克誠堂出版:352件

ポイント率が高い順

20件

麻酔 2024年4月号 投稿論文掲載号
麻酔 2024年4月号 投稿論文掲載号

¥2,970

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

投稿論文掲載号

形成外科 2024年2月号【特集】動静脈奇形症例集(3)―躯幹―
形成外科 2024年2月号【特集】動静脈奇形症例集(3)―躯幹―

¥3,630

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

動静脈奇形は治療に難渋する疾患の代表の1つだが,発症頻度は高くないため扱いに苦悩することになる。本特集では,その第3弾として「躯幹の動静脈奇形の症例」を集めた。今回は形成外科で現在扱うことの多い胸腹壁の病変について,難解な疾患の病態理解に精通した専門家による治療の選択肢を紹介する。 ここに商品紹介文...

麻酔 2024年2月号 投稿論文掲載号
麻酔 2024年2月号 投稿論文掲載号

¥2,970

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

投稿論文掲載号

形成外科 2024年1月号【特集】動静脈奇形症例集(2) ―顔面―
形成外科 2024年1月号【特集】動静脈奇形症例集(2) ―顔面―

¥3,630

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

動静脈奇形は治療に難渋する疾患の代表の1つだが,発症頻度は高くないため扱いに苦悩することになる。本特集では,その第2弾として「顔面の動静脈奇形の症例」を集めた。患者のアイデンティティである顔とその機能を保ちながら難治な動静脈奇形と対峙するのは困難を極める。全国の施設の専門家による様々な治療の選択肢を...

麻酔 2024年1月号【特集】麻酔科医にとっての悪心・嘔吐:その起源から治療まで
麻酔 2024年1月号【特集】麻酔科医にとっての悪心・嘔吐:その起源から治療まで

¥2,970

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

我々はしばしば悪心・嘔吐に遭遇するものの、その本質について深く考えてこなかったのかも知れない。今回、起源や生理学的な基盤から説き起こし、様々な原因で生じる悪心・嘔吐に対する合目的な治療方法まで、第一線の先生方に執筆いただいた。学問的に興味深い内容から適切な治療薬の選択まで、包括的な知識が得られる特集...

麻酔2023年11月増刊号 日本麻酔科学会第70回学術集会講演特集号
麻酔2023年11月増刊号 日本麻酔科学会第70回学術集会講演特集号

¥4,840

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

日本麻酔科学会第70 回学術集会講演特集号

形成外科 2023年12月号 重度四肢外傷と形成外科
形成外科 2023年12月号 重度四肢外傷と形成外科

¥3,630

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

重度四肢外傷と形成外科

麻酔 2023年12月号 投稿論文掲載号
麻酔 2023年12月号 投稿論文掲載号

¥2,860

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

投稿論文掲載号

日本の現代麻酔科学の歩み
日本の現代麻酔科学の歩み

¥7,700

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

日本における1950年以降の現代麻酔科学の歴史を立体的視点でとらえる。“山村秀夫東京大学名誉教授との対談”“山村秀夫の‘麻酔標榜医の認可’における業績”などを収載。

形成外科 2023年11月号 【特集】動静脈奇形症例集(1)―手足―
形成外科 2023年11月号 【特集】動静脈奇形症例集(1)―手足―

¥3,630

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

動静脈奇形は治療に難渋する疾患の代表の1つだが,発症頻度は高くないため扱いに苦悩することになる。本特集では,その第一弾として「手足の動静脈奇形の症例」を集めた。全国の各施設から,良い経過をたどっている症例ばかりでなく難渋例も提示し,一施設一専門家の経験を多くの読者で共有・蓄積して,次の突破口を開くこ...

麻酔2023年11月号 【特集】小児麻酔up to date
麻酔2023年11月号 【特集】小児麻酔up to date

¥2,860

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

小児麻酔の企画から10年余りが経過し、小児麻酔領域においても、医療やそれを取り巻く技術の進歩や社会情勢によって大きく様変わりしている。今回、超音波ガイド下神経ブロックや内視鏡手術に代表されるように進歩が著しい領域を中心に小児麻酔の最新の知識をお伝えするべく、本特集を計画した。

形成外科 2023年10月号 【特集】顎下部のたるみ取り―私はこうしている―
形成外科 2023年10月号 【特集】顎下部のたるみ取り―私はこうしている―

¥3,630

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

高齢化社会とともに「いつまでも若くありたい」と望む人が増え,フェイスリフトやスレッドリフトによる顔面の除皺術は若返りにとって重要な手技の1つとなっている。同じく顎下部のたるみの修正も重要な要素の1つだが,欧米に比べ日本では顔面ほど多くの報告や著述がない。本特集では顎下部のたるみの修正法の幾つかを紹介...

麻酔2023年10月号 投稿論文掲載号
麻酔2023年10月号 投稿論文掲載号

¥2,860

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

投稿論文掲載号

形成外科 2023年9月号 【特集】効率よいリンパ外科への道標
形成外科 2023年9月号 【特集】効率よいリンパ外科への道標

¥3,630

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

効率よいリンパ外科への道標 LVA(リンパ管静脈吻合術)は形成外科分野の一手術として定着してきたが,診断,方法,統合的治療など,「リンパ外科」として統一された治療方法とはいえない。今後は確実な診断,造影などを含めた解析,より良い外科的治療法への進歩,そして統合的治療との一体化が必要だ。2022年の第...

麻酔2023年9月号 高齢者準緊急手術の周術期管理
麻酔2023年9月号 高齢者準緊急手術の周術期管理

¥2,860

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

高齢者準緊急手術の周術期管理 最近の麻酔の特徴として高齢者の割合が増加している。代表的な準緊急手術として大腿骨頚部骨折が挙げられる。本特集では若干範囲を拡大し、急性虫垂炎、嵌頓リスクのあるヘルニアなども含め、早期施行が求められ、かつ全身麻酔、神経幹麻酔いずれも可能な手術の麻酔管理に関する最新の情報を...

形成外科 2023年8月号【特集】在宅医療・訪問診療における形成外科医の役割と現状
形成外科 2023年8月号【特集】在宅医療・訪問診療における形成外科医の役割と現状

¥3,630

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

第66巻8号:少子高齢化が進行し,在宅医療の需要は急拡大している。なかでも褥瘡など創傷の管理では,形成外科医が主役を演じていくことになるだろう。その重要性の高まりから,2022年の日本創傷外科学会学術集会ではシンポジウムが開催され,在宅医療に関する新たな委員会造設の動きもある。その現状と,形成外科医...

麻酔2023年8月号 投稿論文掲載号
麻酔2023年8月号 投稿論文掲載号

¥2,860

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

投稿論文掲載号 新型コロナウイルス感染症(COVID‒19)におけるpermissive hypoxemiaと意識下腹臥位療法 全身麻酔下全肺洗浄前後における動脈血酸素分圧の低下の左右比較 心不全を合併した乳児神経芽腫摘出術の麻酔経験 ほか ≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 麻酔(20...

形成外科 2023年6月増刊号【特集】形成外科学界未来予想図
形成外科 2023年6月増刊号【特集】形成外科学界未来予想図

¥6,050

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

我が国における形成外科学界の未来はどうなるのか? 既存の治療法のみを目指すのであれば、日本の形成外科に未来はない。 未来の形成外科学界を切り拓くために、日本の形成外科の未来予想図を語っていただいた。 ≫ 「形成外科」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 形成外科(2023年・定期購読)受付中! ※本製...

形成外科 2023年7月号【特集】先天性眼瞼下垂症の前頭筋吊り上げ術
形成外科 2023年7月号【特集】先天性眼瞼下垂症の前頭筋吊り上げ術

¥3,630

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

先天性眼瞼下垂症は,視機能の維持とともに整容的改善を目的に治療が行われますが,その治療介入の適応,タイミング,および手段はさまざまです。本特集は,さまざまな吊り上げ材料,吊り上げ材料の異なる通し方や固定方法,手術時のエンドポイントの見極めの違い,それぞれの注意点と治療のゴールなどが比較できるように,...

麻酔2023年7月号【特集】安全管理におけるノンテクニカルスキルの重要性:航空業界と麻酔医療
麻酔2023年7月号【特集】安全管理におけるノンテクニカルスキルの重要性:航空業界と麻酔医療

¥2,860

(m3.com 電子書籍ポイント 2%)

立ち読み
お気に入り

航空業界では、ノンテクニカルスキルの重要性を認識し発展させてきた。安全に関して航空業界から学んできた歴史がある医療や麻酔領域においても、ノンテクニカルスキルの必要性は強く求められている。本特集はすべての麻酔科医、手術室で仕事をするチームメンバーが理解し実践すべき必読の内容となっている。 ≫ 「麻酔」...