• m3.com 電子書籍
  • これからの切迫早産管理 長期安静・持続点滴はやめよう(先行予約)

これからの切迫早産管理 長期安静・持続点滴はやめよう(先行予約)

  • ページ数 : 148頁
  • 書籍発行日 : 2024年2月
  • 電子版発売日 : 2024年2月8日
  • ※ 3月1日 ダウンロード開始予定
¥2,860(税込)
ポイント : 52 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

切迫早産管理が180度変わるほんとうのEBMをお伝えします

切迫早産に入院安静臥床や持続点滴投与はいらない! 日本で当たり前のように行われているリトドリン塩酸塩の持続投与は欧米ではありえません.妊婦さんにとっては不必要で,場合によっては有害な治療です.妊婦のQOLが上がり,外来でみることができるほんとうのEBMをわかりやすくまとめた,これからの切迫早産標準治療を示す1冊.

序文

序文

君たちは,いつの時代でもそうであったように,自己を確立せねばならない.─自分に厳しく,相手にはやさしく.という自己を.

司馬遼太郎『二十一世紀に生きる君たちへ』1)この本は,国内で一般的におこなわれてきた切迫早産治療,すなわち入院安静臥床とリトドリン塩酸塩の長期持続投与を批判することを主旨とするものです.切迫早産の適切な治療を考えるためにこれまで報告されてきたエビデンスをとにかく第一にして論じています.エビデンス,ないしはエビデンスをもとにした医療(evidence-based medicine:EBM)という考えかたが日本に導入されてすでに30年以上がたちます.もはやこれらの概念を理解していない医療者はほとんどいないと思われますが,しかし実際にEBMは臨床現場にどれだけ根づいているでしょうか?

もちろんEBMは臨床現場における問題解決の一手法であり,その本質は患者さんによりよい医療を提供しようとする基本的姿勢です.エビデンスは医療者が使うためのものですが,もっと正確にいえば個々の患者さんのために利用されるべきものです.多くの医療者に使われて患者さんの利益になったとき,はじめてEBMが医療に根づいたといえるでしょう.たとえばある治療法がもっとも患者さんの利益になるのは,治療効果が最大で,かつその副作用が最小のときです.そしてメリットが最大でリスクが最小ということだけでなく,患者さんの価値観,人生観といった要素を考慮したとき,患者さんの満足度はもっとも高くなることがしばしばです.

切迫早産妊婦にたいする長期安静および長期持続点滴治療の可否が問題となる場合,医療者側のエビデンスの議論に加えて,「患者参加の医療」を積極的に進めることが望まれるのではないでしょうか.患者参加の医療にEBMをはめこむというのは,知りえたエビデンスをもとに妊婦さん自身に望ましい治療を選択してもらうということです.インターネットによる高度情報化社会では,専門家であろうと一般市民であろうと,産科医療もEBMもそれなりに習得可能かもしれません.ある程度の科学的なものの考えかたを教育で身につけていれば,自分が治療を受ける側であることや,インターネットを介して専門的な知識をひきだす方法も心得ていることでしょう.

この本は,従来の切迫早産治療に疑問をもっているかもしれない若手産科医とか看護師助産師といった医療者を対象にして書かれました.しかしそれ以上に,いま,現在,切迫早産で治療をうけている妊帰さんにも読んでもらえるように,本の記述は可能なかぎり平易となるように心がけました.従来の旧弊な医療を変えていくのは医療関係者のみならず,妊婦さんご自身ではないかと期待しています.

参考文献

1) 司馬遼太郎.二十一世紀に生きる君たちへ.東京:世界文化社;2001. p.17.


2024年1月

室月 淳

目次

Chapter 1

切迫早産とはどういった病気か

1. 切迫早産の頻度はどのくらいか

2. 切迫早産の診断はどのようにおこなうか

3. 偽陣痛(Braxton Hicks 収縮)について

4. そもそも「切迫早産」は実在するのか

Chapter 2

リトドリン塩酸塩の歴史と現状

1. リトドリン塩酸塩の歴史

2. リトドリン塩酸塩はどのような薬か

3. 副作用にはなにがあるか

4. 日本ではいまどうなっているか

Chapter 3

エビデンスはどうなっているだろう

1. 早産の頻度はどのくらいか

2. 子宮頚管長の測定の有用性は

3. 早産予防用ペッサリーの効果は

4. リトドリン塩酸塩による切迫早産の治療効果は

5. リトドリン塩酸塩以外のトコライシス薬はどうか

6. 早産予防のための安静にはエビデンスがあるか

Chapter 4

これまでの経験とめざすべき治療の実際

1. わたしの個人的な経験

2. めざすべき切迫早産の治療はどのようなものか

3. 当院における治療の実際

Chapter 5

リトドリン長期投与をやめるためのステップ

1. メリットとデメリットを考える

2. ミーティングや病棟カンファレンスで提案する

3. チームをつくる

4. 新生児科側に協力を求める

5. 患者さんの同意を得る

6. 実際に治療を変える

7. よく質問されること

Chapter 6

ひとを変える,組織を変える

1. 医師や看護スタッフからの抵抗

2. なぜ効果のない治療をつづけているか

3. エビデンスは医者の行動を変えるか

4. ひとの行動を変えるにはどうしたらいいか

5.「信念対立」を解消する

6. 組織を変える

Chapter 7

医療倫理の視点から

1. あいてへの共感

2. 個別的具体的な妊婦の状況

3. 妊婦さんと医療者のコミュニケーションのなかから

4. 臨床の場での合意形成

5. A さんのケース

6. 個人の信念と価値観

Chapter 8

切迫早産について最後にもう一度考える

1. 切迫早産のパラダイム

2.「過剰診断」という視点

3. ナラティブからみた切迫早産治療

4. 心身相関としての「切迫早産」

おわりに─日々の診療に疑問を感じているかたへのエール


索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.0MB以上(インストール時:22.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:40.2MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.0MB以上(インストール時:22.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:40.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498160569
  • ページ数:148頁
  • 書籍発行日:2024年2月
  • 電子版発売日:2024年2月8日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。