克誠堂出版:346件

ポイント率が高い順

20件

~“術後せん妄”と“術後認知機能障害”の予防をエンドポイントとした~高齢者周術期管理マニュアル
~“術後せん妄”と“術後認知機能障害”の予防をエンドポイントとした~高齢者周術期管理マニュアル

¥5,390

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

高齢者の術後高次機能の維持を目的とした介入は、有用性が未確定な分野が多い。本書は、術後せん妄・認知機能障害を予防するための周術期介入の最新のエビデンスを詳解する。 ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環境で閲覧可能なPDF版をご覧いただけます。...

今日から始めよう!運動負荷試験
今日から始めよう!運動負荷試験

¥3,520

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

「Lesson 0 なぜ、いま運動負荷試験を行うのか」から始まる本書は、運動負荷試験(負荷心電図、心肺運動負荷試験)を短期間で習得できるよう、必要最小限のページ数で解説。それでいながら、著者の運動負荷試験に関するノウハウやチップス、さらにはゲートキーパーとしての役割など「著者の思いのたけ」が詰め込ま...

周術期管理に役立つPoint of Care超音波~入門から応用まで~
周術期管理に役立つPoint of Care超音波~入門から応用まで~

¥6,380

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

総合診療では、近年POCUSが有用な診断ツールとして注目されている。本ツールを多くの麻酔科医や周術期医療に携わる方々が習得し日常診療に活かせることを目指した。第Ⅰ章では超音波検査に必要な基礎知識として、超音波の基礎知識と機器の使い方、アーチファクトの基本理解を深める。第Ⅱ章では基本スキルとして、FO...

形成外科 2023年6月号【特集】前頭部と眉間部の除皺術
形成外科 2023年6月号【特集】前頭部と眉間部の除皺術

¥3,630

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

高齢化社会を迎え「いつまでも若くいたい」と望む人が増え、顔面の除皺術(Face Lift)は1つの有効な手段となっている。これらの部位の除皺術について臨床経験の豊富な先生方にご執筆いただいた。 ≫ 「形成外科」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 形成外科(2023年・定期購読)受付中! ※本製品はP...

麻酔2023年6月号 投稿論文掲載号
麻酔2023年6月号 投稿論文掲載号

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

麻酔2023年6月号 投稿論文掲載号 好塩基球活性化試験が診断に有用であった抗菌薬による周術期アナフィラキシーショックの1症例 腰椎手術直後にpseudohypoxic brain swellingが原因と考えられる全身強直性痙攣が出現した1症例 トリガーポイント注射・超音波ガイド下腹横筋膜面ブロッ...

形成外科 2023年5月号【特集】乳輪乳頭の疾患
形成外科 2023年5月号【特集】乳輪乳頭の疾患

¥3,630

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

乳輪乳頭の疾患 乳輪乳頭疾患のうち,悪性腫瘍術後の乳輪乳頭欠損以外の疾患を中心に特集を組んだ。形成外科分野において乳輪乳頭の再建術に関する論文は多いが,整容的な面からの評価に偏りがちである。基本的かつ幅広い知識をもって治療に臨めるよう,形成外科だけでなく乳腺外科や助産師の視点も紹介する。 ≫ 「形成...

麻酔 2023年5月号【特集】麻酔の安全性を高める薬剤、機器、技術、組織改善の歴史と展望
麻酔 2023年5月号【特集】麻酔の安全性を高める薬剤、機器、技術、組織改善の歴史と展望

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

麻酔の安全性を高める薬剤、機器、技術、組織改善の歴史と展望 麻酔の歴史は、麻酔薬による呼吸循環抑制、副作用に対する改善の歴史ともいえる。本特集では、麻酔の安全性を高めためのさまざまなアプローチを、歴史を振り返って整理するとともに、麻酔の安全性向上の観点から今後の目指すべき展望について各領域の専門家に...

麻酔2023年4月号 投稿論文掲載号
麻酔2023年4月号 投稿論文掲載号

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

巻頭言  麻酔科医のアイデンティティ 総説  手術室薬剤の投薬安全とセキュリティー:周術期管理チームのための基礎知識 ほか ≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 麻酔(2023年・定期購読)受付中! ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライ...

形成外科 2023年4月号【特別企画】海外に行こう!
形成外科 2023年4月号【特別企画】海外に行こう!

¥3,630

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

日本の形成外科には世界最先端の分野が多くあるが,その歴史は浅い。形成外科の臨床の常識は,地域の人種構成や生活習慣および保険制度によって異なるが,文献を読むだけでは理解が難しく,海外に行って直接学ぶべきことはいまだ多い。国際的に活躍している形成外科の先生方に,海外で学んだ経験を語っていただいた。 ※都...

入門 新呼吸療法
入門 新呼吸療法

¥6,930

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

呼吸療法の入門書であり、これから呼吸療法をはじめる医師に読んでいただきたい書籍であるが、呼吸は生命維持にとって優先すべき重要な機能であるため、多くの診療科にもお勧めしたい。 さらには、いまやチーム医療となった呼吸療法は、呼吸療法に携わる医療者にも学んでいただきたい入門書である。 ※本製品はPCでの閲...

形成外科 2015年1月号【特集】外来診療で診断・治療に難渋する疾患
形成外科 2015年1月号【特集】外来診療で診断・治療に難渋する疾患

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第58巻1号:日常診療で体表の異常を多く扱う形成外科医には,頭の先から足の先までに生じる様々な疾患に対して幅広い知識と判断が要求される。例えば爪の変形,色素沈着,腫瘍などは,初期の判断・治療を誤ると,病態が悪化したり難治化する可能性を秘めている。さらに,足底潰瘍などでは内在する血行障害や糖尿病などを...

形成外科 2015年2月号【特集】乳房インプラント再建のコツ
形成外科 2015年2月号【特集】乳房インプラント再建のコツ

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第58巻2号:乳房再建用ティッシュ・エキスパンダーとシリコンインプラントを用いた手術が保険適用になり,人工物を用いた乳房再建のニーズが高まっている。第56回日本形成外科学会総会でも,これを考慮し「人工物を用いた乳房再建」と題したシンポジウムが組まれ,大好評であったので,これをベースに特集を組んだ。 ...

形成外科 2015年3月号【特集】東洋人におけるRhinoplasty
形成外科 2015年3月号【特集】東洋人におけるRhinoplasty

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第58巻3号:鼻は顔の中心にあり,顔貌の特徴を決める重要な部分である。美容外科領域における鼻の形成,再建外科領域における鼻の再建についてはこれまで多くの手技が報告されてきたが,これらの多くは欧米で開発され,白人の鼻を対象としていた。東洋人の鼻は,鼻骨や鼻翼軟骨の形態,鼻尖部の外観など,白人とは異なる...

形成外科 2015年4月号【特集】形成外科領域における手術シュミレーション
形成外科 2015年4月号【特集】形成外科領域における手術シュミレーション

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第58巻4号:近年,安全かつ低侵襲な手術を行うことを目的とし,様々な装置を用いた手術シミュレーションがめざましく発展した。例えばCTのデータより,頭蓋骨のモデルを実際のものと寸分の違いもなく作成することができる。これらのシミュレーション技術は,手術の正確性や安全性を大幅に高めただけでなく,若い医師の...

形成外科 2015年5月号【特集】エステティックユニットを重視した顔面皮膚欠損の治療
形成外科 2015年5月号【特集】エステティックユニットを重視した顔面皮膚欠損の治療

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第58巻5号:かつて顔面の皮膚欠損の修復手技が植皮術や有茎皮弁術に限られていたころ,エステティックユニットの考え方は形成外科医がもつべき最も基本的な常識であった。が,様々な新たな創閉鎖のための手術手技が登場してくるうちに,その考え方が軽視されてきた。いかなる修復法であっても,エステティックユニットが...

形成外科 2015年6月号【特集】穿通枝皮弁をうまく使うには
形成外科 2015年6月号【特集】穿通枝皮弁をうまく使うには

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第58巻6号:穿通枝皮弁は,皮弁移植(移行)術の極みともいえ,特に四肢においてはドナーの犠牲を少なくできる利点がある。さらに本法を応用すれば,どこの部位であろうと不特定の小口径血管に養われた皮膚・皮下組織を挙上し再建に利用する「free style flap」が可能となる。一方で,術前のプランニング...

形成外科 2023年3月号【特集】創傷外科医が「歩行」を診るために
形成外科 2023年3月号【特集】創傷外科医が「歩行」を診るために

¥3,630

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

【特集】創傷外科医が「歩行」を診るために 創傷外科医は下肢・足の創傷治癒に取り組んできたが,必ずしも歩行を念頭に置いた治療を行ってきたわけではなく,日本の医学教育では歩行を学ぶ機会がない。また歩行機能回復は,理学療法士や看護師など,多職種協同が必要な分野でもある。創傷外科医が歩行機能に熟知し,集学的...

麻酔2023年3月号【特集】慢性疼痛の現況と課題
麻酔2023年3月号【特集】慢性疼痛の現況と課題

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

【特集】慢性疼痛の現況と課題 慢性疼痛患者への治療と対処という特集を企画したのは15年前のことになる。その間、社会の高齢化とともに慢性疼痛患者数の増加が見られ、対策が重要となり疼痛への関心も増加した。今回、あらためて慢性痛を取り上げ、痛みの概念とともに薬物療法、光線療法、介入療法、理学療法、集学的療...

形成外科 2015年7月号【特集】フラクショナルレーザーupdate
形成外科 2015年7月号【特集】フラクショナルレーザーupdate

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第58巻7号:レーザーを点状に照射するフラクショナルレーザーが日本に導入されてから7,8年が経過しました。面状に照射する通常の機器よりもダウンタイムが短く,欧米の臨床成績では皮膚の若返り治療だけではなく瘢痕治療にも効果があることも示され,日本でも急速に普及した。しかし,黄色人種に対しても同様の臨床成...

形成外科 2015年8月号【特集】マゴットセラピーの適応と実際
形成外科 2015年8月号【特集】マゴットセラピーの適応と実際

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第58巻8号:集学的治療を駆使しても治療できない症例。その解決の一助となるのが,マゴットセラピー(療法)だ。昔から「うじがわいたら傷が治る」と言われ,マゴットが創傷治癒に多大な能力を有していることは以前よりわかっていたが,それを1つの正式な治療法として確立したのが「マゴットセラピー」であり,その治療...