川添式熱血患者指導術「Do処方、特変ナシ」から脱却せよ! (日経DI薬剤師「心得」帳1)

  • ページ数 : 242頁
  • 書籍発行日 : 2010年6月
  • 電子版発売日 : 2012年7月7日
¥2,200(税込)
ポイント : 40 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

「食事」「排泄」「睡眠」に着目して、薬による影響が出ていないかを見つけることが「暮らしから薬をアセスメントする」という考え方です。 「在宅」の専門家として知名度が高い著者だが、そうなったのは、病院薬剤師時代の経験を生かして医師や看護師などの他の医療職種と連携しながら「薬局は何をすべきか」を考えた結果だった。
なぜ在宅なのか、在宅で何ができるのか、薬剤師は今、医療の中で何をすべきか──。その思いの丈を語る。

序文

坂本龍馬は、33歳の若さで刃に倒れた。しかし、その最後の3年間、彼が東奔西走し全力で生き抜いたことで、歴史が大きく変わったことはよく知られている。

同じ土佐の地に命を受けた私が、そんな生き様に影響を受けないはずもなく、「30歳から3年間、命を懸けて何かをやれば、何かができるに違いない」という漠然とした思いは、高校生のころから持っていたような気がする。

自分も、30歳から懸命に頑張れば、龍馬のように歴史を動かすことはできなくても、患者さんの記憶に残る薬剤師にはなれるのではないか──。そんな思いで始めた薬局は、早くも13年目を迎えた。

まだまだ青二才の私ではあるが、ここまで来られたのは、間違いなくこれまでに出会ったたくさんの人々のおかげである。人生の諸先輩、同僚、後輩、友人、家族そして患者さん。今は、そのすべての出会いに意味があったように思える。この場を借りて、心より感謝の思いを伝えたい。

特に、本書にも出てくるが、営業職時代に出会った薬局の先生方の姿は、今でも私の目標となっている。目を輝かせ、オーラを発しながら、患者さんの相談にのり、堂々と薬局の店頭に立たれていた。そして、もう一つ、病院勤務時代の「マイ患者さん」との出会いも大きい。この二つの出会いが「自分で薬局をやるんだ」という決心の後押しをしてくれた。

こうして、(少し大げさではあるが)私の命を懸けた薬局薬剤師人生は始まり、そしてまだまだ続きそうである。これからも薬剤師としての誇りを持ちながら、患者さんに責任を持って関われることの喜びを感じられる人生を全うしたい、と思っている。

そんな思いの丈を語りつくしたのが本書である。正直、読むに値する内容かどうか、私にもよくわからないが(笑)、決して私利私欲のために著したものではない。薬業界のために、ほんのわずかでもお役に立てるのであれば、これほど嬉しいことはない。ぜひ、楽しんでお読みいただきたい。


2010年 6月

川添 哲嗣

目次

第一章 薬局薬剤師って楽しい!

たこ焼き屋と同じじゃない何かを探そう

「Do処方、特変ナシ」から脱却せよ!

自分の引き出しを増やせばもっと楽しくなる

なんで、患者さんは医者についていっちゃうの?

先に相手を好きになれ

伝えたいことは120℃の熱さで

陽転思考で患者をハッピーに

第二章 チーム医療と医療連携

社交ダンスで多職種連携を学んだ病院時代

チーム医療と医療連携は違うもの?

連携はケアマネの名前を聞き出すことから

「もう一度、一緒に仕事をしたい」と思われたい

病院と薬局での共通言語って何だ?

薬薬連携パスを作ろう

第三章 在宅に行こう

僕の在宅患者、第一号

ニーズがあれば、迷わず行こう!

「気になってしゃーない」が「在宅」の基本

断るな。ハイは0.2秒、頼まれごとは試されごと

良い方に期待を裏切るべし

エンシュアか、とろみ調整剤か

「もういいじゃない、川添君」

第四章 視る! 聞く! 伝える!

何でもかんでもお薬カレンダーじゃない

フローチャートってそもそも何ですか

起こりそうな副作用を先回りしてチェック!

副作用と効果の同時確認でハイリスク薬もへっちゃら

「入れ歯の調子がよくない」という副作用

薬剤師はマジシャン、飲ませないのも仕事です

五感を使って患者さんを視よう!

第五章 [実録]川添式 訪問服薬指導

「庭のこと、したいけどできん」

いざというときにはチーム力がモノを言う

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:7.5MB以上(インストール時:16.3MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:30.0MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:21.5MB以上(インストール時:53.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:86.0MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784822211332
  • ページ数:242頁
  • 書籍発行日:2010年6月
  • 電子版発売日:2012年7月7日
  • 判:四六判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。