○×問題でマスター 薬理学 第3版

  • ページ数 : 244頁
  • 書籍発行日 : 2024年1月
  • 電子版発売日 : 2024年1月18日
¥2,970(税込)
ポイント : 54 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

講義の復習から国家試験対策まで幅広く役立つ!
「○×問題」でわかりやすく学ぶ好評書が待望の改訂!


●「○×式」の設問で,薬理学の基礎知識から,薬剤の知識まで,自己学習しながら身につく好評書が改訂!
●メディカルスタッフを目指す学生には,講義の復習から,国家試験対策まで幅広く役立つ!
●改訂では,近年の知見をもとに全面的に内容を見直し,新たに「漢方薬」の章を追加.
※電子版には赤シートは付属いたしません.

序文

第3版の発刊に寄せて


第2版の発刊から7年近く経過しました.薬物治療技術はめざましい発展を遂げ,抗悪性腫瘍薬・糖尿病治療薬・下剤・感染症治療薬・脂質異常症の治療では第2版発刊時には当然と考えられていた認識が,劇的に変化するパラダイムシフトが起こりました.今回,第3版の発刊において,第2版の問題を全て見直し,全面的に改訂を行うことに致しました.

当初,医学,薬学,看護学を専攻する学生の基礎知識を整理するための参考書として第一版の企画がなされましたが,その際実際に服薬指導をされている方の知識確認のためにも利用していただけるようにするため,問題が平易になりすぎないよう配慮しました.この第1版に掲げた方針を堅持して今回も改訂作業を致しました.本書をきっかけに,薬理学への関心を深めていただければ幸いです.

今回も山本浩一が執筆し,大和谷厚が監修することで改訂作業を進めました.この第3版の作成にあたりまして,惜しみない協力をいただきました医歯薬出版株式会社の皆様に心から感謝の意を表します.


令和5年11月

山本 浩一

目次

第1章 薬物と薬剤

1.薬の種類

2.処方箋と剤形

第2章 薬物に対する生体の反応

1.用法・用量

2.薬物受容体

3.主作用と副作用

第3章 薬物の体内動態

1.吸収

2.分布

3.代謝

4.排泄

5.薬物血中濃度

6.薬物相互作用

第4章 薬物中毒

1.急性中毒

2.依存症と禁断症状

第5章 投与方法と薬理作用

1.経口投与

2.非経口投与

2.1 注射

2.2 吸入

2.3 直腸内適用

2.4 経皮適用

2.5 局所的適用

第6章 主な治療薬とその特徴

1.末梢神経作用薬

1.1 自律神経作用薬

1.2 局所麻酔薬

1.3 筋弛緩薬

2.中枢神経作用薬

2.1 全身麻酔薬

2.2 催眠鎮静薬・抗不安薬

2.3 抗精神病薬

2.4 抗うつ薬と抗躁薬

2.5 パーキンソン病治療薬

2.6 抗てんかん薬

2.7 麻薬・オピオイド鎮痛薬・鎮痛作用のある薬物

2.8 中枢神経興奮薬

3.消炎薬

3.1 非ステロイド性消炎鎮痛薬・鎮痛薬

3.2 抗アレルギー薬

3.3 副腎皮質ステロイド薬

4.循環器疾患治療薬

4.1 強心薬

4.2 狭心症治療薬

4.3 不整脈治療薬

4.4 高血圧治療薬

4.5 脂質異常症治療薬

4.6 利尿薬

4.7 血液に作用する薬物

5.消化器疾患治療薬

5.1 健胃消化薬

5.2 消化性潰瘍治療薬

5.3 制吐薬

5.4 止痢薬

5.5 下剤

5.6 肝・胆・膵疾患治療薬

6.内分泌・代謝疾患治療薬

6.1 糖尿病治療薬

6.2 甲状腺疾患治療薬

6.3 脳下垂体ホルモン

6.4 生殖器系に作用する薬物

6.5 骨粗鬆症治療薬

6.6 痛風治療薬

6.7 ビタミン欠乏症治療薬

7.呼吸器疾患治療薬

7.1 鎮咳去痰薬

7.2 気管支拡張薬

8.感染症治療薬

8.1 抗生物質・抗菌薬の基礎

8.2 抗生物質

8.3 抗菌薬

8.4 抗結核薬

8.5 抗ウイルス薬

8.6 抗真菌薬

8.7 抗原虫薬・駆虫薬

8.8 免疫抑制薬・抗リウマチ薬

9.悪性腫瘍治療薬

9.1 アルキル化薬

9.2 代謝拮抗薬

9.3 抗生物質

9.4 微小管阻害剤

9.5 白金錯化合物

9.6 ホルモン療法薬

9.7 その他の抗悪性腫瘍薬

9.8 分子標的治療薬

10.その他の疾患に対する予防・治療薬

10.1 ワクチン

10.2 消毒薬

10.3 輸液

第7章 放射線検査と放射線治療に用いる薬物

1.造影剤

2.放射性医薬品

3.放射線治療副作用対策薬

第8章 漢方薬

第9章 薬物療法

1.服薬状況の把握・服薬アドヒアランス

2.プラセボ効果

3.療養者に対する服薬方法の工夫と指導

4.医療者の連携

5.高齢者・小児・妊婦の薬物療法

5.1 加齢と薬物作用

5.2 小児への投与

5.3 妊婦への投与

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:16.0MB以上(インストール時:36.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:64.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:16.0MB以上(インストール時:36.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:64.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784263240977
  • ページ数:244頁
  • 書籍発行日:2024年1月
  • 電子版発売日:2024年1月18日
  • 判:B6判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。