エキスパートが鑑別する 小児の画像診断

  • ページ数 : 952頁
  • 書籍発行日 : 2023年10月
  • 電子版発売日 : 2023年10月20日
¥14,300(税込)
ポイント : 260 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

雑誌「小児科臨床」の連載を書籍化。約300症例をQ&A方式で、画像所見とともにエキスパートがわかりやすく解説。

●雑誌「小児科臨床」で1989年にスタートした好評連載“今月の症例”を書籍化
●2022年12月号までの約300症例をQ&A方式で掲載
●臨床医が、日常診療で遭遇する可能性の高い「頭部(脳)・脊椎(脊髄)」「頭頸部」「胸部・心大血管」「腹部」「泌尿生殖器」「骨軟部」の画像の読み方、考え方をエキスパートがやさしく解説

序文

はじめに


雑誌『小児科臨床』では,1989年からクイズ形式で,小児の画像診断の実際をエキスパートの先生方が解説する連載「今月の症例」を掲載しております.

この連載「今月の症例」をご企画いただきました小田切邦雄先生(現:横浜青葉台クリニック院長)は,「当初からの方針として,主に臨床医が日常診療で遭遇する可能性があり,その参考になりうる症例を提示するように努めてきた」と,企画の主旨で述べておられます.

2016年には,1989~2016年までの症例をまとめ,増刊号『Q&Aで学ぶ小児の画像診断のポイント』として発行し,好評を頂きましたが,それから7 年が経過し,貴重な症例を含むこれらの膨大な数の画像は,小児科診療の現場で必ず役立つとの判断から,このたび改めて書籍化することとなりました.

今回の書籍化に際し,2016年以降に掲載した新たな画像を追加したため,症例数約300というまさに小児画像の集大成となりました.

読者の皆さまが,小児科診療の現場で,見慣れない画像に出会ったり,鑑別の難しい症例に出くわしたときなどにも,大いに本書を活用し,日常診療の一助としていただければ,幸いに存じます.

最後に,連載を企画していただいた小田切邦雄先生,膨大な症例を通覧,整理していただきました野坂俊介先生(国立成育医療研究センター放射線診療部),現在「今月の症例」の連載にご協力いただいております宮嵜 治先生(国立成育医療研究センター放射線診療部),そしてお忙しい中,この連載にご寄稿いただいた先生方に,改めて心からの感謝を申し上げます.


2023年9月

『小児科臨床』編集部

目次

1.頭部(脳)・脊椎(脊髄)

総論 頭部(脳)・脊椎(脊髄)の画像診断

1 折り返しアーチファクト(異常なし)

2 クモ膜顆粒

3 先天性前鼻孔狭窄症

4 陳旧性頭血腫

5 異物(竹の箸)

6 外傷性脳梗塞(ラクナ梗塞)

7 Joubert症候群

8 Talorʼs focal cortical dysplasia/focal transmantle cortical dysplasia

9 Pelizaeus-Merzbacher disease(PMD)

10 septo-optic dysplasia(SOD)

11 Wilson病(肝硬変)

12 メロシン欠損型先天性筋ジストロフィー

13 Menkes病

14 白質脳症

15 Sturge-Weber症候群

16 結節性硬化症

17 脳梗塞

18 もやもや病(Willis動脈輪閉塞症)

19 上矢状静脈洞血栓症

20 右S状静脈洞血栓症

21 posterior reversible encephalopathy syndrome:PRES(高血圧脳症)

22 hemiconvulsion-hemiplegia-epilepsy syndrome

23 深部大脳半球間裂脂肪腫(脳梁脂肪腫)

24 胚細胞腫

25 胚芽異形成性神経上皮腫瘍

26 頭蓋咽頭腫

27 髄芽腫による閉塞性水頭症

28 三側性網膜芽細胞腫,閉塞性水頭症

29 small round cell tumorなどの高い細胞密度からなる腫瘍

30 急性リンパ性白血病(ALL)の視神経浸潤(ALL中枢神経系再発)

31 granulocytic sarcoma(chloroma)

32 os odontoideumを伴った前屈位環軸椎亜脱臼(環軸椎不安定症)

33 椎間板石灰化症

34 胸椎結核性脊椎炎

35 開放性脊髄髄膜瘤

36 occult spinal dysraphism(潜在性脊髄閉鎖障害(潜在性二分脊椎))

37 Currarino症候群(仙骨前方の腫瘤,仙骨の変形,鎖肛),脊柱管内の脂肪腫,右鼠径ヘルニア

38 Guillain-Barré 症候群

39 脊椎管内から左側傍脊椎にかける腫瘍(dumbbell type)

40 急性リンパ性白血病

41 脊椎管内腫瘤性病変

42 左眼窩骨膜下膿瘍,篩骨洞炎・上顎洞炎

43 MTX脳症

44 atretic cephalocele(停止性瘢痕性脳瘤)

45 福山型先天性筋ジストロフィー

46 視神経脊髄炎関連疾患

47 後頭部先天性皮膚洞・類皮腫に合併した脳腫瘍

48 脳静脈洞血栓症

49 抗MOG抗体陽性視神経炎

50 第一次硝子体過形成遺残

2.頭頸部

総論 頭頸部の画像診断

1 急性喉頭蓋炎

2 咽後膿瘍

3 咽頭後間隙に液体貯留を認めた川崎病

4 木村病(軟部好酸球性肉芽腫)

5 Kikuchi-Fujimoto disease(histiocytic necrotizing lymphadenitis)

6 右耳下腺乳児血管腫

7 反復性耳下腺炎

8 異所性頸部胸腺

9 異所性甲状腺

10 筋性斜頸

11 fibromatosis colli

12 囊胞状リンパ管腫

13 左唾液腺炎を合併した顎下腺結石(唾石:腺管移行部)

14 顎下型ガマ腫(潜入性ガマ腫,diving ranula)

15 梨状窩瘻孔による急性化膿性甲状腺炎

16 右下咽頭梨状窩瘻

17 脂肪芽腫

18 乳児型線維肉腫

19 基底細胞母斑症候群

20 SAPHO症候群

21 静脈奇形

22 中耳炎および内耳奇形疑い(内耳奇形(Mondini奇形)による細菌性髄膜炎)

23 喉頭蓋谷囊胞

24 筋性斜頸

25 声門下血管腫

26 舌扁桃肥大

27 新生児梨状窩瘻(囊胞)

28 ピーナッツ誤嚥

29 感染を合併した囊胞状リンパ管奇形

30 乳児筋線維腫(症)

3.胸部・心大血管

総論 胸部・心大血管の画像診断

1 無脾症候群

2 Bochdalek hernia

3 横隔膜ヘルニア

4 遅発性先天性横隔膜ヘルニアまたは横隔膜弛緩症,胃の軸捻転

5 食道裂孔ヘルニア(滑脱型)

6 食道裂孔ヘルニア

7 Morgagni孔ヘルニア

8 横隔膜弛緩症(右側)

9 esophageal lung

10 無気肺

11 左上葉無気肺

12 気管狭窄を伴った左肺動脈右肺動脈起始症

13 左肺動脈右肺動脈起始,気管・気管支狭窄

14 気管狭窄

15 心外動静脈奇形(Galen静脈瘤)によるうっ血性心不全

16 先天性風疹症候群

17 左主気管支の高度狭窄による胎児肺胞内液の排出・吸収障害(縦隔気管支原性囊腫による)

18 空気塞栓

19 羊水過少に伴う肺の低形成が原因と考えられる air leak(気縦隔).羊水過少は常染色体潜性(劣性)多囊胞腎に起因し,Caroli病を合併

20 oligohydramanios related lung hypoplasis syndrome(Potter症候群)

21 nasogastric tubeの胸腔内迷入による緊張性気胸

22 気縦隔

23 縦隔気腫,皮下気腫および硬膜外気腫

24 先天性大葉性肺気腫

25 先天性囊胞状腺様奇形, Type 1

26 肺葉外肺分画症

27 肺葉外肺分画症捻転

28 round pneumonia

29 胸水を伴う肺炎

30 dysmotile(dyskinetic)cilia syndrome (Kartagener syndrome)

31 左側後縦隔に進展した胸腺

32 反応性胸腺過形成または再発(原疾患の胸腺浸潤)

33 前縦隔腫瘤を伴ったランゲルハンス細胞組織球症

34 前縦隔奇形腫

35 縦隔奇形腫およびその破裂に伴う化学性胸膜炎

36 気管支原性囊胞

37 後縦隔腫瘍

38 神経芽細胞腫

39 enteric cyst(duplication cyst)

40 円形肺炎

41 ランゲルハンス細胞組織球症

42 ランゲルハンス細胞組織球症

43 胸膜肺芽腫

44 肋骨の外骨腫による左血胸

45 肋骨原発の Ewing肉腫

46 左気管支内の異物,左肺の過膨張と左下葉の浸潤影

47 気道異物

48 外因性圧迫(食道異物)による気管狭窄

49 pneumatocele

50 外傷性肺囊胞

51 大動脈炎症候群

52 右鎖骨と右第一肋骨によるカテーテルの圧迫

53 Kikuchi-Fujimoto disease(亜急性壊死性リンパ節炎)

54 声門下血管腫

55 brown fat necrosis

56 左肺低形成を伴った馬蹄肺

57 正常胸腺

58 Swyer-James syndrome

59 hypogenetic lung syndrome(scimitar syndrome)

60 肺動静脈奇形

61 異所性に進展する正常胸腺

62 奇静脈葉

63 先天性気管支閉鎖症

64 乳房

65 胸腺脂肪腫

66 細菌性肺炎

67 左肺動脈右肺動脈起始症

68 心膜外脂肪壊死

69 褐色脂肪組織(正常所見)

70 異所性胸腺

71 肺葉外肺分画症(気管支原性囊胞の合併)

72 肺葉外肺分画症の捻転

73 乳腺線維腫瘍

4.腹部(消化管、肝・胆・膵)

総論 腹部(消化管,肝・胆・膵)の画像診断

1 胎児胎便性腹膜炎

2 胃重複囊胞

3 胃軸捻転症(短軸捻転)

4 胃軸捻症

5 胃軸捻転,遊走脾

6 胃原発性奇形腫

7 毛髪胃石

8 急性胃粘膜病変

9 胆管開口異常を伴う先天性十二指腸閉鎖症

10 中腸軸捻を伴う腸回転異常症

11 外傷性十二指腸壁内血腫

12 十二指腸壁内血腫

13 segmental dilatation of the ileum(SDI)

14 食物蛋白誘発性直腸結腸炎(ミルクアレルギー)

15 回腸閉鎖症

16 EDチューブによる小腸小腸腸重積症

17 ポリープ様病変を先進部とする小腸小腸型腸重積

18 術後腸重積

19 回腸重複症を先進部とする腸重積症

20 軸捻転を伴う腸間膜リンパ管腫

21 消化管内異物

22 重複腸管(小腸)

23 空腸重複腸管(小腸捻転を合併)

24 絞扼性イレウス(回盲部バンドの圧迫による遠位回腸の絞扼)

25 絞扼性イレウス

26 メッケル憩室炎による炎症性・癒着性腸閉塞

27 胃腸炎

28 虫垂炎(虫垂結石)

29 膿瘍形成を伴った穿孔性虫垂炎に起因した小腸の機械的閉塞

30 虫垂炎

31 中腸回転異常に合併した穿孔性虫垂炎(膿瘍)

32 大網梗塞

33 ベーチェット病

34 neutropenic enterocolitis(typhlitis)

35 上行結腸憩室炎

36 盲腸捻転

37 盲腸軸捻転

38 ヒルシュスプルング病に起因した重症腸炎および敗血症

39 Currarino triad

40 mucosal prolapse syndrome of the rectum

41 腸壁気腫症

42 消化管穿孔による pneumoperitoneum/scrotal pneumatocele

43 壊死性腸炎の穿孔

44 気腹(Rigler sign)

45 消化管穿孔による気腹

46 鼠径ヘルニア嵌頓による閉塞性イレウス

47 Chilaiditi症候群

48 腸管内の薬剤(整腸剤に含まれていたビスマスによる陰影)

49 卵巣滑脱型の外鼠径ヘルニア

50 メッケル憩室捻転による腸閉塞

51 メッケル憩室穿孔

52 胆道閉鎖症

53 胆道閉鎖症

54 Alagille症候群

55 先天性胆道拡張症

56 先天性胆道拡張症に伴う胆道穿孔

57 胆管非拡張型膵胆管合流異常症

58 川崎病に合併した胆囊水腫

59 セフトリアキソンナトリウム(CTRX)に起因した偽胆石

60 心筋炎

61 心不全(心筋炎)に起因したうっ血肝

62 肝血管内皮腫

63 限局性結節性過形成

64 hepatic nodular hyperplasia(HNH)

65 肝未分化(胎児性)肉腫

66 hemochromatosis

67 肝外門脈体静脈短絡(先天性門脈欠損・低形成)

68 splenogonadal fusion, continuous type(脾臓と左精巣癒合),腹腔内左精巣,左精巣微結石

69 Wolman病

70 後腹膜奇形腫

71 solid pseudopapillary neoplasm(SPN)of the pancreas

72 2型自己免疫性膵炎(AIP type 2)

5.泌尿生殖器

総論 泌尿生殖器の画像診断

1 左側高位異所性腎(胸部腎)

2 結節性硬化症に伴う囊胞腎

3 溶血性尿毒症症候群

4 腎尿細管アシドーシス(Type 1,遠位型)

5 CPDN(cystic partially differentiated nephroblastoma)

6 尿管ジェット現象(正常所見)

7 水腎症

8 右水腎症,左無形成腎

9 尿管ポリープによる左水腎症

10 右尿管膀胱移行部狭窄症に合併した尿瘤

11 左重複腎孟尿管,左上腎の尿管の異所性尿管瘤と水腎水尿管症および膿腎症,左下腎の水腎症

12 右腎完全重複腎盂尿管症で上極は萎縮水腎,水尿管,尿管瘤

13 左異所性尿管瘤による水腎症

14 後部尿道弁による下部尿路閉塞および二次的水腎水尿管症

15 急性腎後性尿路閉塞による persistent dense nephrogram

16 横紋筋肉腫(botryoid type)

17 感染性尿膜管囊胞または尿膜管膿瘍

18 尿膜管瘻

19 卵黄腸管囊胞および尿膜管囊胞

20 左副腎癌

21 先天性副腎皮質過形成(21-水酸化酵素欠損症)

22 同側腎無形成を伴った重複子宮,重複腟,および子宮留血腫形成

23 多囊胞性卵巣症候群

24 卵巣茎捻転(非腫瘍性)

25 卵巣囊胞性奇形腫(類皮囊胞腫)

26 左卵巣未分化胚細胞腫

27 新生児精巣捻転症

28 right vanishing testis(消滅精巣)

29 ヘノッホ・シェーンライン紫斑病に伴う陰囊病変

30 左停留精巣に合併した精巣腫瘍(奇形腫)

31 IgA血管炎に伴う精巣上体炎,陰囊壁肥厚

32 腟内異物

33 childhood asymmetric labium majus enlargement(CALME)

34 腎盂尿管移行部狭窄に伴う膿腎症

35 先天性後部尿道弁

36 testicular adrenal rest tumorsの疑い

37 medullary nephrocalcinosis(腎実質石灰沈着症)

38 21-水酸化酵素欠損症に伴う先天性副腎皮質過形成

39 重複子宮,片側腟閉鎖に伴う腟留血腫

40 腟横中隔による腟留血腫

41 Zinner症候群(片側の精囊囊胞と同側の腎無形性)

42 尿膜管遺残

43 新生児精巣捻転症

6.骨軟部

総論 骨軟部の画像診断

1 アポフィーゼ

2 左化膿性股関節炎

3 化膿性股関節炎

4 急性化膿性踵骨骨髄炎

5 腐骨を伴う慢性化膿性骨髄炎

6 BCG骨髄炎(鑑別診断:結核性骨髄炎, Brodie's abscess)

7 慢性再発性多発性骨髄炎

8 急性リンパ性白血病

9 白血病

10 神経芽細胞腫の骨転移

11 腎性骨異栄養症(二次性副甲状腺機能亢進症)

12 大腿骨近位骨幹部骨折で発覚したくる病(ビタミンD欠乏性)

13 metaphyseal chondrodysplasia, Schmid type

14 右大腿骨頭すべり症

15 関節内類骨骨腫

16 右腓骨の疲労骨折

17 外傷性右腸骨筋血腫

18 microgeodic disease

19 fibromatosis(デスモイド腫瘍)

20 両側膝関節JIAに伴う骨膜炎および米粒体形成

21 進行性骨化性線維異形成症

22 軟骨無形成症

23 ムコ多糖症Ⅳ型(Morquio病)

24 BCG骨髄炎(の疑い)

25 肋骨の形態異常(intrathoracic rib)

26 結節性筋膜炎

27 慢性再発性多発性骨髄炎

28 プロスタグランジンE1製剤の長期使用に伴う下肢長管骨病変

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:64.7MB以上(インストール時:145.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:258.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:64.7MB以上(インストール時:145.2MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:258.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784883789870
  • ページ数:952頁
  • 書籍発行日:2023年10月
  • 電子版発売日:2023年10月20日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。