• m3.com 電子書籍
  • 整形・災害外科 2024年2月号 67巻2号 特集 児童虐待における整形外科医の役割 【電子版】

整形・災害外科 2024年2月号 67巻2号 特集 児童虐待における整形外科医の役割 【電子版】

  • ページ数 : 116頁
  • 書籍発行日 : 2024年2月
  • 電子版発売日 : 2024年2月9日
¥2,970(税込)
ポイント : 54 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

日常的に小児の骨折や外傷の診療にあたる整形外科医は,児童虐待の疑いのある子どもに対する適切かつ迅速な評価や,境界領域の鑑別診断などの対応が求められている。本特集では小児整形外科医だけでなく小児救急診療医や法医学の立場から,これらの課題に対して整形外科医としてできることや多職種連携や家族支援の重要性について解説している。

目次

特集:児童虐待における整形外科医の役割

(企画:江口佳孝)

児童虐待の評価― 小児救急診療の立場から………富田慶一

身体的虐待の評価― 法医学の立場から………内ヶ崎西作

しつけと体罰― 身体的虐待の支援体制………小橋孝介

児童虐待の評価― 小児整形外科医の立場から………横井広道 ほか

小児外傷患者に対する保護活動― 大学病院の立場から………上原健敬

境界領域の鑑別― 骨折・骨端線損傷………坂田亮介

境界領域の鑑別― 骨系統疾患・骨代謝性疾患………中川敬介

境界領域の鑑別― 麻痺性疾患・療育児………中田いづみ ほか

―Personal View―

雲の中の一筋の虹………八木 満

―新しい医療技術―

液体クロマトグラフィー・質量分析法(LC‒MS/MS法)による血清25‒ヒドロキシビタミンD測定―その意義と課題………古谷裕 ほか

―論 究―

大相撲力士における頚部傷害予防の現状………土屋正光 ほか

―臨 床―

新鮮腰椎分離症の骨癒合に身体柔軟性と体幹筋機能が与える影響………三宅秀俊 ほか

―症 例―

頚椎椎弓形成術後に軸性疼痛を呈した1症例―脊髄神経後枝内側枝由来の疼痛に対する評価と理学療法………石黒翔太郎 ほか

足関節回外捻挫後に発生した前下脛腓靱帯損傷に対してインソール療法が有効であった1症例………岡西尚人 ほか

整形外科 名人の know‒how 「手指PIP関節の人工関節置換術―背側伸筋腱縦割進入法の応用」………浜田佳孝

スポーツ医学 つれづれ草(50) 「さぎちやうは」………武藤芳照

机上の想いのままに(69) 「関節リウマチ(RA)起源再考」………西野仁樹

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:36.5MB以上(インストール時:76.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:146.1MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:36.5MB以上(インストール時:76.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:146.1MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784003306702
  • ページ数:116頁
  • 書籍発行日:2024年2月
  • 電子版発売日:2024年2月9日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。