消化器内科レジデントハンドブック 2版

  • ページ数 : 660頁
  • 書籍発行日 : 2014年10月
  • 電子版発売日 : 2015年3月6日
¥6,380(税込)
ポイント : 348 pt (6%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

順天堂大学消化器内科学教室のエッセンスをまとめた改訂2版

消化器内科研修の現場でもとめられる知識を、コンパクトにまとめた実践的なマニュアル。医学生、初期・後期研修医、消化器内科専門医を目指す医師、指導医など様々な領域の方々に活用頂きたい一冊です。

序文

第2版の序

 

この度,「消化器内科レジデントハンドブック」を改訂して第2版を上梓することになった.このハンドブックは,2008年に初版が出版され6年の歳月が流れたので当然の改訂である.

当初,本書は,学内向けのハンドブックとして作成を計画したが,中外医学社のご協力により上梓したものである.初版の序文にも書いたが,順天堂で行われている診療,学生教育,研修医教育を担当している指導的立場の医師が,実践に即して日常臨床に役に立つ内容をもれなく記載したものである.

嬉しいことに,学生,初期研修医,後期研修医,消化器内科の専門医を目指す若手医師,指導医など様々な方々にお読みいただき,改訂に向けて多くの提案をいただいた.それらを反映させ,さらに6年間の進歩を振り返り順天堂大学消化器内科学教室を挙げて改訂作業を行った.

初版の時より編集の中心となって仕事を進めてくれた北條麻理子准教授が,そのまま担当を継続し,永原章仁先任准教授,長田太郎准教授,猪俣麻子氏,下山明貴子氏に今回もお手伝いを御願いした.短期間で改訂作業を完成してくれた教室員諸氏とともに深甚の感謝を申し上げたい.また,稲垣義夫氏はじめ中外医学社の方々には今回も大変に御世話になり感謝を申し上げたい.


2014年9月

順天堂大学消化器内科
渡辺純夫

目次

I 消化器疾患の診断

A.問診・現症のとり方

B.主要症候とその鑑別

1.腹痛

2.吐血,下血,血便

3.悪心・嘔吐

4.腹部膨満

5.便通異常

6.食欲不振

7.体重減少

8.黄疸

9.肝性脳症

II 検査の実際

1.腹部単純X線撮影

2.消化管造影検査

a.上部消化管造影

b.下部消化管(注腸)造影

c.小腸造影

3.内視鏡検査

a.上部消化管内視鏡検査

b.大腸内視鏡検査

c.小腸内視鏡検査

d.カプセル内視鏡検査

4.腹部超音波検査

5.超音波内視鏡検査

a.消化管領域

b.胆道,膵臓

c.超音波内視鏡下穿刺吸引術

6.腹部CT検査

7.腹部MRI検査

8.PET

9.ERCP

10.経皮経肝胆道造影

11.腹部血管造影検査

12.腹腔鏡,肝生検

13.腹腔穿刺

III 処置および治療手技の実際

A.消化管

1.経鼻胃管挿入,イレウス管挿入

2.バルーン拡張術

3.食道・胃静脈瘤の内視鏡的治療

4.内視鏡的止血術

5.消化管狭窄に対するステント留置

6.内視鏡的ポリペクトミー,粘膜切除術,粘膜下層【剥】離術

 a.上部消化管

 b.下部消化管

7.経腸栄養,経管栄養

8.経皮的内視鏡的胃瘻造設術

B.肝臓

1.経皮的ラジオ波焼灼術

2.経皮的エタノール注入療法

3.肝動脈塞栓療法

4.肝動脈注入化学療法

C.胆道・膵臓

1.内視鏡的乳頭切開術

2.内視鏡的乳頭バルーン拡張術

3.結石破砕術

4.内視鏡的ドレナージ術,ステント留置術

5.経皮的ドレナージ

6.経皮経肝的胆道鏡,胆管ステント留置術

IV 主要疾患の診断と治療

A.消化管疾患

a.食道疾患

 1.胃食道逆流症

 2.アカラシア

 3.食道・胃静脈瘤

 4.Mallory-Weiss症候群

 5.食道カンジダ症

 6.食道癌

b.胃・十二指腸疾患

 1.胃・十二指腸潰瘍

 2.急性胃炎,急性胃粘膜病変,十二指腸炎

 3.慢性胃炎

 4.蛋白漏出性胃腸症

 5.消化管穿孔

 6.ダンピング症候群

 7.粘膜下腫瘍

 8.膵消化管神経内分泌腫瘍

 9.胃腺腫

 10.胃癌

 11.消化管悪性リンパ腫

c.小腸・大腸・肛門疾患

 1.過敏性腸症候群

 2.潰瘍性大腸炎

 3.Crohn病

 4.腸結核

 5.好酸球性腸炎

 6.腸管Beh【c】et病

 7.急性虫垂炎

 8.大腸憩室疾患

 9.感染性腸炎

 10.虚血性腸炎

 11.薬剤性腸炎

 12.腸閉塞

 13.大腸ポリープ

 14.大腸癌

 15.急性出血性直腸潰瘍

 16.痔核,痔瘻

 17.脱肛,直腸脱,直腸粘膜脱症候群

B.肝疾患

1.肝機能異常

2.ウイルス性肝炎

 a.A型肝炎

 b.B型肝炎

 c.C型肝炎

 d.その他のウイルス性肝炎

3.肝硬変

4.劇症肝炎

5.自己免疫性肝炎

6.原発性胆汁性肝硬変,原発性硬化性胆管炎

7.代謝性肝疾患

8.薬物性肝障害

9.非アルコール性脂肪性肝疾患・脂肪性肝炎

10.アルコール性肝障害

11.門脈圧亢進症

12.肝血管腫

13.肝膿瘍

14.肝癌

15.転移性肝癌

16.肝移植

C.胆道・膵臓疾患

1.胆石症

2.急性胆【嚢】炎,慢性胆【嚢】炎

3.急性胆管炎

4.胆【嚢】腺筋症/胆【嚢】ポリープ

5.胆道癌

6.胆道出血

7.急性膵炎

8.慢性膵炎

9.自己免疫性膵炎

10.膵【嚢】胞性疾患

11.膵癌

12.胆管・膵管形成異常

D.腹壁・腹膜疾患

1.特発性細菌性腹膜炎

2.腹膜偽粘液腫

3.腹膜中皮腫

4.鼠径ヘルニア,ヘルニア嵌頓

V 悪性疾患の化学療法

A.リザーバーポート造設と留置による合併症

B.化学療法の実際

1.食道癌

2.胃癌

3.小腸癌

4.大腸癌

5.胆道癌,膵癌

6.その他の悪性腫瘍

C.緩和ケア


事項索引

薬剤索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:39.4MB以上(インストール時:85.7MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:157.6MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:63.8MB以上(インストール時:159.6MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:255.2MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784498041691
  • ページ数:660頁
  • 書籍発行日:2014年10月
  • 電子版発売日:2015年3月6日
  • 判:B6判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。