理学療法士・作業療法士 PT・OT基礎から学ぶ 運動学ノート 第3版

  • ページ数 : 272頁
  • 書籍発行日 : 2023年12月
  • 電子版発売日 : 2023年12月30日
¥4,400(税込)
ポイント : 80 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

国試対策はもちろん講義や日常の学習にも役立つ, 定評あるPT・OT向け学参書に待望の改訂第3版! 内容紹介 ●PT・OTの運動学の授業で扱う項目について「ドリル形式」でまとめた知識の整理ノート
●基本となる用語を,図と表を使った「穴埋め問題」で理解し基礎知識を身につけ,国試から厳選抜粋した「演習問題」でさらに実力を高めるという構成で,段階的に無理なく学力アップ
●レイアウトを整え,見やすさを向上させた紙面
●最近の国試の傾向に沿って演習問題の入れ替えも実施
※:本書は解答集付きです

序文

第3版 まえがき

この「運動学ノート」は,既刊の『PT・OT 基礎から学ぶ』シリーズの「解剖学ノート」「生理学ノート」の姉妹編として2002 年7 月に第1版を発刊いたしました.そしてこの3 冊のノートシリーズは,養成校に入学してきた新1 年生たちに「PT・OT学生のための基礎医学ノート」として常に手元に置いて愛読されています.「運動学ノート」は2016 年12月に第2 版を発刊し,7 年が経過しました.この間にPT・OTの国家試験出題基準が改訂され,国家試験に出題される問題も少しずつ変化しています.それはリハビリテーション医療福祉の対象が昭和世代の「労働災害」や「交通災害」などから,平成令和世代の「老人医療・高齢障害」や「内部障害」などへと変化してきているからです.

この「ノートシリーズ」のコンセプトは初版でも述べたように,国家試験に対処できるレベルの知識の整理に役立つことです.今回第3版を発刊するにあたり,これまでの国家試験問題を再分析し,各章の内容を見直して,各章に配置している「演習問題」を最新の国家試験問題に入れ替えました.また新たに「高齢者の姿勢や歩行障害」の項目も増やしました.学生諸氏が自分自身の身体で運動を「イメージ」できるようにするため,できる限り簡単な「イラスト」をたくさん用いて「言葉=イメージ」に結び付くようにしました.頭の中に記憶として残るのは「文字」ではなく「イメージ」だからです.その意味から,この第3版は「令和6年版の国家試験出題基準」に変更後のこれからに必ず役立つ「運動学ノート」になると思います.

直近10年間の国家試験問題を時系列に分析してみると「運動学」のみならず,すべての領域において確実に難易度は上がってきています.これは国家試験受験直前の数か月で対応できるものではありません.入学してきた1 年次から真剣に授業に臨み,授業後には自宅で復習を繰り返し,特に基礎医学(解剖学,生理学,運動学)では「イラスト」を何度も何度も繰り返し描く,これらのことを在学中にしっかり行うことで学習内容が身についていきます.その“繰り返し学習”を実践するためにもこの「運動学ノート」を副教材として用いていただきたいと思います.

今回の「運動学ノート」では新しく中島晃徳先生に加わっていただきました.中島晃徳先生は大学および大学院卒業後に今後のリハビリテーション医療・福祉の教育に携わる目的で「理学療法士免許」ならびに「言語聴覚士免許」の取得をされました.そして現在は,「一般社団法人日本医療教育協会(国試塾リハビリアカデミー)」において「理学療法士」および「言語聴覚士」の浪人生たちの国家試験受験指導をされています.浪人生たちを指導する中で,彼らに何が不足しているのか,どのように指導すれば彼らは学習できるのかを追及され,新しい学習方法の指導を行っています.今回,中島晃徳先生のご意見を伺いながら,改訂することができました.全国の「理学療法士」「作業療法士」を目指す学生さんには日々の学習や国家試験対策のために,この「運動学ノート」を擦り切れるくらいまで使っていただき,今後のリハビリテーション医療福祉業界の担い手として育っていただきたいと心から願っております.

最後に,第3 版改訂にあたり編集・校正に快くご協力いただいた医歯薬出版株式会社編集部の皆様に深く感謝申し上げます.


2023年11月

中島 雅美
中島 晃徳

目次

第1章 運動学総論

1 力学の基礎

 1 生体力学とは

 2 力学の構成

 3 力学で使う単位

 演習問題

2 身体(運動)の面と軸

 1 肢位(position)

 2 運動の面と軸

3 加速度・ベクトル・モーメント

 1 各種の物理量

 2 力とベクトル

 3 モーメント

 演習問題

4 運動の法則

 1 運動の3つの法則

 2 重力加速度と重量

 3 質量・重量・力の単位

5 仕事と力学的エネルギー

 1 仕事(work)

 2 力学的エネルギー

 演習問題

6 身体とてこ

 1 てこの種類

 2 てこの釣り合い

 3 関節角度と力の関係

 4 関節運動とてこの種類

 5 てこの種類と力

 6 滑車と輪軸

 演習問題

7 関節の構造と機能

 1 関節面の形状からみた分類

 演習問題

8 骨格筋の構造と機能

 1 骨格筋の形状からみた分類

 2 筋収縮のメカニズム

 演習問題

9 筋収縮 その1

 1 関節運動時の役割からみた筋

 2 筋収縮の様態とその特徴

 3 筋収縮の様態と関節運動との関係

 4 リバースアクション(筋の逆作用)

 演習問題

10 筋収縮 その2

 1 運動単位(motor unit:MU)

 2 神経支配比

 3 筋張力

 4 筋肥大と筋萎縮

 演習問題

11 関節の安定性と運動性

 1 関節の安定性(joint stability)

 2 関節の運動性(joint mobility)

 3 関節の安定性と運動性との関係

12 運動の中枢神経機構

 1 随意運動と反射運動

 2 反射運動

 3 伸張反射

 4 随意運動の中枢機構

 演習問題

13 運動とエネルギー代謝

 1 ATPの生成過程

 2 代謝当量(代謝率:metabolic equivalents,METs)

 演習問題

14 運動と呼吸・循環

 1 運動時の呼吸数と換気量

 2 酸素摂取量

 3 無酸素性作業閾値(anaerobic threshold:AT)

 4 運動時の心拍出量

 5 運動時の血圧

 演習問題

第2章 上肢の運動学

1 上肢の解剖学

 1 上肢の骨格(右上肢前面)

 2 上肢骨のまとめ

 3 上肢の骨(右上肢)

 4 上肢の神経

 5 上肢の血管

 6 上肢の神経と筋・皮膚

 演習問題

2 上肢帯の運動学

 1 胸鎖関節

 2 鎖骨の可動域

 3 肩鎖関節(右前面)

 4 肩甲胸郭(仮性)関節

 5 上肢帯の運動と筋

 6 肩甲骨の運動分析

 演習問題

3 肩関節の運動学

 1 肩関節とは

 2 肩甲上腕関節(右前方より)

 3 肩関節の靱帯(右前面)

 4 回旋筋腱板(rotator cuff)

 5 肩関節の運動と筋

 演習問題

4 肘関節と前腕の運動学

 1 肘関節の構造

 2 肘関節の運動に関与する筋

 3 前腕の関節

 4 橈尺関節の靱帯と前腕骨間膜

 5 前腕の運動に関与する筋

 演習問題

5 手関節の運動学

 1 手関節の構成

 2 手根管の内部構造

 3 手関節の運動に関与する筋

 演習問題

6 手の運動学 その1

 1 手を構成する骨と関節

 2 手指の運動と筋

 3 手指の外来筋(または外在筋:筋の起始部が手関節より中枢側にある)

 4 手指の内在筋(または固有筋:筋の起始部が手関節より末梢側にある)

 5 指の屈曲機構

 6 指の伸展機構

 演習問題

7 手の運動学 その2

 1 手の肢位

 2 手の変形

 演習問題

第3章 下肢の運動学

1 下肢の解剖学

 1 下肢の骨格(左下肢前面)

 2 下肢骨のまとめ

 3 下肢帯(または骨盤帯)の骨

 4 大腿骨

 5 下腿骨

 6 足部の骨

 7 下肢の神経と動脈

 8 下肢の神経と筋(右大腿前面)

 9 下肢の皮膚感覚

 演習問題

2 股関節の運動学

 1 股関節の構造(右股関節横断面前方から観察)

 2 股関節の靱帯

 3 股関節に働く筋

 4 股関節の運動と筋

 演習問題

3 膝関節の運動学

 1 膝関節の構造

 2 膝関節の半月板

 3 膝関節の靱帯

 4 膝関節に働く筋

 5 膝関節の運動と筋

 6 膝関節の動きの特徴

 演習問題

4 足関節と足部の運動学

 1 足関節と足部の骨と関節

 2 主な関節の特徴

 3 足関節および足部の靱帯

 4 足関節に働く筋

 5 足関節の運動と筋

 6 足趾に働く筋

 7 足趾の運動と筋

 8 足のアーチの構造

 9 足のアーチの特徴

 10 足の変形

 演習問題

第4章 体幹の運動学

1 体幹の解剖・運動学

 1 体幹を構成する骨格(前面)

 2 脊柱

 3 椎骨

 4 椎間円板

 5 ユニットの役割

 6 椎間関節の関節面の方向

 7 脊柱の可動性

 演習問題

2 頸部の運動学

 1 頸椎の概要

 2 頸椎の連結と運動

 3 頸部の筋

 4 頭・頸部の運動と筋

 演習問題

3 胸部の運動学

 1 胸郭

 2 胸郭呼吸運動

 3 呼吸に関与する筋

 4 胸部の動きに関与する筋

 5 胸部の運動と筋

 演習問題

4 腰部・骨盤の運動学

 1 腰部・骨盤の連結

 2 仙腸関節

 3 矢状面からみた腰椎弯曲と骨盤傾斜との関係

 4 腰部の筋

 5 腰部の運動と筋

 演習問題

第5章 頭部・顔面の運動学

1 頭蓋骨と顎関節

 1 頭蓋骨を構成する骨とその連結

 2 顎関節

2 咀嚼

 1 咀嚼とは

 2 顎関節の動き

 3 咀嚼筋と支配神経

3 表情

 1 表情を作り出すしくみ

 2 機能別表情筋

 3 表情筋の支配神経

4 眼球運動

 1 外眼筋

 2 外眼筋の作用と支配神経

 演習問題

第6章 姿勢

1 姿勢と重心との関係

 1 構えと体位

 2 重心と重心線

 3 人体の重心の測定法(直接法)

 4 自然立位時の重心の位置

 5 重心線とアライメント

 演習問題

2 立位姿勢と姿勢保持

 1 立位姿勢の安定性

 2 立位姿勢の安定のための影響因子

 3 立位保持に働く筋

 4 快適な立位姿勢保持のための3要素

 5 立位姿勢の重心動揺

 6 姿勢の型

 7 姿勢制御

 演習問題

第7章 歩行と走行

1 歩行周期

 1 歩行とは

 2 歩行周期と関連用語

 3 歩行周期の区分

 4 歩容要素の新しい定義

 演習問題

2 運動学的歩行分析

 1 歩行時の重心移動

 2 歩行時の体節の回旋

 3 歩行時の下肢関節の角度変化

 4 歩行の決定因子

 5 歩行時の上肢の運動

 演習問題

3 運動力学的歩行分析

 1 足力と床反力

 2 床反力の3方向の分力

 3 踵接地時の床反力によって生じるトルク

 4 荷重反応期と床反力

 演習問題

4 歩行時の筋活動

 1 歩行周期からみた筋活動

 2 機能面からみた主な筋活動

 演習問題

5 小児および高齢者の歩行

 1 小児の起立と歩行(発達段階からみた)

 2 小児の歩行の特徴

 3 高齢者の歩行の特徴

 演習問題

6 異常歩行

 1 異常歩行の観察

 2 異常歩行とその原因

 3 異常歩行の例

 演習問題

7 走行

 1 走行と歩行の比較

 2 走行の特徴

 演習問題

第8章 運動学習

1 学習と記憶

 1 学習(learning)

 2 記憶(memory)

 演習問題

2 運動技能と学習曲線

 1 運動技能(motor skill)

 2 パフォーマンス(performance)と学習曲線(learning curve)

 演習問題

付録 筋の作用と神経支配

文献


索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:15.8MB以上(インストール時:36.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:63.0MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:15.8MB以上(インストール時:36.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:63.0MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784263266762
  • ページ数:272頁
  • 書籍発行日:2023年12月
  • 電子版発売日:2023年12月30日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。

※索引検索、は未対応となっております。