国際学会English 口頭発表 研究発表のための英語プレゼンテーション

  • ページ数 : 240頁
  • 書籍発行日 : 2019年12月
  • 電子版発売日 : 2021年6月23日
¥3,300(税込)
ポイント : 60 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

●大好評「国際学会English」シリーズ第4弾!国際学会での研究発表で役立つ英語! プレゼンで使える英語! 知っていると便利な英語!
●実際の講演・プレゼンテーションから厳選した英語フレーズ例を掲載.効果的な発表のために,すぐに活用できます.
●日本人が間違えやすいポイントを多数紹介.プレゼンテーションテクニック向上のための必須の手引き書です.
●初学者でも学びやすい,簡単でわかりやすい英語で執筆.キーポイントは日本語で紹介.

あわせて読む → 「国際学会/論文English」シリーズ

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

目次

Part1 Starting

発表の始め方

自己紹介の仕方,発表テーマや概略の説明の仕方など,発表を始める際によく使われる表現と例文を紹介します.

1 Thank the Chairperson

 座長へのお礼の挨拶

2 State your name and affiliation

 名前と所属を述べる

3 Handling the title of your presentation

 タイトルを紹介する

4 Using an overview slide to introduce the structure and contents of your presentation

 目次スライドを活用して発表の構成を示す

5 How to introduce an overview slide using the words first,next,then,after that,in part3,in the next part/section,finally,lastly

 目次スライドの紹介に用いる接続表現

6 How to introduce an overview slide

 目次スライドを紹介する

7 How to show the title,your name,affiliation,and an overview of the contents on one slide

 タイトル,名前・所属,目次を1枚のスライドで紹介する

8 Starting without an overview slide:a short overview that provides a snapshot of the topic

 目次スライドを使わずに発表を始める

9 Introduce the background

 研究背景を紹介する

10 How to start a presentation as an invited speaker

 招待講演の始め方

11 Useful sentences for:Thanking the audience for coming,Making informal opening comments,Giving a series of talks,Comments when you present after a wellknown presenter,Dealing with technical problems

 便利な表現集

Part2 Using informal,spoken English to simplify and shorten the main body

話し言葉の英語を活用して簡潔な原稿を作成する方法

論文調の書き言葉の英語を,口頭発表に適した話し言葉の英語に変換する方法を紹介します.

1 How to reduce the level of formality in your presentation

 書き言葉の英語を話し言葉の英語に変換する方法

Part3 Simple ways to improve your slides

スライド改善のポイント

スライド作成の際に注意したい,文法や英語表現に関する11のポイントを紹介します.

1 Number your slides

 スライドに番号をつけよう

2 A space is needed between a number and a word

 数字・記号と単語の間にはスペースが必要

3 Use the slide title box to show the section

 スライドの最上部のスペースを上手に活用しよう

4 Use of the definite article the in slide titles

 スライドタイトル中の定冠詞theの使い方に注意しよう

5 Using contractions on slides:These samples aren't biodegradable

 スライドでは短縮形を使わないようにしよう

6 Slide title:Singular or plural?'s' or no's'?

 スライドタイトルは単数形?それとも複数形?

7 The word of can be a problem

 前置詞ofの使い方に注意しよう

8 Avoid using the words my or our in slides

 スライドではmyやourを用いるのはやめよう

9 Exclamation marks are not used in academic presentations or written papers

 エクスクラメーションマークは学会発表では使用しない

10 Problems with question marks:Is this a statement or a question?

 クエスチョンマークの誤用に注意しよう

11 Summary sentences at the bottom of slides:How to reduce the number of words

 スライド下部に簡単なまとめを入れよう

Part4 How to improve the clarity of the main body

本論を分かりやすく伝える方法

論理展開を示す表現,スライド内の情報を説明する表現など,本論(main body)の説明に必要な表現と例文を紹介します.

1 Starting a new topic,section

 新しい話題/セクションを始める

2 Explaining what is on a slide

 スライド内の情報を説明する

3 How to use the word mean

 動詞meanの正しい使い方

4 Useful expressions for explaining technical terms:by X,I mean,what do I mean by X?,in other words,X is defined as,I'm going to refer to X as Y

 専門用語を説明する

5 Simplifying and rephrasing the information you present

 情報を単純化して伝える/平易な表現に言い換える

6 Giving an estimate using the words about,approximately,in the region of,typical,typically,basically

 詳細には触れず,おおまかな数値/一般論を述べる

7 Skipping information and focusing on the main points

 要点の説明に絞り,一部の説明を省略する

8 How to help the audience follow your presentation by using forward movement,backward movement,and reminders

 次に話す内容を予告する/前に話した内容を振り返る

9 Focusing on information on the slide

 スライドのどこに注目してほしいかを示す

10 Focusing on results

 結果と考察を説明する

11 Introducing references

 参考文献を示す/結果を先行研究と比較する

12 Summarizing at 3 levels:one slide,several slides,a section

 発表の途中にまとめを挟む:スライド1枚のまとめ,スライド数枚分のまとめ,セクションのまとめ

13 From data to explanation and implications

 結果を考察する:結果が何を意味しているか/どのような意義をもつか

14 Introducing and explaining a video clip

 動画を再生する

15 Time management,correcting yourself,correcting an error on a slide

 発表時間の管理/発言内容とスライド内容の訂正

16 How to use the expressions stand for and is short for to introduce an acronym

 アクロニム(頭字語)を説明する

17 Giving examples using such as,for example,for instance

 具体例を挙げて説明する

18 Explaining a process using the words first,next,after that,then

 手順を説明する

Part5 Finishing your presentation

発表の終わり方

発表の終わり方の流れを16のステップに分けて紹介します.

1 Starting the summary:Steps1-5

 まとめを始める:ステップ1~5

2 Introduce the findings,implications,and future work:Steps6-11

 研究結果のポイントや聴衆へのメッセージを述べる:ステップ6~11

3 Finishing the presentation:Steps12-16

 発表を終える:ステップ12~16

Part6 How to create a clear summary slide and an audience-friendly script

分かりやすいまとめスライドの作り方,説明の仕方

簡潔で見やすいまとめスライド(summary slide)を作成する方法と,まとめスライドを説明する際の原稿作成のポイントを解説します.

1 Summary slide example 1

 まとめスライドの改善例(1)

2 Summary slide example 2

 まとめスライドの改善例(2)

Columns

 #01 The word my is frequently misused

  Myの誤用に注意しよう

 #02 I'll just run through/go over the main points

  Run through,go overを上手に使おう

 #03 A summary-box and mini-summary can help the audience follow your presentation

  Summary-boxとmini-summaryを活用しよう

 #04 Is it okay to read from the text on your computer?

  口頭発表で原稿を読み上げるのは問題か?

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:4.2MB以上(インストール時:24.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:16.8MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:4.2MB以上(インストール時:24.8MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:16.8MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784263433645
  • ページ数:240頁
  • 書籍発行日:2019年12月
  • 電子版発売日:2021年6月23日
  • 判:A5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。