麻酔 2022年12月号 投稿論文掲載号

  • ページ数 : 134頁
  • 書籍発行日 : 2022年12月
  • 電子版発売日 : 2022年12月7日
¥2,860(税込)
ポイント : 52 pt (2%)
今すぐ立ち読み
今すぐ立ち読み

商品情報

内容

巻頭言
 神経麻酔の先に
症例集積研究
 在宅酸素療法を受けている患者の周術期経過に関する実態調査
 ヘモクロン(R) Jr. シグニチャー+で測定したACT-LRとプロタミン投与後APTTの関連についての検討
ほか

≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら
麻酔(2022年・年間購読)受付中!

※本製品はPCでの閲覧も可能です。
製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。詳細はこちらでご確認ください。
推奨ブラウザ: Firefox 最新版 / Google Chrome 最新版 / Safari 最新版

目次

巻頭言

神経麻酔の先に (川口昌彦)

症例集積研究

在宅酸素療法を受けている患者の周術期経過に関する実態調査 (静谷 泉ほか)

ヘモクロン(R) Jr. シグニチャー+で測定したACT-LRとプロタミン投与後APTTの関連についての検討 (山岡正和ほか)

症例報告

オフポンプ冠動脈バイパス術にレミマゾラムを用いた全静脈麻酔を行い手術室での早期抜管が可能であった1症例 (小林朋暉ほか)

ラリンジアルマスクプロシール(TM)を用いた全身麻酔下での肩関節鏡下腱板修復術後に味覚障害が生じた1症例 (大友 純ほか)

大動脈弁置換術の人工心肺離脱時に術前には認めなかった左房内血栓を経食道心エコーにより同定した1症例 (中西裕貴子ほか)

中心静脈カテーテル挿入時に右内頸静脈内にフラップ様構造物を認めた1症例 (渡邊南穂ほか)

仙骨神経根嚢腫を有する妊婦の帝王切開の麻酔管理 (神田知枝ほか)

巨大喉頭蓋嚢胞に対し薄型イントロックのエアウェイスコープ(R) が有用であった1症例 (村木真美ほか)

保存療法が選択された大腿骨頸部骨折患者に対する股関節枝高周波熱凝固法の有効性 (石岡慶己)

ベントール手術後,ICUへ転送中の心室細動の発生に肺動脈カテーテルの位置異常が疑われた1症例 (藤本智子ほか)

紹介

胸骨下半分の中心を正しく胸骨圧迫するための工夫 (本間裕太郎ほか)

蘇生の歴史:69.呼吸機能の解明(20):John Mayow (浅井 隆)

華岡青洲が揮毫した詩や言葉の研究(その1)―出版物に掲載された書蹟― (荒川一男ほか)

華岡青洲の“ 外科” の学統 (松木明知)

外国文献紹介

投稿規定

お知らせ

便利機能

  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応
便利機能アイコン説明
  • 全文・
    串刺検索
  • 目次・
    索引リンク
  • PCブラウザ閲覧
  • メモ・付箋
  • PubMed
    リンク
  • 動画再生
  • 音声再生
  • 今日の治療薬リンク
  • イヤーノートリンク
  • 南山堂医学
    大辞典
    リンク
  • 対応
  • 一部対応
  • 未対応

対応機種

  • ios icon

    iOS 10.0 以降

    外部メモリ:10.1MB以上(インストール時:24.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:40.4MB以上

  • android icon

    AndroidOS 5.0 以降

    外部メモリ:10.1MB以上(インストール時:24.4MB以上)

    ダウンロード時に必要なメモリ:40.4MB以上

  • コンテンツのインストールにあたり、無線LANへの接続環境が必要です(3G回線によるインストールも可能ですが、データ量の多い通信のため、通信料が高額となりますので、無線LANを推奨しております)。
  • コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。 導入方法の詳細はこちら
  • Appleロゴは、Apple Inc.の商標です。
  • Androidロゴは Google LLC の商標です。

書籍情報

  • ISBN:9784014007112
  • ページ数:134頁
  • 書籍発行日:2022年12月
  • 電子版発売日:2022年12月7日
  • 判:B5判
  • 種別:eBook版 → 詳細はこちら
  • 同時利用可能端末数:3

まだ投稿されていません

特記事項

※ご入金確認後、メールにてご案内するダウンロード方法によりダウンロードしていただくとご使用いただけます。

※コンテンツの使用にあたり、M2Plus Launcherが必要です。

※eBook版は、書籍の体裁そのままで表示しますので、ディスプレイサイズが7インチ以上の端末でのご使用を推奨します。