大脳白質解剖入門(An Introduction of Fiber Dissection) [動画付き]

  • ページ数 : 192頁
  • 書籍発行日 : 2019年3月
  • 電子版発売日 : 2019年6月28日
¥15,400(税込)
ポイント : 280 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

【大脳機能観のパラダイムシフト!】

近年の神経科学の進歩により、大脳がいかにその機能を果たすかという大脳機能観が変わりつつあり、そのネットワークは冗長性・可塑性を備えたダイナミックな変化を前提とする連合論的脳機能観が有力視されている。いまだに未知の領域が多い大脳白質の謎について、解剖学の最新知見を用いて解き明かすとともに、実際の解剖、手術テクニックについても解説する。

※動画付き製品のため、ご利用の環境によってはダウンロードにお時間がかかる場合がございます。

序文

白質解剖の感激は今でも忘れない.それまで断面でしか見ることのなかった脳解剖が,fiberdissection studyでは立体的な実物として目の前に立ち現れる.弓状束が,放線冠・脳梁の線維群が,自分の手元で明らかになる.視床から投射される大量の線維群,尾状核の美しい姿,醍醐味は尽きず,脳の解剖は時を忘れる.画像ではない,目の前の本物の脳の放つ輝きは,これまでに感じたことのない感動をもたらす.ちょうど今のように寒い2012年の冬の日であった.Uğur Türe先生がGazi Yaşargil先生とともにアーカンソー大学で開催されたハンズオンコースに参加した時のことである.この感動が忘れられず翌年も参加したが,日本でも自分たちの手で継承すべく,2015年に福島白質解剖セミナーを立ち上げて,以後毎年開催している.

脳のマクロ解剖は16世紀の古から行われ,20世紀の前半にはその頂点を迎えたが,以後長い沈黙が訪れる.今世紀に入って,拡散系MRIによる白質線維の可視化・安静時fMRI解析など,神経科学の進歩によって「ネットワークとしての脳」が解明されつつある.ただし,こうした画像解析はすべて数学の産物である.白質解剖は実在を確認するための手段として再度脚光を浴びている.今や,新たな線維連絡が次々に発見され,既知の白質線維束の詳細解明,すなわち「再発見」が進んでおり,白質解剖は神経科学のまさに「温故知新」である.患者の真に豊かな人生を実現するためには,運動・感覚・聴覚・視覚など基本機能だけでなく,言語・空間認知などさまざまな認知機能・高次脳機能を守ることも重要であり,現代医学のfrontierの一つと言える.このためには,一次中枢だけでなく,連合野とこれらをつなぐ白質のさらなる解明が欠かせない.白質解剖は,さらに,研究のみならず脳解剖を理解するための教育としても,大きな役割を果たすことが期待される.脳に携わる臨床家・研究者・学生はすべからく経験してほしいと感じている.

この場を借りて,本書を発案・牽引してくださった森健太郎先生,辛抱強くご協力をいただいたメディカ出版編集部の岡哲也さん,多大なるご助力とご理解を賜った福島県立医科大学解剖学講座の八木沼洋行先生に感謝を申し上げるとともに,献体いただいた方々に敬意と謝意を捧げたい.本書が,手にとるすべての人にとって役立つものになることを願ってやまない.


HIC GAUDENT MORTUI VIVENTES DOCERE

(ここでは,死者は喜んで生者を教える;福島県立医科大学解剖室より)


平成31年1月

福島県立医科大学医学部脳神経外科学講座
藤井 正純

目次

・Foreword

・序文

・編集・執筆者一覧

・WEB動画の視聴方法

【第1章 大脳白質解剖概論】

【第2章 大脳白質解剖の歴史と伝導路追跡法の発達】

【第3章 大脳白質解剖に必要な基礎知識】

【第4章 大脳白質のtractography】

【第5章 大脳白質解剖基本編】

(1) Klingler法にて前処理した脳標本を用いた白質解剖の準備と基本手技

(2) 脳表解剖(脳回・脳溝)

(3) 大脳半球外側面からの白質fiber dissection technique ーLateral approach

(4) 大脳半球内側面からの白質fiber dissection technique ーMedial approach

【第6章 大脳白質解剖応用編】

【第7章 大脳の機能解剖に基づく手術】

(1) 言語のネットワークと覚醒下手術

(2) 空間認知のネットワークと覚醒下手術

(3) 側頭葉内側構造の解剖と手術


・索引

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:817.3MB以上(インストール時:1.7GB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:3.2GB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:597.8MB以上(インストール時:1.5GB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:2.3GB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784840464925
  • ページ数:192頁
  • 書籍発行日:2019年3月
  • 電子版発売日:2019年6月28日
  • 判:A4変型
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※今日リンク、YNリンク、南山リンクについて、AndroidOSは今後一部製品から順次対応予定です。製品毎の対応/非対応は上の「便利機能」のアイコンをご確認下さいませ。


※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。


※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcher(iOS/iPhoneOS/AndroidOS)が必要です。


※書籍の体裁そのままで表示しますため、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。