小児泌尿器疾患マニュアル 改訂第3版

  • ページ数 : 144頁
  • 書籍発行日 : 2015年10月
  • 電子版発売日 : 2024年2月9日
¥3,520(税込)
ポイント : 64 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

専門医だけでなく,小児科医,一般医,研修医にも小児泌尿器疾患について広く理解してもらうための解説書.
総論で泌尿器疾患の特徴・症状と診断,検査法を解説した後,泌尿器疾患ごとの特徴や診察,治療方法などの各論を解説する.写真や図・表を多用し,専門医でなくともわかりやすい解説としている.改訂第3版では,全項目において用語や解説を更新し,特に「機能障害性排尿」「性分化異常」の項目は大幅に書き改められた.

序文

改訂第2 版の序

本書はおもに小児科医を対象とした臨床小児泌尿器科学の解説書として,2002 年に初めて刊行された.さいわい多くの先生から高い評価をいただき,3 刷まで発行することができた.初版から4 年が経過したが,この間,医学の発展に伴ってこの分野でも着実な進歩がみられた.また新しい医師養成制度である臨床研修制度も始まった.第2 版では,次のようなことにとくに重点を置いてきめの細かい改訂を行った.

1.小児泌尿器科学の臨床面における進歩を反映した最新の内容とした.

2.小児科医だけでなく,新臨床研修制度のもとの研修医にも本書が十分理解できるように配慮した.

3.専門用語は,日本泌尿器科学会などが提唱し,この分野の専門誌でほぼ統一されていることばをできるだけ使用した.さらに英語の用語との整合性をもたせるようなことばを選んだ.このため,たとえば移動性精巣は遊走精巣に,陰囊水腫は精巣水瘤に変更した.

4.新しく次のような項をもうけて,いっそうの充実を期した.

1)「 用語解説」として,おもに研修医を対象に本文で使われているやや特殊な用語やカテーテルの種類を解説した.

2) 付録として,「小児の導尿の方法」,「男子のバルーンカテーテル留置法」,「男性の尿路系」,「性分化のプロセス」,「男女の性器系の相同器官」をのせた.

3) よく使用される英語の「略語一覧」をのせた.


2006年3月

寺島和光

目次

総論

  —Ⅰ.小児泌尿器疾患の特徴

  —Ⅱ.小児泌尿器疾患の症状と診断

  —Ⅲ.小児泌尿器疾患の理学的検査

  —Ⅳ.尿検査と腎機能検査

  —Ⅴ.尿路の画像検査

  —Ⅵ.尿路の核医学検査

尿路感染症

血尿と蛋白尿

夜尿症・昼間尿失禁・機能障害性排尿

停留精巣

精巣水瘤・精索水瘤

精巣捻転

包 茎

尿道下裂

性分化異常

膀胱尿管逆流

神経因性膀胱

後部尿道弁

水腎症

巨大尿管(水尿管症)

重複尿管

囊胞性腎疾患

用語解説

付録

略語一覧


索引


COLUMN 目次

医学用語考

笑えない話

Proteusとは?

doctorの動詞形

おねしょの効用

orchis vs orchid

陰囊に関する小咄2題

かわいそうなオチンチン

病気が左側に多い理由

VUR余話

二分脊椎と葉酸

水腎症のギネスブック

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:9.9MB以上(インストール時:22.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:39.5MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:9.9MB以上(インストール時:22.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:39.5MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784787881359
  • ページ数:144頁
  • 書籍発行日:2015年10月
  • 電子版発売日:2024年2月9日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。