難症候群

[O]中枢性羞明

Ⅶ.外傷による神経眼科疾患

1.総論

2.各論

 1)眼窩骨折

 2)外傷性眼運動神経麻痺

 3)外傷性視神経症

 4)脳脊髄液漏出症

Ⅷ.全身疾患と神経眼科的症状

1.総論

2.各論

 1)ミトコンドリア病

 2)多発性硬化症

 3)肥厚性硬膜炎

 4)腫瘍随伴症候群

 5)Wernike脳症

 6)visual snow症候群

 7)不思議の国のアリス症候群


索引

Controversy=[C]

Topics=[T]

One Point Advice=[O]

Advanced Techniques=[A]

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:29.5MB以上(インストール時:69.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:118.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:29.5MB以上(インストール時:69.0MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:118.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784830656231
  • ページ数:312頁
  • 書籍発行日:2023年10月
  • 電子版発売日:2023年10月17日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。