克誠堂出版:346件

ポイント率が高い順

20件

形成外科 2015年11月号【特集】眼瞼下垂治療における再手術
形成外科 2015年11月号【特集】眼瞼下垂治療における再手術

¥3,080

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第58巻11号:眼瞼下垂症手術は比較的手技が簡便なこともあり,今や形成外科の中で最も施行件数の多い手術の1つとなった。しかし,十分な矯正が得られなかったり過矯正を生じたり,あるいは矯正は得られても眼瞼の形状から整容的な不満が生じたりすることが少なくない。第56回日本形成外科学会総会でのミニシンポジウ...

形成外科 2016年5月号【特集】脂肪注入移植を用いた乳房再建術
形成外科 2016年5月号【特集】脂肪注入移植を用いた乳房再建術

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻5号:自家脂肪注入移植術は,形態面の不足を補うといった量的効果だけでなく,劣化した皮膚や皮下組織に柔軟性を与えるといった質的効果も有することが明らかとなり,乳房再建術などに広く応用されるようになってきた。各種脂肪注入移植術の現況を示し,適応となる病態,手技,合併症などとともに代表症例を提示す...

形成外科 2016年4月号【特集】上顎癌治療の最前線
形成外科 2016年4月号【特集】上顎癌治療の最前線

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻4号:上顎癌の外科的切除後の再建は,症例ごとに欠損範囲・欠失組織が大きく異なり,軟部組織の再建に留まらず,硬組織の再構築,眼球の位置の復元,鼻腔・口腔の隔離,ひいては咀嚼機能への配慮,さらには顔貌の可及的再現など,克服すべき問題を多数抱える。上顎癌治療の現状から,再建におけるキーポイント,そ...

形成外科 2016年3月号【特集】口唇裂二次手術 update
形成外科 2016年3月号【特集】口唇裂二次手術 update

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻3号:近年,Fisher法に代表される三角弁法の見直しや,NAM法の導入などにより,口唇裂一次手術は従来以上に解剖学的・整容的再建がなされるようになった。しかし,口唇裂術後変形に対する修正術の必要性がなくなったわけではない。原因としては裂隙の程度,口唇の組織量,鼻軟骨の変形など様々な要因が絡...

形成外科 2016年6月号【特集】デュピュイトラン拘縮治療の最前線
形成外科 2016年6月号【特集】デュピュイトラン拘縮治療の最前線

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻6号:デュピュイトラン拘縮の治療では,以前は病的腱膜の可及的全切除が原則とされていた。しかし,瘢痕拘縮形成術と同様に病的腱膜をあえて切除する必要はないとの考えもあり,治療法はいまだ確立されていない。また,局所注射することによって病的腱膜を融解させる新しい治療薬も開発されている。本疾患に対する...

形成外科 2016年7月号【特集】皮弁の再考-Flap Revisited-
形成外科 2016年7月号【特集】皮弁の再考-Flap Revisited-

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻7号:1960年代のDP皮弁,70年代の大胸筋皮弁の画期的な開発に触発され,皮膚・皮下組織はもとより,筋肉・骨・神経などへの血行動態の解明が進み各種の皮弁が開発された。特にマイクロサージャリーによって遊離移植が可能となり,わが国から多くの皮弁の有用性が発表された。日本で開発され,世界にも発信...

形成外科 2016年8月号【特集】リンパ浮腫治療の最前線
形成外科 2016年8月号【特集】リンパ浮腫治療の最前線

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻8号:マイクロサージャリー手技を用いたリンパ浮腫の手術的治療は認知されつつある。基本的な考えは,貯留しているリンパ液を静脈に還流させるものだが,その方法については標準的な手技が確立されてはいない。また,手術適応や,治療成績がどの程度なのかも明確にはなっていない。リンパ浮腫の手術的治療の手技と...

形成外科 2016年9月号【特集】PRPの適応疾患と今後の展望
形成外科 2016年9月号【特集】PRPの適応疾患と今後の展望

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻9号:血小板血漿(PRP)は自己の血液から血小板のみを濃縮したもので,その血小板に含まれる多量のサイトカインによって細胞や組織の活性化を起こすことが可能であり,数多くの分野で臨床応用されている。また,厚労省より再生医療の1つとしてとり上げられ,今後は公的な医療として認められる可能性の高い治療...

形成外科 2016年12月号【特集】形成外科の基礎研究-私の研究歴,および研究マインド育成に対する提言-
形成外科 2016年12月号【特集】形成外科の基礎研究-私の研究歴,および研究マインド育成に対する提言-

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻12号:皮弁の開発,各種組織の血行動態の解明,遊離組織移植術における合併症の検討・解析,肥厚性瘢痕・ケロイドの分析,人工真皮に端を発した再生医療の導入,創傷治癒過程の機序の把握などの基礎的研究などの中には,日本で開発され,世界に発信された貴重な報告も多々ある。今後の形成外科の将来を担う若い世...

形成外科 2016年10月号【特集】新たな光学機器で見た形成外科疾患
形成外科 2016年10月号【特集】新たな光学機器で見た形成外科疾患

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻10号:最近の工学機器の進歩は目覚ましく,医療が著明に安全確実で容易なものになるという実例は数多く見られる。一方,脚光を浴びた新たな工学機器を無理やり医療にあてはめたとしか思えないような報告もしばしば見受けられる。形成外科領域において実際に有益と思われる光学系機器の利用に絞り,また各著者が一...

形成外科 2016年11月号【特集】形成外科医が知っておきたい美容皮膚知識
形成外科 2016年11月号【特集】形成外科医が知っておきたい美容皮膚知識

¥3,300

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第59巻11号:美容医療を希望する患者は通常,「毛穴とくすみが気になるのです」「なんか皮膚に透明感がなくなってきた気がします」「20代の頃に比べると皮膚の張りがなくなりました」などの言葉で症状を訴える。医師としては,これらが医学的にどのような状態を指しているのかがわからないと治療が行えない。このよう...

形成外科 2023年2月号【特集】最新の腋窩多汗症・腋臭症治療
形成外科 2023年2月号【特集】最新の腋窩多汗症・腋臭症治療

¥3,630

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第66巻2号:2017年にマイクロ波を用いたミラドライが,それに続き外用剤エクロックも薬事承認された。日本人は,アポクリン汗腺が発達している人の割合は少ないといわれているが,腋のにおいや多汗症で悩む方は少なくない。本特集では,外用剤,ボトックス,治療機器(ビューホット,ミラドライ)による腋窩多汗症・...

麻酔2023年2月号 投稿論文掲載号
麻酔2023年2月号 投稿論文掲載号

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

巻頭言  麻酔後回復室は麻酔後「反省」室 原著  持続大腿三角ブロックに併施したIPACK ブロックと選択的脛骨神経ブロックの人工膝関節全置換術における鎮痛効果:ランダム化比較試験   ほか ≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 麻酔(2023年・定期購読)受付中! ※本製品はPCでの閲覧...

形成外科2023年1月号【特集】頬部皮下腫瘍の鑑別診断と治療
形成外科2023年1月号【特集】頬部皮下腫瘍の鑑別診断と治療

¥3,630

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第66巻1号:頬部の皮下には脂肪などの軟部組織だけでなく,耳下腺や顔面神経などの重要臓器があり,それらの部位から発生してくる皮下腫瘍(多形性腺腫,ワルチン腫瘍,神経鞘腫,脂肪腫,悪性リンパ腫,孤立性線維腫,皮様嚢腫など)も多種多様である。頬部皮下腫瘍を治療するにあたっては,術前の鑑別診断と手術方法・...

麻酔2023年1月号【特集】麻酔科の未来につながる工学
麻酔2023年1月号【特集】麻酔科の未来につながる工学

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

【特集】麻酔科の未来につながる工学 臨床応用への距離を比較的近く感じることができる、さまざまなイノベーションを解説し、未来の麻酔管理での応用のイメージを膨らませてもらうことを目的とした特集である。 ≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 麻酔(2023年・定期購読)受付中! ※本製品はPCで...

形成外科 2022年11月号【特集】小耳症フレームワーク ―うまくいくためのポイント―
形成外科 2022年11月号【特集】小耳症フレームワーク ―うまくいくためのポイント―

¥3,630

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第65巻11号:肋軟骨フレームワークによる小耳症手術は,Tanzerにより発表されて以来,多くの改良が重ねられてきた。本特集では現在,小耳症形成術について精力的に取り組んでいる専門家達に,肋軟骨フレームワークに焦点をしぼり,うまくいくための鍵となる重要ポイント・合併症リスクを下げる注意点,および細か...

形成外科 2022年12月号【特集】レジデントのための頭頸部・食道再建の基本
形成外科 2022年12月号【特集】レジデントのための頭頸部・食道再建の基本

¥3,630

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

第65巻12号:頭頸部・食道再建は,再建外科医の独擅場の世界であり,それを専門としていない形成外科医が指導者なしで手術を行うことはほとんどない。一方で,専攻医は広く形成外科を学ぶ必要があり,頭頸部・食道再建の基本も習得する必要がある。形成外科専門医を目指す専攻医が,術前~術後に行われる医療行為の意味...

麻酔 2022年12月号 投稿論文掲載号
麻酔 2022年12月号 投稿論文掲載号

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

巻頭言  神経麻酔の先に 症例集積研究  在宅酸素療法を受けている患者の周術期経過に関する実態調査  ヘモクロン(R) Jr. シグニチャー+で測定したACT-LRとプロタミン投与後APTTの関連についての検討 ほか ≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 麻酔(2022年・年間購読)受付中...

麻酔 2022年11月号 投稿論文掲載号
麻酔 2022年11月号 投稿論文掲載号

¥2,860

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

巻頭言  日本の麻酔科学研究の現状 症例集積研究  帝王切開術の子宮縫合方法の違いが母体の悪心・嘔吐に及ぼす影響 ほか ≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 麻酔(2022年・年間購読)受付中! ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済ライセンス一覧」より、オンライン環...

麻酔 2022年11月増刊号 日本麻酔科学会第69回学術集会講演会特集号
麻酔 2022年11月増刊号 日本麻酔科学会第69回学術集会講演会特集号

¥4,840

(ポイント率 2%)

立ち読み
お気に入り

招請講演  Impellaの循環管理 (月永晶人)  気管支鏡update・使いこなすコツとポイント  乳幼児・小児の脳波モニタリングと鎮静評価 ほか ≫ 「麻酔」最新号・バックナンバーはこちら ≫ 麻酔(2022年・年間購読)受付中! ※本製品はPCでの閲覧も可能です。 製品のご購入後、「購入済ラ...