脊椎脊髄ジャーナル37巻5号 脊椎・脊髄の発生と進化

  • ページ数 : 75頁
  • 書籍発行日 : 2024年6月
  • 電子版発売日 : 2024年6月11日
¥2,750(税込)
m3.com 電子書籍ポイント: 50pt ( 2 %)
m3ポイント:1%相当 point-info
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

脊椎・脊髄の発生と進化

特集にあたって・・・亀山 隆
脊椎動物の形態進化と椎骨列・・・倉谷 滋
椎骨と脊柱の古生物科学・・・犬塚則久
脊柱と頭蓋―その進化を巡る省察・・・尾内隆行
脊椎動物における脊髄の比較解剖・・・船越健悟
脊髄の発生・・・笹井紀明
脊椎・脊髄血管の発生・・・石黒友也,他

序文

特集にあたって


1988年4月の本誌の創刊号の巻頭に当時の編集顧問,故小野啓郎先生(大阪大学名誉教授)が創刊の辞として述べられた中に,編集方針についての4つの注文が含まれている.その1つが,本誌をmultidisciplinaryな雑誌にしてほしいとのことで,「たとえば生物学者,工学者が登場して違った目とことばで脊椎脊髄を見て,語ってもらえまいか.脊椎脊髄は,元来,医者だけのものではない」と,切なる要望が述べられている(脊椎脊髄 1:9‒10, 1988).このことは,私が本誌の編集委員に就任して以来,ずっと心の中に残っていた.

個人的には,学生時代に接したヘッケル(Haeckel E)の「個体発生は系統発生と繰り返す」という考えに大きな衝撃を受け,また解剖学者で生命哲学者の故三木成夫の生命史全体から生物の形の成り立ちを考える壮大な視点に心酔してきた.このような理由と背景から,広く脊椎動物全般において,発生と進化という視点からヒトの脊椎と脊髄を捉えてみたいと本特集を企画した.基礎の生物学者の先生方の視点から,脊椎と脊髄それぞれの発生と進化について語っていただいた.特に近年では分子遺伝学の進歩から,個体発生と系統発生を遺伝子の発現調節という観点から解明しようとする進化発生生物学(evolutionary developmentalbiology;略してエボデボ)という分野が発展し,次々に新たな事実が解明され,従来の古典的な考え方が覆されることが起きている.執筆者はいずれもその研究分野の第一人者の先生方で,それぞれの論文は大変,読み応えがある.最新の情報については,ある程度の予備知識がないと難しい内容もあるかと思われるが,これまでの研究の歴史や学説の変遷についても触れられており,理解を助けてくれる.脊椎動物進化の壮大な歴史に胸を躍らされ,動物種による脊椎・脊髄の多様性や緻密に制御されたその発生過程に驚かされ,新鮮な気分で読み味わえる.本誌の通常の臨床的テーマとはかけ離れた特集となったが,日ごろの凝り固まった臨床の「石(医師)あたま」が,少しほぐれるのではないだろうか.

われわれの脊椎・脊髄はどこから来たのか? われわれの脊椎・脊髄とはどういうものか? われわれの脊椎・脊髄(研究)はどこへ行くのか?

本特集が新たな広い視点でヒトの脊椎・脊髄を見直す契機となり,臨床上の問題解決や研究課題を考えるうえでのヒントになればと期待している.


中部ろうさい病院脳神経内科 亀山 隆

目次

特集

脊椎・脊髄の発生と進化

特集にあたって・・・亀山 隆

脊椎動物の形態進化と椎骨列・・・倉谷 滋

椎骨と脊柱の古生物科学・・・犬塚則久

脊柱と頭蓋―その進化を巡る省察・・・尾内隆行

脊椎動物における脊髄の比較解剖・・・船越健悟

脊髄の発生・・・笹井紀明

脊椎・脊髄血管の発生・・・石黒友也,他

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:21.2MB以上(インストール時:44.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:84.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:21.2MB以上(インストール時:44.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:84.6MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784013003705
  • ページ数:75頁
  • 書籍発行日:2024年6月
  • 電子版発売日:2024年6月11日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、m3.com 電子書籍が必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。